妊婦のマタニティーマーク参照元:http://zexy.net/

 

お腹に赤ちゃんを授かったら病院で、

母子手帳をもらってきてください

と言われます。

 

母子手帳を受け取る時に、

一緒にもらえるのが、

マタニティーマーク」です。

 

「マタニティーマーク」は、

妊娠中は体調が不安定になりがちなので、

万一出先で倒れた際に、

救急隊員の方に分かりやすようにと、

できたマークのようです。

 

最近、様々な場所で見かけることが多くなった

「マタニティーマーク」ですが、

マタニティーマークをつけていて、

逆に嫌がらせを受け、

恐ろしい思いをしたという方も、

多いようです。

 

そこで今回は、

妊婦のマタニティーマークについて、

  • 妊婦のマタニティーマークは必要?
  • 妊婦のマタニティーマークは危険?
  • 妊婦のマタニティーマークは嫌がらせを受けやすい?
  • 妊婦のマタニティーマークのメリットは?
  • 妊婦のマタニティーマークのデメリットは?

5つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

妊婦のマタニティーマークは必要?

妊婦のマタニティーマーク参照元:http://women.benesse.ne.jp/

 

妊婦のマタニティーマークは、

必要なのでしょうか?

 

デメリットや、

嫌がらせを受けたなどの

事例はありますが、

妊婦のマタニティーマークは、

万一のためにも、

つけておいた方がいいでしょう。

 

妊婦が事故に巻き込まれた時や、

震災の時などに役立つはずです。

 

お腹の赤ちゃんを

守れるのはママだけですよね。

 

マタニティーマークは、

妊娠中のみのものですので、

ママにとってもいい思い出になりますね。

 

 

 

妊婦のマタニティーマークは危険?

妊婦のマタニティーマーク参照元:https://conobie.jp/

 

妊娠中のマタニティーマークは、

一体何が危険なのでしょうか?

 

妊娠中に、

マタニティーマークを使用していて、

危険な目にあった方が多くいます。

 

満員電車で、

故意に押されて転倒したり、

「妊婦が電車に乗るな」

などの暴言を吐かれた方もいるようです。

 

赤ちゃんが欲しくても、

中々授かれない方がいるのは事実です。

 

そういった方にとっては、

マタニティーマークが、

見せびらかし」と見えるそうです。

 

しかし、

妊婦は何も悪いことをしていないのに、

マタニティーマークを付けているだけで

目の敵にされるのは怖いですね。

 

お腹に赤ちゃんがいれば尚更です。

 

もしマタニティーマークを

付けていなくても、

お腹が大きくなれば、

周りから見ても妊娠中であることは分かります。

 

体が危険にさらされるのは、

マタニティーマークのせいだけではないかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

 

妊婦のマタニティーマークは嫌がらせを受けやすい?

妊婦のマタニティーマーク参照元:http://akahoshi-poteco.com/

 

妊婦のマタニティーマークを

つけていると、

嫌がらせを受けやすいのでしょうか?

 

妊婦のマタニティーマークを

つけていて、

嫌がらせを受けた方は多いです。

 

特に電車やバスで、

席を譲ってもらって当たり前のように

優先席に座る「妊婦」には、

不快な思いをしている人が多いようですね。

 

中には妊婦でもないのに

マタニティーマークを付け、

電車やバスで優先座席に座る人も

いるようなので、不快な思いが募り、

妊婦にイライラをぶつける人が

いるのも事実です。

 

勿論、マタニティーマークを

つけているからという理由だけで、

嫌がらせをする方が悪いですが、

妊娠中であっても、

謙虚な気持ちは忘れてはいけません。

 

マタニティーマークをつけ、

謙虚で礼儀正しい妊婦であれば、

嫌がらせを受けることは少ないでしょう。

 

 

 

妊婦のマタニティーマークのメリットは?

妊婦のマタニティーマーク参照元:https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/

 

妊婦のマタニティーマークのメリットは、

やはり緊急時に適切な処置を、

受けやすいことです。

 

例えば交通事故に巻き込まれたとき、

いち早く産婦人科に、

運んでもらうことができます。

 

また妊婦は貧血になりやすいので、

出先で倒れた時も、

マタニティーマークがあれば、

妊婦と分かります。

 

妊婦と分かれば適切な対応を、

してもらいやすくなります。

 

Sponsored Link

 

 

妊婦のマタニティーマークのデメリットは?

妊婦のマタニティーマーク参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

妊婦のマタニティーマークのデメリットは、

悲しいことに、

悪用をする人がいたり、

目の敵にして嫌がらせをする人がいることです。

 

中にはマタニティーマークを、

持ってはいるけど付けなかった

という方もいるくらいです。

 

万一のために目立たないところに、

付けておくのがいいかもしれません。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の記事も参考にされています。

(ママに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

いかがでしたか?

 

今回は、巷で賛否両論がある、

「マタニティーマーク」について

紹介しました。

 

安心してマタニティーライフが送れるために、

作られたマタニティーマークが、

嫌がらせの対象となるのは悲しいですね。

 

また、マタニティーマークを

悪用する人がいるのも悲しいことです。

 

しかしながら、

マタニティーマークがあってよかった。と、

思われる方が圧倒的に多いため、

マタニティーマークは、

是非、つけておきたいですね。

 

今回は、

妊婦のマタニティーマークについて、

  • 妊婦のマタニティーマークは必要?
  • 妊婦のマタニティーマークは危険?
  • 妊婦のマタニティーマークは嫌がらせを受けやすい?
  • 妊婦のマタニティーマークのメリットは?
  • 妊婦のマタニティーマークのデメリットは?

5つに分けて紹介しました。

Sponsored Link