スノボーの練習方法参照元:http://www.yuzawa-nakazato.com/

 

これから冬になるにつれて、

子供と一緒にウィンタースポーツを、

楽しみたいと考えている、

パパやママも多いはず。

 

一昔前までは、

スキーが定番で圧倒的に人気でしたが、

最近ではスキーよりスノボーを、

パパやママと楽しんでいる子供たちを、

ゲレンデでも良く見かけます

 

しかし、スノボーで、

上手に滑れるようになるまで、

時間がかかったはず。

そんな記憶はございませんか?

 

そこで今回は、

  • スノボーの練習方法は?
  • 子供への教え方
  • 教える際の注意点

をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

スノボーの練習方法は?

スノボーの練習方法参照元:http://sbn.japaho.com/

 

子供にスノボーを教えたいけど、

初心者の子供にどう説明しながら、

スノボーを教えてあげたらいいのか

分からないパパやママが多いと思います。

 

そこで練習方法を簡単に紹介します。

 

 

~ スノボーの練習方法 ~

 

1.片方の足にスノボーの板を付けて、

平坦な雪の上を歩く。

こうすることで

滑る感覚が分かる様になってきます。

 

2.子供の前に回って、

手を引いてあげたり、

後ろから軽く押して滑らせてみる。

(支えてあげる程度で大丈夫です。)

 

3.つま先を上にして、

膝をつま先に落とすイメージを

持たせながら、ブレーキのかけ方を、

何度か実践させてみる。

 

4.滑る時は、行きたい方向に、

手を出してみましょう。

 

手を出すことで体に重心がかかり、

進みたい方向に進んでいきます。

 

 

初めて滑る時は、子供も怖がるので、

できるだけ周りに人がいないところで、

練習させてあげましょう。

 

Sponsored Link

 

 

スノボー初心者の子供への教え方は?

子供への教え方参照元:https://kodomo-snowboard.com/

 

子供にスノボーを教える事は、

本当に難しいと思います。

 

スノボーを教える

子供の年齢にもよりますが、

ある程度言葉を理解していないと、

パパママも苦戦すると思います。

 

「行きたい方向に手を出して」など、

  • わかりやすく
  • 伝わりやすい

動きの解説を心掛けましょう。

 

また、ブレーキは非常に大切だと、

必ず教えてあげましょう。

 

多くの方は、

滑り方を初めに教えるようですが、

ブレーキは一番初めに、

教えてあげる事がおすすめです。

 

怪我などを防止するには、

必ずブレーキが必要になるため、

ブレーキのやり方が、

トコトンわかるまで付き合いましょう。

 

また、たくさん褒めてあげてください。

 

大げさに褒めてあげると、

子供の能力は伸びますよ。

 

少しのことでもいいので、

褒めて伸ばしてみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

スノボー初心者の子供へ教える際の注意点は?

子供への教え方参照元:http://www.sois-feminine.com/

 

子供のスノボーの教え方は、

いかがでしたでしょうか?

 

次に、ここでは子供にスノボーを、

教える際の注意点がいくつか紹介します。

 

 

注意点1:障害物をまず確認

スノボー初心者の子供へ

教える際の注意点は、

障害物をまず確認する事」です。

 

スピードをコントロール出来るように、

人や障害物を避けられるように、

周りを確認しておきましょう。

 

万が一ブレーキが出来ず、

人や障害物にぶつかってしまうと、

怪我はもちろん、

ゲレンデのネットなどを破いて、

罰金などという事も稀にあります。

 

なるべく人が少なく、

障害物があるところは、避けましょう。

 

 

注意点2:急な斜面には近づかない

スノボー初心者の子供へ

教える際の注意点は、

急な斜面には近づかない事」です。

 

ゲレンデは、

周囲が崖になっていると箇所が多い為、

  • 狭い所
  • 急な斜面がある所

などは、行かないようにしましょう。

 

子供が、崖から落ちてしまったり、

急な斜面の上から、

上級者が滑ってくる事もあるので、

急な斜面の上にも下にも、

近づかないようにしましょう。

 

また、平坦な斜面でも、

登るときや横切る時は、

できるだけゲレンデの端を歩きましょう。

 

 

注意点3:怒らない

スノボー初心者の子供へ

教える際の注意点は、「怒らない事」です。

 

スノボーを練習している際に、

怒るのは厳禁です。

 

身動きが取りにくい雪の上で、

練習している子供に怒ってしまうと、

ただでさえ恐怖感がある中で、

更に恐怖感が出てきてしまいます。

 

そして、スノボーをする事が、

嫌になってしまう子供もいるので、

絶対怒らないようにしましょう。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(スポーツの関連記事)

 

 

 

あとがき

子供への教え方参照元:http://giver.jp/

 

スノボーを子供に教えるのは

パパもママも最初は大変だと思います。

 

しかしこれから、

子供と一緒にウィンタースポーツを、

楽しむためだと思って、

気長に付き合ってあげる事が、

一番の方法だと思います。

 

一緒に雪の上を滑れるようになったら、

更に楽しくなりますよね。

 

今回は、

  • スノボーの練習方法とは?
  • 子供への教え方
  • 教える際の注意点

をご紹介しました。

Sponsored Link