子供のお箸の練習の時期はいつから参照元:https://i1.wp.com/

 

子供が2、3歳になると、

ご飯もよく食べますよね。

 

すると気になってくるのが、

  1. お箸を持たせる時期
  2. 正しい持ち方

この2つですよね。

 

今は、エジソン箸のような

トレーニング箸があります。

 

そういった子供用の

トレーニング箸には、

2歳からと表示があり、

2、3歳になると焦ってしまいます。

 

しかし実は、お箸の練習には、

年齢はあまり関係ありません

 

そこで今回は、

子供のお箸の練習について、

  • 開始時期はいつから?
  • 練習方法は?
  • 正しい持ち方は?

3つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

子供のお箸の練習はいつから?

練習の時期参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

子供のお箸の練習はいつからなのでしょうか?

 

子供のお箸の練習のベストなタイミングは、

実は年齢ではなく、

スプーンの持ち方の変化なのです。

 

子供は教えなくても、

スプーンを持ちます。

 

スプーン持ち方は、指を下にして、

上から握る順手が多いです。

 

子供が大きくなって、

指や手の使い方が器用になると、

親指を上にして、下から握る逆手で、

スプーンを持つようになります。

 

更に子供が大きくなって、

指先に力がつくと、

スプーンを鉛筆を持つ時のように、

握ることができるようになります。

 

その時こそ、

お箸の練習を始めるタイミングなのです。

 

また、遊びの中で、

おもちゃの持ち方が、

変わってくることがあります。

 

それは、子供のお箸の練習の

始め時のサインかもしれません。

 

あまり子供の年齢にこだわらずに、

子供のタイミングで、

お箸の練習を始めるようにするのが、

子供が正しいお箸の持ち方を、

覚える一番の近道なのです。

 

 

 

子供のお箸の練習方法は?

 

 

子供のお箸の練習は、

一本ずつ行いましょう。

 

まず、お箸を動かす事が難しいので、

上側の動く方のお箸を、

メインに練習するといいでしょう。

 

子供が二本の

お箸を持てるようになったら、

お箸の練習方法を始めましょう。

 

最初のお箸の練習は、

濡らしたスポンジのような、

お箸で掴みやすい物を使って、

お箸でお皿への移し替えを行うと、

正しいお箸の使い方を、

マスターしやすいですよ。

 

慣れてきたら、滑りやすい物で、

例えば、大豆などのお皿の移し替えが、

お箸を使って上手に出来るようになれば、

お箸の練習は、ほぼ完了です。

 

Sponsored Link

 

 

子供のお箸の正しい持ち方は?

 

子供のお箸の正しい持ち方は、

  1. 親指
  2. 人差し指
  3. 中指
  4. 薬指

この順番の持ち方です。

 

大人でも間違って、

お箸を使っている方も多いです。

 

そんなお箸の持ち方を

子供に分かるように教えるのは、

なかなか至難の技です。

 

そこで子供には、

お箸は鉛筆を握るように」と教え、

一本のお箸を持たせるのがおすすめです。

 

お箸を持つ位置は、

お箸の半分の位置よりも少し上です。

 

お箸を鉛筆を握るように

持てるようになったら、

もう一本のお箸を指の間に入れます

 

お箸を動かすときは、

  1. 親指
  2. 人差し指
  3. 中指

指3本で上のお箸だけを動かします。

 

下のお箸は動かさず、

薬指と親指で支えるイメージです。

 

今は、トレーニング箸といって、

  • エジソン箸の様にお箸に指を入れる穴の付いたもの
  • お箸同士がバラバラにならないようにホルダーが付いているお箸
  • お箸に指の位置が記されている箸

などがあります。

 

子供がお箸の練習を始めた頃は、

そういったアイテムを使うのが、

良いかもしれません。

 

子供が楽しく練習をできるように、

子供の好きなキャラクターが

付いているものを使うなど、

子供が楽しく練習できるように

工夫してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

子供のお箸の練習参照元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

いかがでしたか?

 

美しい箸さばきは、

料理を美味しくします。

 

お箸の練習はきっと将来、

子供の役に立つはずです。

 

最初は、子供も慣れないお箸を使うより、

いつも使っているスプーンを使ったり、

フォークを使いたがる事が多いです。

 

しかし、パパやママが、

お箸でご飯を食べている姿を見て、

自分もお箸を使ってみたい。

必ず子供はそう思いますので、

失敗しても怒らず、

ゆっくりと練習させてあげ、

出来た時は思いっきり褒めてあげましょう。

 

正しいお箸の持ち方の練習をして、

子供に美しい箸さばきを伝授しましょう。

 

今回は、子供のお箸の練習について、

  • 開始年齢はいつから?
  • 練習方法は?
  • お箸の正しい持ち方は?

3つに分けて紹介しました。

Sponsored Link