母子家庭参照元:http://any-stress.com/

 

近年では、シングルマザー(母子家庭)の

比率も少しずつ上がってきている、

傾向にあるようです。

 

日本で13.2%で約13万2千人が、

シングルマザーだと言われています。

 

各家庭に様々な事情があって、

シングルマザー(母子家庭)となった場合は、

子供のためにも「手当や助成金」を、

しっかり把握しておく必要があります。

 

そこで今回は、

シングルマザー(母子家庭)の

手当や助成金は?手続き方法は?

について紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

シングルマザーの手当や助成金を受け取れる条件は?

母子家庭参照元:https://i0.wp.com/

 

シングルマザー(母子家庭)の

手当や助成金を受け取れる条件

一体どのようなものがあるのでしょうか?

 

子供を扶養しているお母さんの状態や、

住んでいる地域によっても制度が異なります。

 

しかし、扶養しているお母さんが

仕事をしているかしていないか?

また、仕事をしている場合の、

  • 収入
  • 子供の数
  • 養育費

などの金額によっても、

  • もらえる手当
  • もらえない手当
  • 助成金

などがあります。

 

Sponsored Link

 

 

シングルマザーで受け取れる手当は?

母子家庭参照元:https://uchicomi.com/

 

シングルマザー(母子家庭)が、

受け取れる手当は、

どのようなものがあるのでしょうか?

 

ここではシングルマザー(母子家庭)が、

受け取れる手当として、

代表的なものを紹介します。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる手当:児童手当

シングルマザー(母子家庭)が、

受け取れる手当は「児童手当」です。

 

こちらは日本国内に住む、

0歳以上中学卒業までの児童が、

対象となる手当です。

 

受給額

  • 3歳未満:月額 10,000円
  • 3歳以上:第1子、第2子月額 5,000円
  • 3歳以上 :第3子以降 月額 10,000円

となっています。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる手当:児童扶養手当

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる手当は、

児童扶養手当」です。

 

こちらは離婚をしたことによって、

お父さんかお母さんの一方からしか

養育を受ける事ができない、

一人親家庭などの児童のために、

地方自治体から支給される手当です。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる手当:児童育成手当

シングルマザー(母子家庭)が、

受け取れる手当は、

児童育成手当」です。

 

こちらは、18歳までの児童を

扶養するひとり親家庭が対象で、

児童1人につき、

月額13,500円が支給されます。

 

しかし、所得制限がありますので、

注意が必要です。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる手当:特別児童扶養手当

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる手当は、

特別児童扶養手当」です。

 

こちらは、精神又は身体に障害を有する、

20歳未満の児童の福祉増進を

図ることを目的として、

その児童の保護者に対して、

支給される国の手当です。

 

等級によって手当を受ける事が

できない場合もありますので、

役所などで確認をしましょう。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる手当:母子家庭(父子家庭)の住宅手当

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる手当は、

母子家庭(父子家庭)の住宅手当」です。

 

こちらは、20歳未満の児童を養育している

母子家庭の世帯主で、

月額10,000円を超える家賃を、

払っている方などを対象に、

助成制度を設けています。

 

 

 

シングルマザー(母子家庭)で受け取れる助成金は?

母子家庭参照元:http://biz.athuman.com/

 

シングルマザー(母子家庭)で

受け取れる助成金は、

どのようなものがあるのでしょうか?

 

ここではシングルマザー(母子家庭)が

受け取れる助成金として、

代表的なものを紹介します。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる助成金:ひとり親家族等医療費助成制度

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる助成金は、

ひとり親家族等医療費助成制度」です。

 

ひとり親医療費助成金制度は、

母子家庭等に対して、

医療を受けるのに掛かる費用の一部を、

助成する制度です。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる助成金:乳幼児や義務教育就学児の医療費助成

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる助成金は、

乳幼児や義務教育就学児の医療費助成」です。

 

乳幼児や義務教育就学児の

医療費助成は、

  • 対象年齢の拡大
  • 自己負担の撤廃

を目的とした制度で、

シングルマザー(母子家庭)が、

受けれる制度です。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる助成金:国民年金・国民健康保険の免除

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる助成金として、

国民年金・国民健康保険の免除」です。

 

こちらは所得が少なく、

保険料を払うことができない場合に、

本人が役所で申請することによって、

保険料を全額や半額を免除する制度が、

設けられています。

 

半額か全額免除になるかは、

役所で申請をして、

審査のあとに結果通知が届きます。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる助成金:交通機関の割引制度

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる助成金は、

交通機関の割引制度」です。

 

児童扶養手当を受給している世帯が、

JRの通勤定期乗車券を、

3割引きで購入できる制度です。

 

 

シングルマザー(母子家庭)が受け取れる助成金:保育料の免除と減額

シングルマザー(母子家庭)が

受け取れる助成金は、

保育料の免除と減額」です。

 

母子家庭を支援する制度として、

保育料の免除や減額をする制度です。

 

地域によって異なりますので、

住んでいる役所などで、

相談をしてみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

シングルマザー(母子家庭)で手当や助成金の手続き方法は?

母子家庭参照元:https://dwb39nqe0n98o.cloudfront.net/

 

シングルマザー(母子家庭)で

手当や助成金の手続き方法は、

どのようにすればよいのでしょうか?

 

必ず言えることは、離婚後に、

自分で役所などで申請しなければいけない

ということです。

 

自動的にもらえたり、

受け取れたりするわけではないので、

注意が必要です。

 

そして、住んでいる地域によって

制度が異なりますので、

まずは市区町村の役所の窓口に、

相談をして申請してみましょう。

 

基本的に必要になるものは、

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 預貯金通帳
  • 戸籍謄本
  • 住民票の写し
  • 前年の所得証明書

などを事前に準備しておくと、

スムーズに申請できるかと思います。

 

 

 

この記事を読んで頂いた方へ

この記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

シングルマザー(母子家庭)になったら、

大変なこともたくさんありますが、

子供のためにも手当や助成金を、

しっかり把握しておきましょう。

 

そして、住んでいる地域の役所などで、

相談をして自分で申請をしましょう。

 

今回は、ングルマザー(母子家庭)の

手当や助成金は?手続き方法は?

について紹介させていただきました。

Sponsored Link