赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:https://stat.ameba.jp/

 

赤ちゃんのうちは、

洗濯物にも気をつかいますよね。

  • 外干しで汚れは付かないのか
  • ずっと外に干しておいても大丈夫か
  • 外干しだと洗濯物が固くなる気がする
  • 部屋干しの方が安心かな?
  • でも太陽にちゃんと当てた方がいいのか

など色々と迷いますよね。

 

外干しと部屋干しでは、

赤ちゃんの洗濯物にとって、

何か違いがあるのか、

分からない事が多いですよね。

 

そこで今回は、

  • 赤ちゃんの洗濯物の干し方は?
  • 外干し?部屋干し?
  • メリットやデメリットは?

について紹介します。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方は?

赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:https://stat.ameba.jp/

 

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方ですが、

まず干す前に洗濯ですよね。

 

赤ちゃんの衣類を洗濯する際、

普段、大人が使用している洗濯用洗剤には、

界面活性剤や蛍光増白剤など、

赤ちゃんの肌にとっては、

刺激が強い物質が含まれています。

 

そのため、大人の洗濯物とは、

別に洗濯していきます。

 

新生児など赤ちゃんの内は、

市販の赤ちゃん用の洗濯用洗剤を、

使用するようにしましょう。

 

それでは赤ちゃんの洗濯物の

正しい干し方を紹介します。

 

 

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方:天気がいい日に干す

赤ちゃんの洗濯物の

正しい干し方は、

天気がいい日に干す」です。

 

天気がいい日であれば、

太陽の光での殺菌効果があり、

細菌の繁殖を防いでくれます。

 

さらに、シミなども太陽光にあてると、

漂白効果で薄くなる事もある様です。

 

太陽光があたるように、

しっかりとシワを伸ばして、

外干ししましょう。

 

 

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方:ベビー用ハンガーを使用

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方は、

ベビー用ハンガーを使用」です。

 

赤ちゃんの洗濯物はとても小さくて、

通常のピンチハンガーでは、

干しにくい場合もあります。

 

その際は、

  • 赤ちゃん用品店
  • ホームセンター

など、ベビー用の10連ハンガーなどがあります。

 

また、最近では100均などにも、

ラグジュアリー用など小さめの

ピンチハンガーなどが売っているので、

チェックしてみてください。

 

また、赤ちゃん服を購入した際に、

ハンガーを一緒に渡してくれるお店も

あります。

 

そのハンガーを捨てずに、

上手く使用する方もいるようです。

 

 

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方:状況によって部屋干し

赤ちゃんの洗濯物の正しい干し方は、

状況によって部屋干し」です。

 

  • 花粉
  • 黄砂

などが飛散していたり、

PM2.5が高い日は、

部屋干しでも構いません。

 

  • 花粉症
  • 黄砂
  • PM2.5

など、赤ちゃんが吸い込んでしまい、

アレルギー症状の誘発や、

循環器へ悪影響を及ぼさないために、

状況に応じて室内干しにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

赤ちゃんの洗濯物の

正しい干し方は、

参考になりましたでしょうか。

 

それでは続いて、

  • 外干しのメリット
  • 外干しのデメリット
  • 部屋干しのメリット
  • 部屋干しのデメリット

など予備知識として知っておけば、

役に立つ事を紹介しますので、

参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんの洗濯物の外干しのメリットは?

赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:http://secondopinion.jp/

 

赤ちゃんの洗濯物の外干しのメリットを、

紹介します。

 

赤ちゃんの肌着などの洗濯物は、

基本的には外干しが良いです。

 

 

洗濯物の外干しのメリット:殺菌効果

洗濯物のメリットは、

日光による「殺菌効果」です。

 

常時、室内干しをしていると、

汚れている部分にカビが繁殖したり、

衣類の汚れが気になったりします。

 

しかしそんな時でも、

赤ちゃんの洗濯物を数時間外干しすると、

匂いやカビの悩みは、

解決する場合がほとんどです。

 

 

洗濯物の外干しメリット:衣類につく匂いを防ぐ

赤ちゃんの洗濯物の外干しメリットは、

衣類につく匂いを防ぐ」ことです。

 

日光による殺菌効果が関係します。

 

日光に含まれる紫外線が

細菌数を減少させ、

衣類の匂いを防止してくれます。

 

 

洗濯物の外干しのメリット:乾きやすい

洗濯物の外干しメリットは、

乾きやすい」です。

 

外干しをする日は、

ほとんどが天気のいい日ですよね。

 

赤ちゃんの肌着や衣類などは、

一日に何回も着替える事が多いので、

洗濯物の量も必然的に増えます。

 

汚れがついた衣類は、

すぐに洗いたいし、洗った後は溜めずに、

洗濯したいものです。

 

洗濯物を効率的に行うには、

洗濯物の乾きやすさが一番大事です。

 

洗濯物の外干しは、

  • 日光
  • 風通し
  • 気温
  • 湿度

など、条件が揃っている事が多いので、

洗濯物が乾きやすいメリットがあります。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんの洗濯物の外干しのデメリットは?

赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

ここでは赤ちゃんの洗濯物の

外干しのデメリットを紹介します。

 

最近はネットなどで色々な情報があり、

外干しを行うと、

赤ちゃんの洗濯物に害があるのでは?

という考えを持つ方もいる様です。

 

害があると思われる要因は、

  • 花粉症
  • 黄砂
  • PM2.5

などの大気汚染問題が大きいですね。

 

 

洗濯物の外干しのデメリット:花粉・黄砂

洗濯物の外干しのデメリットは、

  • 花粉
  • 黄砂

です。

 

花粉の時期になると、

花粉アレルギーが気になりますよね。

 

特に両親ともに花粉症がある方は、

赤ちゃんの洗濯物も気になると思います。

 

また、黄砂も同じように、

吸い込みすぎると気管支炎などの症状がでたりします。

 

外干しして、花粉症になったり、

気管支炎などの体調不良になるのは、

避けたいですね。

 

それでも、

赤ちゃんの洗濯物を外干ししたい際は、

雨避け用カバーが売られているので、

赤ちゃんの洗濯物にかけて使用すると、

良いでしょう。

 

直接は日に当たっていませんが、

風通しの良さとカバー内が、

少し高めの温度になるので、

  • 花粉
  • カビ

など、気にならずに、

部屋干しよりも早く乾燥可能です。

 

取り込む際は、きちんとカバーや衣類を、

叩いて花粉を落とすようにしてから、

部屋に取り込みましょう。

 

 

洗濯物の外干しのデメリット:PM2.5

洗濯物の外干しのデメリットは、

PM2.5」です。

 

最近は、PM2.5の量などを天気予報で、

放送している事も増えました。

 

最近の大気汚染物質かと思いますが、

昔からある物質で、

そこに名前を付けただけです。

 

この事から大きく、

赤ちゃんの洗濯物などに、

影響を及ぼすような、

物質ではありません。

 

しかし、

PM2.5はとても小さい物質なので、

予報で飛散量が多い日は、

出来るだけ外干しは控えた方がいいでしょう。

 

 

 

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのメリットは?

赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:http://www.mommyish.com/

 

赤ちゃんの洗濯物の

部屋干しメリットを紹介します。

 

 

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのメリット:時短

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのメリットは、

時短」です。

 

赤ちゃんや自分達の洗濯物を含めると、

だいぶ量が多く時間もかかります。

 

朝、忙しい時間に洗濯物を干すのは、

とても大変です。

 

ましては仕事をしている家庭では、

なかなか朝に洗濯物を干す時間が、

なかったりします。

 

そこで夜に洗濯物をする、

ママも多いと思います。

 

夜に洗濯物をすることで朝の時短に、

繋がるメリットがあります。

 

夜の洗濯物は、

外干しすることが出来ない場合が多く、

部屋干しになります。

 

夜、部屋干しをして、

朝になれば外干しすればいいので、

部屋干しのメリットとしては、

一番のメリットです。

 

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのメリット:加湿ができる

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのメリットは、

加湿ができる」です。

 

空気が乾燥する時期は、

敏感な赤ちゃんの肌が乾燥しやすいです。

 

そこで、部屋に洗濯物を干すことで、

加湿が一緒に行えることがメリットです。

 

夏場もエアコンを使用していると、

乾燥しやすい状況にあります。

 

そんな時は、

エアコン掛けタイプの洗濯物干しに、

洗濯物を部屋干ししておけば加湿しながら、

エアコンの風で洗濯物を乾かせます

 

 

 

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのデメリットは?

赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:https://swipp.jp/

ここでは、赤ちゃんの洗濯物の部屋干しの

デメリットを紹介します。

 

 

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しのデメリット:カビや匂い

赤ちゃんの洗濯物の部屋干しデメリットは、

カビの繁殖」や「洗濯物の匂い」です。

 

多くの方が思う、

部屋干しのデメリットですね。

 

大人の洗濯物でも、

部屋干しでの匂い気になるものです。

 

繊細な赤ちゃんの洗濯物に関しては、

親としては敏感になりやすく、

カビの繁殖や匂いが気になりますね。

 

その心配がある方は、

  • 扇風機
  • 除湿器
  • 衣類乾燥機

などを使用する事をお勧めします。

 

最近の衣類乾燥機付きの除湿器では、

2~3時間でふんわりと衣類が乾燥して、

洗濯物の時短や、

  • カビ
  • 匂い

などの心配も必要無くなります。

 

また、扇風機も同じように、

夜、洗濯物の部屋干しを行う際に、

扇風機を回しておけば、

洗濯物の乾きがよくなります。

 

赤ちゃんの洗濯物は、

薄手の物も多いので、

夜のうちに乾くこともあります。

 

部屋干しのデメリットである、

  • カビの繁殖
  • 洗濯物の匂い

などは空気が循環するように、

うまく除湿しながら工夫するようにしましょう。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

赤ちゃんの洗濯物の干し方参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃんの洗濯物は嘔吐をしたり、

うんち汚れが付いたりと、

一日の洗濯量も多くなります。

 

太陽光には、殺菌効果に加えて、

漂白効果もあり、

洗濯物も乾きやすいです。

 

赤ちゃんの洗濯物は、

数時間でも外干しをして、

気持ちよく過ごしてもらいましょう。

 

今回は、

赤ちゃんの洗濯物の干し方は?

外干し?部屋干し?

メリットやデメリットは?

について紹介しました。

Sponsored Link