大切な命を授かり、

幸せな毎日を過ごしている事かと思います。

 

それと同時に、初産の時は、

分からない事が多くて、

不安な気持ちにもなりますよね。

 

妊娠初期に赤ちゃんの心拍が確認できると、

予定日が決まります

 

そして、家族全員が出産の日を、

心から楽しみに待つ毎日を過ごしますよね。

 

また、妊娠後期になると、

自分も周りもソワソワしますよね。

 

特に、出産予定日が近づくと、

もうすぐ可愛い我が子に会えるという、

嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね。

 

でも出産予定日前に兆候がなかったり

本当に出産予定日に生まれてくるのかな?と、

だんだん不安な気持ちになりますよね。

 

そこで今回は、初産が出産予定日より、

遅れる理由や日数を紹介します。

Sponsored Link

 

初産が予定日より遅れる理由は?

初産が予定日より遅れる理由参照元:https://cookpad-baby.jp/

初産の出産が、

予定日より遅れる理由としては、

  • 子宮口が固い
  • 体重が増え過ぎた上に運動不足
  • 不安な気持ちと緊張
  • お腹の赤ちゃんが子宮から出る準備をしていない
  • 出産予定日の設定に間違いがあった

大きく分けて理由はこの5つに分かれます。

 

それでは詳しく説明していきます。

 

 

遅れる理由1:子宮口が固い

1つ目の初産が予定日より遅れる理由は、

個人差は勿論ありますが、

初産の方や高齢出産の方は、

子宮口が固く開きにくいと言われています。

 

 

遅れる理由2:体重が増え過ぎた上に運動不足

2つ目の初産が予定日より遅れる理由は、

運動不足で太ってしまう事です。

 

しっかり体重管理をしないと、

赤ちゃんが成長しすぎたり、

産道が太り過ぎて産まれにくくなります。

 

初産ではママが神経質になりすぎる事も、

遅れる原因の一つと言われています。

 

 

遅れる理由3:不安な気持ちと緊張でいっぱいになる

3つ目の初産が予定日より遅れる理由は、

誰しも人生で初めての事なので、

不安と緊張の気持ちがあるからです。

 

心配しすぎて不安な気持ちでいれば、

体が緊張して硬くなってしまうので、

予定日より遅くなる事があります。

 

 

遅れる理由4:お腹の赤ちゃんがまだ子宮から出る準備をしていない

4つ目の初産が予定日より遅れる理由は、

  • 子宮
  • 胎盤
  • 羊水

これらは、

お腹の赤ちゃんを育てる環境の機能が、

妊娠38週頃で1番高まり、

それから徐々に低くなっていきます。

 

妊娠中は、

お腹の赤ちゃんの成長に合わせて、

陣痛が起こらないように

子宮に安全な装置がついています。

 

その装置のおかげで、子宮の環境が、

良い状態であればあるほどお腹の赤ちゃんは、

  • 居心地が良い
  • お腹の中に居たい

この様に感じて陣痛が起こらないような、

仕組みになっています。

 

そして、お腹の赤ちゃんが子宮の中で、

  • 酸素
  • 栄養

これらの吸収が不自由で、

『もう体外にでたい!』と感じると、

陣痛が起こり産まれてきてくれます

 

 

遅れる理由5:出産予定日に間違いがあった

5つ目の初産が予定日より遅れる理由は、

最終の生理開始日から計算して、

280日後が一般的には出産予定日となります。

 

しかし生理の周期は人それぞれ違いますよね。

 

また、生理の周期が、

毎月変動する方もいらっしゃいます。

 

出産予定日とは、

毎月ぴったりと正しい周期で、

生理が来る女性が前提の話なので、

毎月生理の変動がある妊婦さんは、

多少出産予定日が遅れても安心ですよ。

 

Sponsored Link

 

 

初産が予定日より遅れる平均日数は?

初産が予定日より遅れる日数参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

初産の方の赤ちゃんは特に、

出産予定日に生まれる割合は、

少ないと言われています。

 

では初産の場合、

平均してどれぐらいの日数程、

出産予定日から遅れるのでしょうか?

 

初産の場合、予定日より遅れる平均日数は、

約1週間という事が分かりました。

 

どんなに遅れても妊娠42週目になると、

過産期と言われて、この期間を過ぎると、

お腹の赤ちゃんが、

危険な状態になる可能性があるので、

陣痛促進剤を使用して、

出産を迎える事になります。

 

お腹の中にいる赤ちゃんは必ず、

ママの元に生まれてくるので、

焦らずにリラックスして待ってあげて下さい。

 

Sponsored Link

 

初産が予定日より遅れる確率は?

初産が予定日より遅れる確率参照元:https://cdn.mamari.jp/

それでは最後に、

初産が予定日より遅れる確率を紹介します。

 

一般的には赤ちゃんは、

出産予定日に生まれてくると考えがちですが、

予定日より遅れると、

どうしても心配になってしまいますよね。

 

ご安心下さい!

実は、出産予定日に生まれる赤ちゃんは、

20人に1人だけという統計がでています。

 

初産の人が出産した週数と確率をみると、

  • 妊娠37週~39週:47%
  • 妊娠40週目:34.9%
  • 妊娠41週目:18.1%

この結果からも分かるように、

出産予定日より早くなったり、

遅れる人の確率約50%になります。

 

初産が予定日より遅れる方が、

約半数もいると思うと安心しますよね。

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたでしょうか?

初産が出産予定日より遅れる理由や、

平均日数は参考になりましたでしょうか?

 

私も第一子は41週と5日で産んでいます。

 

予定日を過ぎれば周りから、

  • 産まれた?
  • 体調はどう?

などと色々聞かれてその度に、

焦りや不安な気持ちになってしまった事を、

今でも覚えています。

 

そんな時に助産師さんに

ママが大好きで、

お腹の中の居心地がいいんだね。』と、

言われた時に、

気持ちがとても軽くなりました

 

赤ちゃんは初産であっても、

1番良いタイミングで、

元気に生まれてきてくれます。

 

長い人生、愛おしい我が子と、

一心同体でいれる機会なんて、

そうないですよ。

 

今しかない貴重な時間を、

  • 焦り
  • 不安な気持ち

このようなネガティブに過ごすより、

楽しみながら過ごして下さいね。

 

今回は、初産が出産予定日より、

遅れる理由や日数を紹介しました。

Sponsored Link