子供用はさみの練習参照元:http://kosotatu.jp/

 

お店に行くと、

子供用のハサミはよく見かけますが、

一体何歳からはさみの練習を、

始めると良いのでしょうか?

 

子供にはさみを持たせるのは、

怪我や事故を心配して、

抵抗があるママもいるかもしれません。

 

はさみで、自分の髪の毛や

手を切ってしまうことを、

考えると怖いですよね。

 

しかし、実は子供が、

はさみを使えるようになると、

手先が器用になるだけではなく、

  • 発想力
  • 表現力

などが育つと言われています。

 

はさみを安全に使えれば、

子供の遊びの幅だって広がります。

 

そこで今回は、

子供用はさみの練習は何歳から?

練習方法や注意点は?

を紹介します。

 

Sponsored Link

 

子供用はさみの練習はいつから?

子供用はさみの練習参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

子供用はさみの練習ですが、

実は2歳くらいから始めることができます。

 

しかし、子供の発達には個人差があります。

 

お絵かきの時のクレヨンや、

鉛筆の持ち方も一つの目安です。

 

子供がクレヨンや

鉛筆を握って持っている間は、

まだハサミの練習は早いかもしれません。

 

子供がクレヨンや、

鉛筆を正しい持ち方で持つことができ

指先が器用に動かせると感じたら、

始め時かもしれません。

 

クレヨンや鉛筆を

正しく持てるようになると、

子供ははさみを正しく持つことが出来ます。

 

また、子供がはさみに興味を持ったら、

その時に教えてあげるのもいいでしょう。

 

しかし、子供がまだ小さく、

はさみを安全に使うための

約束を守れないうちは、

ママは大変かもしれません。

 

そういう時は、

子供がもう少し成長するまで、

はさみの練習は待っても良いかもしれません。

 

そして、子供用のはさみを使って

練習したからといって、

最初から曲線や形が、

切れるわけではありません。

 

子供のはさみの練習にも、

段階があるのです。

 

最初は子供用の安全な

はさみも売っているので、

そういったはさみから練習するのが、

おすすめです。

 

子供用はさみの練習は、

いつからなのか参考になりましたか?

 

次は予備知識として知っておけば、

役に立つ事を紹介しますので、

参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

 

子供用はさみの練習方法は?

 

子供用のはさみの練習には、

3つのステップを踏みます。

 

 

子供用はさみの練習方法:一回切り

子供用はさみの練習方法は、

一回動かすだけの「一回切り」です。

 

一回切りとは、リボンのような、

長い紙を用意して、

チョキンと一回で切り落とす練習です。

 

簡単そうに思えるかもしれませんが、

子供は意外とはさみを使って、

最後まで切り落とすことに苦戦して、

七夕飾りのように繋がってしまう事もあります。

 

 

子供用はさみの練習方法:連続切り

子供用はさみの練習方法は、

連続切り」です。

 

一回切りができるようになったら、

いよいよ次は連続切りです。

 

画用紙などを用意して、

はさみをチョキチョキと、

連続で動かして切る切り方です。

 

連続切りが出来るようになると、

かなり色々作品が出来るようになります。

 

子供もはさみを自在に動かせて、

楽しくなってくるはずです。

 

連続切りも最初のうちは、

はさみを最後まで閉じてしまい、

開くのに苦労したり、

ただ切るだけのことが、

中々上手くいかないかもしれません。

 

 

子供用はさみの練習方法:曲線切り

子供用はさみの練習方法は、

曲線切り」です。

 

連続切りが上手にできるように、

なったら曲線切りに挑戦です。

 

曲線切りができるようになると、

キャラクターや乗り物といった、

複雑な形もはさみで切れるようになります。

 

自分の作りたいものが作れると、

子供もはさみに夢中になります。

 

Sponsored Link

 

 

子供用はさみの注意点は?

子供用はさみの練習参照元:https://stat.ameba.jp/

 

子供用はさみの注意点は、

怪我」です。

 

また、怪我だけでなく、

髪の毛を切ってしまう事もあります。

 

髪の毛は伸びますが、

暫くは大変でしょう。

 

また、お家の中の大切な物を、

はさみで切ってしまうことも、

あるかもしれませんね。

 

そんな災難を防止する為には、

子供とママのお約束をすることが大切です。

 

  • ママの見ているとこで使う
  • はさみを持って歩かない
  • 使い終わったら必ずしまう

など怪我をしないためのお約束を、

してから使いましょう。

 

子供は割と楽しみを前にすると、

忘れてしまいがちです。

 

そのためはさみを使うときは、

その都度、注意を言ってから、

使うようにするといいでしょう。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

子供用はさみの練習参照元:http://lovemo.jp/

 

いかがでしたか?

 

今回は子供用のはさみについてまとめてみました。

 

子供が自分ではさみを使って、

自分の作りたいものを、

手作りするって凄いことですよね。

 

既成のおもちゃにはない学びが、

子供用はさみを使った遊びにはありますよね。

 

是非、この機会にご家庭でも、

子供用はさみを使った遊びを、

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、

子供用はさみの練習は何歳から?

練習方法や注意点は?

を紹介しました。

Sponsored Link