寝返り参照元:http://cpw.imagenavi.jp

 

新生児だった赤ちゃんも

4カ月頃には首が座り、寝返りが始まります。

 

また、それから赤ちゃんは、

  • ずりばい
  • ハイハイ

などするようになります。

 

つい最近まで寝たままの状態だったのに、

ハイハイをするようになると、

部屋の中にあるものが、

危険な場合もあります

 

そこで今回は、赤ちゃん(5カ月~)の

  • 部屋作りのポイント
  • 部屋作りで気を付ける事
  • 2DKや1LDKでの過ごし方

紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃん(5か月~)の部屋作りのポイントは?

部屋作り参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

5カ月頃を過ぎると、

段々と赤ちゃんも自分の意思を

持つようになり、

  • 「あそこに行きたい!」
  • 「あの玩具がほしい!」

などと、思うようになり、

行動の幅が広がり、

危険を伴う事が多くなります。

 

それでは、5カ月以降の赤ちゃんがいる

部屋作りのポイントを3つ紹介します。

 

 

赤ちゃんの部屋作りのポイント1:床を注意して見る

部屋作り参照元:http://branz-miyahara.com/

 

赤ちゃんの部屋づくりのポイントは、

床を注意して見るということです。

 

ずりばいや、ハイハイが始まると、

赤ちゃんは床のものを大小関わらず、

手やお腹につけたまま、

移動することになります

 

床のゴミの掃除はもちろんですが、

今まで大人が何気なくまたいでいた、

電気コードもしっかりまとめましょう。

 

また電気コードは、

赤ちゃんの通り道にならないよう、

壁際に固定しておく必要があります。

 

 

赤ちゃんの部屋作りのポイント2:片づけやすい空間を作る

部屋作り参照元:https://i0.wp.com/

 

赤ちゃんの部屋づくりのポイントは、

片づけやすい空間を作るということです。

 

ハイハイ等をして、

少し足腰が強くなると、

つかまり立ちをするようになります。

 

顔をあげて机の上が見えると、

なんでも落とそうとしたり、

また、訳も分からずに口に入れて

物の形状を確かめようとしたり、

することが多くなります。

 

口に入れてはいけない物、例えば、

  • 先端のとがったもの
  • 乾燥剤
  • 乾電池

机の上に出しっぱなしにしないよう、

片づける習慣を付けましょう

 

そして一番気を付けてほしい事は、

喫煙するパパやご家族と一緒に、

住んでいるご家庭です。

 

例えば、

  • タバコ
  • 吸い殻
  • 灰皿

などは赤ちゃんは口に入れて、

舐めてしまう可能性が有ります。

 

また他にも、

  • 小銭
  • ピアス

なども誤飲の原因になりますので、

必ず手の届かない所におきましょう。

 

カゴの中に収納したりと、

片づけやすい空間を作りましょう

 

また、赤ちゃんにとっては、

ゴミ箱も遊び道具の一つです。

 

ゴミ箱をひっくり返しては、

口に入れることもありますので、

ゴミ箱も蓋つきにして、

赤ちゃんの通り道には

置かないようにしましょう!

 

 

赤ちゃんの部屋作りのポイント3:ベビークッションやマットを敷く

ベビークッション参照元:http://www.hanger.jp/

 

赤ちゃんの部屋づくりのポイントは、

ベビークッションやマットを敷く事です。

 

赤ちゃんの間は頭が大きく、

移動している時の重心が頭にある為、

バランスを崩して転倒してしまいます

 

その場合に備えて、

転倒しても怪我がしにくい、

  • ジョイントマット
  • プレイマット

これらをお部屋に敷いておくと、

安全ですよ。

 

またその中でも、

  • 誤って舐めてしまっても大丈夫な素材
  • お手入れがしやすい素材

等を選んでおくと、

ママの日々の掃除もとても楽になりますよ。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃん(5か月~)の部屋作りで気を付ける事は?

赤ちゃんが一人で動くとなると、

お部屋の中には、注意しておきたい、

ことがたくさん出てきます。

 

続いては、

5カ月以降の赤ちゃんがいるお部屋作りで、

気を付けるポイント7つを紹介します。

 

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事1:ベビーゲートの利用

ベビーゲート参照元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

ベビーゲートを利用するという事です。

 

ママがちょっと目を離した隙に、

赤ちゃんは、

  • 階段
  • キッチン
  • お風呂

など、危険な場所に行きます。

 

一人で行っては危険な場所には、

是非、この「ベビーゲート」を、

設置しましょう。

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事2:コンセントカバーをつける

コンセントカバー参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

コンセントカバーをつけるという事です。

 

赤ちゃんは小さな穴が大好きです。

 

ハイハイをしていると、

ちょうど赤ちゃんの目線には、

  • コンセントの穴
  • 刺さったプラグ

などが視界に入ります。

 

その時に赤ちゃんはコンセントの穴に、

  • 自分の指を突っ込む
  • おもちゃを突っ込む

などをしてしまいます。

 

もしその時に、

  • 赤ちゃんの指が濡れている
  • 玩具が濡れている

感電してしまう恐れがあります。

 

100円均一にもありますが、

コンセントカバーを上手に、

使用するようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事3:角を保護する

角を保護参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

角を保護するという事です。

 

赤ちゃんは自分で動けるようになると、

嬉しくて嬉しくて、

どこへでも進んでしまいます。

 

そうすると予想もしなかった所で、

  • 頭をぶつけたり
  • 足をぶつけたり

大きな事故の元になります。

 

怪我の予防の為に、

  • 椅子
  • テレビ台

などの角にはクッションを付けて、

ぶつけても大けがに繋がらないよう、

配慮をしましょう。

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事4:引き出しロックを付ける

引き出しロック参照元:http://stat.ameba.jp/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

引き出しロックをつけるという事です。

 

赤ちゃんにとって、

引き出しの中には、

たくさん道具が詰まった宝箱ですね。

 

ママが見てない間に開けて、

中身をぶちまける。なんて事があります。

 

棚や引き出しには、引き出しロックや、

指を挟まないように、

クッションを張っておきましょう。

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事5:観葉植物は移動させる

観葉植物は移動参照元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

観葉植物は移動させるという事です。

 

観葉植物は、インテリアとしても、

運気を大事にしているママやパパも、

お気に入りの一つかと思います。

 

ですが赤ちゃんからすれば、

葉っぱも土も未知の世界で、

  • 葉っぱをむしったり
  • 土を口に入れてしまったり

する危険性があります。

 

また、倒れて鉢が壊れて、

怪我の元となってしまいます。

 

赤ちゃんの目に留まらない所や、

柵等でガードをしましょう。

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事6:テーブルクロスや布を敷かない

テーブルクロス参照元:http://www.city.takatsuki.osaka.jp/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

テーブルクロスや布を敷かない事です。

 

赤ちゃんはなんでも、

引っ張ることが大好きです。

 

テーブルクロスやテーブルの上に、

布を置いたりしていると、

下から引っ張る恐れがあります。

 

なるべくテーブルクロスを、

敷かないように気を付けましょう。

 

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事7:ドアの開閉による怪我の防止

ドアの開閉による怪我を防止参照元:https://ae01.alicdn.com/

 

赤ちゃんの部屋作りで気を付ける事は、

ドアの開閉による怪我を防止する事です。

 

ハイハイが出来るようになると、

ママを探して「後追い」を、

するようになります。

 

そのママ追いで一番多い事故が、

  • ドアの開閉時に指を挟むこと
  • 蝶番に指を詰めてしまう

などママが驚いて、

パニックになってしまう事例が、

多く報告されています。

 

Sponsored Link

 

 

1ldkや2ldkのリビング作りは?

リビング作り参照元:https://imgcp.aacdn.jp/

 

それでは具体的に、

1LDKや2LDKのリビングの、

赤ちゃんの環境づくりについて、

月齢別にご紹介します。

 

 

新生児(0カ月~4カ月頃まで)

新生児参照元:https://stat.ameba.jp/user_images/

 

新生児の赤ちゃんは、

一日のほとんどを寝て過ごします。

 

そのためリビングでは、

寝るスペース」が必要になります。

 

ママがいつでも目が届くような場所に、

  • ベビー布団
  • ベビーラック
  • バウンサー

これらがあると便利ですよね。

 

エアコンの風邪が直接当たる所や、

窓の真下には置かないように、

注意しましょう。

 

ソファの上だと少し動いた拍子に、

落ちる可能性があるので、

必ず、床の上に敷く布団か、

赤ちゃんをある程度固定できる、

安全なものを置くようにしましょう。

 

 

寝返り期(4カ月頃~8カ月頃)

寝返り期参照元:https://tatamiser.co.jp/

 

寝返り期になると、

赤ちゃんのぼやけていた視力も、

はっきり見えてくるようになり、

少しずつ一人遊びも、

出来るようになります。

 

この時期には、

  • プレイマット
  • バウンサー
  • メリージム

これらを用意しておくと、

遊びながら一人で寝てしまう事があります。

 

 

お座り・ずりばい・ハイハイ期(8カ月頃~12カ月頃)

お座り・ずりばい・ハイハイ期参照元:http://kaorinoblog.com/

 

この時期には先ほどご紹介したように、

自分の意思をもって、

ママが思ってもみないような所へ、

移動していくことがあります。

 

その為の安全対策としては、

  1. ソファの下にはクッションを敷く
  2. テレビや触れられたくない物の前に柵をする
  3. 赤ちゃん専用の遊びスペースの確保
  4. キャスター付きの家具は赤ちゃんが押しても動かない位置に移動
  5. 本棚には窓を付けるなど、本が落ちない工夫をする
  6. ガラス製の物は極力減らす

などを、特に意識しましょう。

 

電気のコードについては、

引っ張るだけではなく、

なんらかの拍子に首に巻き付く心配

出てきますので、

しっかり端に寄せてまとめておきましょう。

 

 

 

全時期の赤ちゃんに共通して

全時期に共通参照元:http://kakei-smile.com/

 

全部の時期に共通して、

リビングづくりで大切なことは、

ずばり「収納」にあります。

 

赤ちゃんのうちに必ず必要になる事は、

  • おむつ
  • おしりふき
  • おむつ替えシート
  • 着替え
  • タオル
  • ガーゼ等の日用品

これらはリビングの一角に、

まとめて収納しておいておくと、

とても便利ですよ。

 

 

 

この記事を読んで頂いた方へ

この記事を読まれた方は下記の関連記事も

参考にされています。

(子育ての関連記事)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか>

 

赤ちゃんと一緒に、

リビングで生活する事を意識すると、

何気ないものが危険なものに変わったりと、

色々と心配事が増えてくると思います。

 

ご紹介した事例をもとに、

ママも赤ちゃんも過ごしやすい、

リビング空間を作ってみて下さいね。

 

今回は、赤ちゃん(5カ月~)の

  • 部屋作りのポイント
  • 部屋作りで気を付ける事
  • 2DKや1LDKでの過ごし方

を紹介しました。

Sponsored Link