毎日の生活の中で、赤ちゃんが寝ているからゆっくりできる。

 

何てことはありませんよね。

 

大丈夫なのはわかっているけど、ちょくちょく息ができているか確認してしまいますよね。

 

その中で一番怖いのが寝返りですよね。

 

  • もし寝返りをうってうつぶせになって呼吸ができなくなったらどうしよう。
  • 今は寝返りしていないけど、私が寝た後に寝返りをして、呼吸ができなくなったらどうしよう。」
  • もし私が寝た後に寝返りをして、布団をかぶらずに寝てしまって風邪をひいたらどうしよう。

 

なんて思った事ありませんか?

 

Sponsored Link

 

昼寝中や夜の就寝時など親の目が届かない時間もありますよね。

 

そこで赤ちゃんが寝返りをしてうつ伏せ寝になっていたり、布団からいつの間に出てしまっていたりという経験もあるかと思います。

 

赤ちゃんを危険な目に合わせない為にも、寝返りの防止対策はどんな方法があるのか?知っていた方がいいですよね。

 

そこで今回は、

赤ちゃんの寝返りの防止対策について、

  • 赤ちゃんの寝返りの防止は必要?
  • 赤ちゃんの寝返りの防止や対策は?
  • 赤ちゃんの夜の寝返りの対処法は?
  • 赤ちゃんの寝返り防止や対処でおすすめのグッズは?

4つに分けて紹介します。

 

赤ちゃんの寝返りの防止は本当に必要?

寝返りの防止対策参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

赤ちゃんの寝返りはだいたい3か月を経過して首がすわってきた頃に成長の過程で行う動作です。

 

そのため、あえて寝返りを防止する必要はないと考えている親もたくさんいらっしゃることだと思います。

  • 「せっかく寝返りができてきたのに自由に動けなくするのは良くない」
  • 「自分で自由に動けないから心配。」

など意見も賛否両輪です。

 

親の考え方によって意見が様々ですが、うつ伏せで寝てしまい窒息してしまった。

 

などの悲しいニュースを目にすることもあります。

 

そういう事態や怪我をしない為にも、赤ちゃんが寝返りを行った場合に

  • 自分で対処できるようになっているか
  • うつ伏せから仰向けの状態まで戻れるようになっているか

などを、親が見極めてあげる必要があります。

 

赤ちゃんが活発に動いて遊んでいる時に

  • 動作がどれくらい出来ているのか
  • 仰向けまで自力で寝返りが出来るのか

などを見てあげてください。

 

赤ちゃんがまだ自由に動けてないと不安に思うようなら、寝返りの防止や見守ってあげましょう。

 

またうつ伏せで寝てしまった際に、窒息しないような環境作りをしてあげるといいでしょう。

 

 

 

赤ちゃんの寝返りの防止や対策は?

寝返りの防止対策参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

ここでは赤ちゃんの寝返りの防止や対策を紹介します。

 

 

寝返りの防止や対策:顔の近くに物を置かない

赤ちゃんの寝返りの防止や対策は「赤ちゃんの顔の近くに物を置かない」です。

 

赤ちゃんは成長と共に、寝返りができる月齢を迎えてゴロゴロと自分で寝返りを始めます。

 

しかし、寝返りが行える様になってきた赤ちゃんは、自力でうつ伏せになれても仰向けに戻ることは難しい事が多いようです。

 

赤ちゃんも大人と同じように寝ている間無意識に寝返りを行います

 

赤ちゃんが寝て寝返りを行った際に、

  • 顔の近くにクッションがある
  • 布団が柔らかすぎる

などの環境下では顔が埋まってしまう危険性があります。

 

特に、

  • 布団

といった柔らかいものなどは窒息の危険性を高めてしまいます。

 

赤ちゃんが寝ている近くには置かないようにしましょう。

 

 

寝返りの防止や対策:授乳後は観察

赤ちゃんの寝返りの防止や対策は「授乳後は観察する」ことです。

 

授乳中の赤ちゃんは、母乳やミルクを与えた直後に吐き戻しをしている場面がみられます。

 

ゲップをしっかり行っていても、吐き戻しをよくする赤ちゃんがいます。

 

寝返りなどの激しい運動は吐き戻しを誘発してしまう事もあります。

 

吐き戻しが多い赤ちゃんは、吐いたものが喉に詰まったり、誤嚥したりしないようにしたいものです。

 

そのためには、授乳直後は寝返りしないようにクッションなどを利用して暫くは赤ちゃんの様子をみてあげましょう。

 

 

寝返りの防止や対策:高い場所に寝かせない

赤ちゃんの寝返りの防止や対策は「高い場所に寝かせない」ことです。

 

ベッドやソファーなどの、床より高い場所で寝返りをした際に落ちないようにする必要もあります。

 

赤ちゃんは自分で危険予測が不可能です。

 

親がふと目を離した場面で寝返りを行い落下してしまう可能性もあります。

 

落下をして怪我をしないようにする為に、高い場所には寝かせないベッドガードなどの柵を設置するなどの対策が必要です。

 

またベッド柵に頭をぶつけないように、

  • カバー
  • クッション

などを使用して思わぬ怪我をしないような環境作りをしてあげてください。

 

ソファーにしか寝かせられない時は、

  • タオルを丸めてガードを作る
  • 床面に座布団やタオルなどの柔らかい物を置く

などを対策をしておくと怪我をする危険性は低くなります。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの夜の寝返りの対処法は?

夜の寝返りの対処法は参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

ここでは赤ちゃんの夜の寝返りの対処法を紹介します。

 

昼間は赤ちゃんの寝返りに気が付く事が多いと思います。

 

しかし、夜はどんなに気を付けていても親も疲れてしまい深い眠りに入ってしまうことがあります。

 

そこで、赤ちゃんの寝返りに気が付かない事もあると思います。

 

赤ちゃんが自力でゴロゴロする分には心配はいりませんが、中にはうつ伏せから仰向けに戻れずにそのまま眠ってしまう赤ちゃんがいます。

 

そのため夜は、寝る環境が大切になってきます。

 

寝返りが出来始めた赤ちゃんは、

  • 自分で首を持ち上げる
  • 顔を横向きにする

などの動作が可能です。

 

ある程度の動きが出来るので、自分で呼吸を確保することができます。

 

しかし、タオルケットで顔をふさいでしまったり、クッションが近くにあって、

を自由に動かせないなどの状況になると、呼吸をすることが難しくなります。

 

その為、防止策で紹介したクッションや柔らかい布団やでぬいぐるみや小物なども、まだ十分に動けない赤ちゃんにとっては、

  • 怪我
  • 窒息

に繋がる危険性がありますので注意しましょう。

 

寝返りが上手にできている赤ちゃんでは、寝返りが激しくて、

  • タンス

などにぶつかってしまう場面があります。

 

角がある所など怪我をしそうな箇所は、クッションガードなどを活用して安心した環境を作ってあげましょう。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの寝返り防止や対処でおすすめのグッズは?

赤ちゃんの寝返り防止や対処でおすすめのグッズを紹介します。

 

 

寝返り防止や対処でおすすめのグッズ:ベッドインベッド

寝返り防止や対処でおすすめのグッズは、「ファルスカのベッドインベッド」です。

 

三角クッションが両サイドについています。

 

赤ちゃんの寝返りの防止やおむつ替えの際などにも使用できます。

 

パパやママが一緒に添い寝したい場合も、三角クッションがガードしてくれるため赤ちゃんを守ってくれます。

 

成長や体型に合わせて、ッションの幅を移動し両面テープで簡単に調整できます。

 

丸めてコンパクトに持ち運べるので移動も楽に行えます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

寝返り防止や対処でおすすめのグッズ:クリーム

寝返り防止や対処でおすすめのグッズは、「寝返りの防止クッションクリーム」です。

  • 寝返りによる転倒防止
  • うつ伏せ寝による呼吸困難

などのトラブル防止やおむつ替えの際などに使用できます。

 

赤ちゃんの体型に合わせて、マジックテープでクッションの調整が可能です。

 

パイル生地素材で、中のクッションを抜き洗濯ネットにカバーを入れて丸洗いができます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

寝返り防止や対処でおすすめのグッズ:おやすみたまごプラス

寝返り防止や対処でおすすめのグッズは、「おやすみたまごプラス」です。

 

細かいビーズが入った、Cカーブ授乳ベッドです。

 

赤ちゃんは少し前かがみでカーブしている方が、酸素が入りやすく楽な姿勢となります。

 

赤ちゃんに合わせて身幅や背骨のカーブがあり使いやすさなどを設計しています。

 

型崩れしにくく縦横に伸縮する

  • 丈夫な
  • 上質な

オックス生地を使用しています。

 

授乳時や寝かしつけ、寝返りの防止などで役立ちます。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

寝返り防止や対処でおすすめのグッズ:ブリーズクッションベビー バンパーセット

寝返り防止や対処でおすすめのグッズは、「ブリーズクッションベビーバンパーセット」です。

 

赤ちゃんがぐっすり眠れるように設計されています。

 

マットはしっかりとした高反発構造で抱っこされているような寝心地です。

 

寝返りをうっても布団からはみ出しにくく、赤ちゃんの頭をしっかりサポートする枕や寝返り防止にも役立つ着脱可能なクッションが2つ付いています

 

3Dエアメッシュ素材のマットは洗濯が可能です。

 

通気性もいいので一年中使用可能です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

寝返り防止や対処でおすすめのグッズ:4WAYリラックスクッション

寝返り防止や対処でおすすめのグッズは、「4WAYリラックスクッション」です。

 

マタニティ~1歳6か月までの赤ちゃんに対応したクッションです。

  • 授乳クッションや
  • 赤ちゃんのお座りサポート
  • 寝返り防止クッション

としても利用可能です。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

固定方法はとても簡単で、約1~6か月(体重約3~9kg)までの赤ちゃんを腰ベルトで固定するだけです。

 

Sponsored Link

 

私が実際に使用していた寝返り防止グッズと感想は?

いかがでしょうか。

 

上記にておすすめの寝返り防止グッズを紹介させて頂きましたが、実際私が使用していた寝返り防止グッズと感想を紹介します。

 

私が使用していた寝返り防止グッズ:ベッドインベッド

私が使用していた私が使用していた寝返り防止グッズは「ベッドインベッド」です。

 

最近ではベビーベッドを使う人が少なくなっています。

 

その理由としては、

  • 部屋が狭い
  • 短期間しか使わない
  • 川の字で寝たい
  • 夜のお世話が大変

が挙げられます。

 

私もその一人でしたが、

 

もし寝ている間に寝返りしてしまって、赤ちゃんの上に乗ってしまったらどうしよう。

 

と考えてしまいました。

 

それをサポートするのが、この【ベッドインベッド】でした。

 

このベッドインベッドは2種類あり、

  • 新生児期はフレックス
  • 寝返り期からエイド

がおすすめです。

 

使ってみた感想は、三角の部分の幅も調整できるので、

  • 赤ちゃんの寝返りを防止
  • ママやパパの寝返りで赤ちゃんの上に乗るのを防止

という大きなメリットがあります。

 

また赤ちゃんの頭は柔らかいので、左右の向き癖がつくと頭の形もいびつになってしまいます。

 

ですので私はいつもドーナツ枕をしようしていましたが、こちらの【ベッドインベッド】には付属されておりました。

 

材質は、

  • マット(生地:綿100%、側生地:ポリエステ100%、詰物:ポリエステ100%)
  • クッション(生地:綿100%、詰物:ウレタンフォーム)
  • リングまくら(生地:綿80%、ポリエステ20%、詰物:ポリエステ100%)

で、綿が多く使用されているので肌ざわりがとても良く大満足でした。

 

また洗濯も可能なので、衛生面もよく子供が6カ月を過ぎるまで使い続けていました。

 

こちらの商品をもっと詳しく見る

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は下記の関連記事も参考にされています。

 

(赤ちゃんに関する関連記事)

 

 

あとがき

夜の寝返りの対処法は参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

いかがでしたでしょうか?

 

赤ちゃんが寝返りして動けるようになってくると、我が子の成長を嬉しく感じます。

 

赤ちゃんにもしもの事態や怪我がないよう見守ってあげたいものです。

 

そのためにも、親が安心した環境作りや知識を持って、赤ちゃんとの時間を快適に過ごせるといいですね。

 

今回は、

赤ちゃんの寝返りの防止対策について、

  • 赤ちゃんの寝返りの防止は必要?
  • 赤ちゃんの寝返りの防止や対策は?
  • 赤ちゃんの夜の寝返りの対処法は?
  • 赤ちゃんの寝返り防止や対処でおすすめのグッズは?

4つに分けて紹介しました。

Sponsored Link