添い乳参照元:https://s.eximg.jp/

 

産まれたばかりの赤ちゃんの

お世話はとても大変です。

 

「人間の子は未熟で産まれてくる」

なんて言われるくらい、

赤ちゃんは1人では何もできません。

 

おっぱいを吸う事でさえ、

ママの助けがないと、

1人ではできないのです。

 

ただでさえ寝不足なママが、

何とか楽に授乳できるよう、

考えられた方法が「添い乳」です。

 

多くのママはこの授乳方法に、

助けられたことでしょう。

 

しかし、実は「添い乳」には、

恐ろしい事故に繋がる危険もあるそうです。

 

そこで、

赤ちゃんの添い乳について、

  • 「赤ちゃんの添い乳でゲップは必要?」
  • 「赤ちゃんの添い乳のメリットは?」
  • 「赤ちゃんの添い乳のデメリットは?」
  • 「赤ちゃんの添い乳の注意点は?」

4つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの添い乳でゲップは必要?

添い乳参照元:https://i0.wp.com/

赤ちゃんの添い乳でゲップは、

必ず必要なのでしょうか?

 

そのままおっぱいを飲んで、

寝てしまう赤ちゃんを、

ママの横でそのまま寝かせたりしますよね。

 

しかし、

赤ちゃんの添い乳でゲップは必要です。

 

と、言うのも赤ちゃんの胃は未完成で、

食べ物が戻りやすいのです。

 

ゲップをさせていないと、

飲み込んだ空気と一緒に

ミルクを吐き戻してしまい、

寝ている間にミルクが気管に入り、

窒息してしまう恐れがあるのです。

 

簡単なゲップの出し方はこちら

 

必ず出るわけではないのですが、

もし、出ない場合も授乳後は、

しばらく縦抱きにしてあげると安心です。

 

赤ちゃんを寝かせる時は、

顔を横向きにしてあげると、

万一吐いてしまっても気管に

詰まらないので安全です。

 

クッションや枕を上手く使って坂を作り、

赤ちゃんを寝かせる方法もあります。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんの添い乳のメリットは?

添い乳参照元:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

 

赤ちゃんの添い乳のメリットは、

何と言ってもママが休めることです。

 

産後は寝不足にもなりますし、

ホルモンバランスも崩れがちなので、

休むのは大切です。

 

赤ちゃんが大人しいときは

休むのが大切ですが、

家事や上の子のお世話で

バタバタしていると、

休む暇も中々取れないですよね。

 

また赤ちゃんと添い乳する時間が、

数少ない横になれる時間です。

 

なんてママもいるのではないでしょうか?

 

添い乳している時間は、

一緒に寝転びながら、

母乳を飲む我が子に、

愛おしさも感じる幸せな時間でもありますね。

 

 

 

赤ちゃんの添い乳のデメリットは?

添い乳参照元:https://hugooo.jp/

赤ちゃんの添い乳のデメリットは、

赤ちゃんが窒息してしまう危険性が、

あるということです。

 

添い乳をしていると、

疲れているママはついつい、

一緒に寝てしまいがちです。

 

しかし、ママが知らず知らずのうちに、

赤ちゃんの鼻や口を塞いでしまったり、

ママが赤ちゃんの上に乗ってしまったり

することがあるのです。

 

しかし添い乳をしても、

ママが寝てしまわずに、

きちんとゲップをさせ、

ベビーベッドや、

安全な場所に寝かしてあげるのなら、

何の心配もありません。

 

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの添い乳の注意点は?

添い乳参照元:http://www.scjgold.com/

赤ちゃんの添い乳の注意点は、

  • 「ママが寝てしまわないようにすること」
  • 「両方のおっぱいをあげること」

の2つあります。

 

両方のおっぱいのあげ方は、

まず赤ちゃんと、

向かい合わせの状態で寝て、

下になる方のおっぱいをあげます。

 

暫くしたら、きちんと赤ちゃんを移動させ、

ママの身体の向きを変えます。

 

そして、反対側のおっぱいを下にして、

下側のおっぱいを飲ませます。

 

片側だけあげ続けると、

乳腺炎などのトラブルになりがちです。

 

時間で区切り、

両方飲ませることが大切です。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、赤ちゃんもママも

楽に休める添い乳の

危険性と対策について紹介しました。

 

事故の危険性があるので、

しっかり安全管理をして、

安心して添い乳をしたいですね。

 

赤ちゃんは、

ママの体温や心音を感じて、

安心するみたいです。

 

だからママと赤ちゃんが密着できる添い乳で、

赤ちゃんはぐっすり眠るのですね。

 

安らかに眠る赤ちゃんは、

とても可愛いですよね。

 

可愛い笑顔を守るためにも、

安全な添い乳で、

可愛い赤ちゃんを育てましょう

 

今回は、

赤ちゃんの添い乳について、

メリットとデメリット

  • 「赤ちゃんの添い乳でゲップは必要?」
  • 「赤ちゃんの添い乳のメリットは?」
  • 「赤ちゃんの添い乳のデメリットは?」
  • 「赤ちゃんの添い乳の注意点は?」

4つに分けて紹介しました。

Sponsored Link