おねしょ参照元:https://min-q-a.com/

 

おねしょでの布団のお洗濯はとっても大変ですよね。

 

はぁ~。またか…でも子供はおねしょするのは仕方がないよね

 

なんて思ったりしてしまいますよね。

 

でもちょっと待ってください!

 

子供のおねしょには原因と対策があります。

 

ママのストレスにもならず、子供も安心して眠れる

 

そうなる為にまず原因を知り対策をしていきましょう。

 

そこで今回は「子供のおねしょ対策!3~5歳・小学生以降など年齢別での原因は?おすすめのシーツやおむつは?」についてご紹介したいと思います。

 

項目に分けて記載していますので、「おねしょの対策だけ知りたい!」という方は下記からジャンプできますよ。

 

Sponsored Link

 

おねしょの原因は?

おねしょのイメージ参照元:https://image-select.mamastar.jp/

 

子供がおねしょをしてしまう原因はなんなのでしょうか?年齢別に分けて紹介します。

 

 

下記をクリックすると見たいページにジャンプできます。

 

3~5歳の子供のおねしょの原因は?

起こしてはいけない参照元:http://www.unicharm.co.jp/

 

3~5歳の子供のおねしょの原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

他の子供と比べてしまったり焦ってしまうこともあるかと思います。

 

ここでは、3~5歳の子供のおねしょの原因についてご紹介したいと思います。

 

 

3~5歳の子供のおねしょの原因:体が未発達だから

3~5歳の子供のおねしょの原因は「体が未発達だから」です。

 

3~5歳の子供であると「膀胱が小さいので夜に作りだされる尿の量が多い」という原因もあります。

 

幼児期の子供のおねしょはママにとっても、早く卒業してほしいと焦ってしまうこともあるかと思いますが、子供によって個人差が大きいものです。

 

ですので、3~5歳の子供がおねしょをしてしまうことは当たり前なのでママは焦らず、温かい目で見守りながらおねしょの卒業に向けて対策を練ることが大切です。

 

 

 

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の対策は、

下記をクリックでジャンプします。

 

3~5歳の子供のおねしょの対策

 

 

小学生以降の子供のおねしょの原因は?

夜尿参照元:https://5min-massage.com/

 

小学生以降の子供のおねしょの原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

小学生以降になってもおねしょが続くと心配になってしまいますよね。

 

小学生になってもおねしょが続いている場合は、自律神経が関係しているとされています。

 

小学生以降の子供のおねしょの原因は「夜尿症」と呼ばれ、早めの治療が必要となってきます。

 

夜尿症とおねしょとの違いは年齢です。

幼児期の夜尿をおねしょといい、5~6歳(小学校入学前後)以後の夜尿を夜尿症というのが一般的です。

 

ここでは、小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の原因についてご紹介したいと思います。

 

 

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の原因:夜間の尿量が多い

小学生以降の子供のおねしょの原因として「夜間の尿量が多い」です。

 

夕方に水分を多くとってしまうと、夜間の尿量が多くなってしまいます。

 

しかし夕方の水分量が多くなくても夜間の尿量が多いこともあります。

 

基本的に夜に生成される尿量は昼間よりも少なくなります

 

しかし夜尿症の子供は脳から分泌される抗利尿ホルモンの分泌のリズムが悪いため、夜間の尿量が多くなっていることがあります。

 

 

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の原因:膀胱が未発達

小学生以降の子供のおねしょの原因として「膀胱が未発達」です。

 

膀胱機能は成長とともに発達していき、夜間は昼間の尿量の約2倍はためられるようになります。

 

しかし、夜尿症の子供の中には

  • 膀胱が未発達
  • 膀胱が小さい

ということがあり、夜尿に繋がる場合があります。

 

 

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の原因:ストレス

小学生以降の子供のおねしょの原因として「ストレス」です。

 

夜尿症のなかにはストレスが原因である事があります。

 

強いストレスがかかってしまうと夜尿症の子供の中には自律神経の働きが不調となり、これが夜尿の原因につながることがあります。

 

 

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の原因:器質的な異常

小学生以降の子供のおねしょの原因として「器質的な異常」です。

 

子供によっては

  • 膀胱
  • 腎臓

などの器質的な異常が原因のこともあります。

 

夜間だけでなく、昼間にもおねしょがある場合は器質的異常が原因であることもあります。

 

 

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の対策は、

小学生以降の子供のおねしょ(夜尿症)の対策

こちらをクリックでジャンプします。

 

Sponsored Link

 

おねしょの対策は?

おねしょの対策参照元:https://uploads-ishamachi-com.s3.amazonaws.com/

 

子供のおねしょの対策はどうすればいいのでしょうか?年齢別に分けて紹介します。

下記をクリックすると見たいページにジャンプできます。

 

 

3~5歳の子供のおねしょの対策は?

おねしょしてしまった参照元:https://fuminners.jp/

 

3~5歳の子供のおねしょの対策はどのようなことをすれば良いのでしょうか。

 

ここでは、3~5歳の子供のおねしょの対策についてできることをご紹介したいと思います。

 

 

3~5歳の子供のおねしょの対策:水分を控える

3~5歳の子供のおねしょの対策として「水分を控える」です。

 

3~5歳くらいの幼い時期におねしょは水分の摂りすぎが原因となっていることがあります。

 

そのような場合は「夕食時以降の水分を控える」ことがコツです。

 

 

3~5歳の子供のおねしょの対策:トイレの習慣

3~5歳の子供のおねしょの対策として 「トイレの習慣」です。

 

こちらはすぐに取り組むことのできる対策です。

 

必ず寝る直前にトイレに行き、膀胱に溜まった尿を出し切る癖を付けれるように練習をしてみましょう。

 

 

3~5歳の子供のおねしょの対策:体を冷やさない

3~5歳の子供のおねしょの対策として「体を冷やさない」です。

 

寒い冬の時期などは尿量が増えます

これは冬は汗として体外に放出される水分量が減る為、尿として排泄されるからです。

 

体の冷えが原因でおねしょをする場合もあるので、就寝前に

  • お風呂で温まる
  • 布団を暖かくする

などの対策をすると良いでしょう。

 

 

3~5歳の子供のおすすめのシーツやおむつの対策は、

下記をクリックでジャンプします。

 

3~5歳の子供のおすすめのシーツやおむつ

 


小学生以降の子供のおねしょの対策は?

おねしょ小学生参照元:http://コドモト.com/

 

小学生以降の子供のおねしょの対策はどのようなことをすれば良いのでしょうか。

 

小学校1、2年生で週に数日の夜尿頻度であれば、特に対策も急ぐ必要はありませんが、週の半分以上夜尿をしている場合は適切な対策を取らないと長引くこともあります。

 

ここでは小学生以降の子供のおねしょの対策をご紹介したいと思います。

 

 

小学生以降の子供のおねしょの対策:叱らない

小学生以降の子供のおねしょの対策として「叱らない」です。

おねしょは小学生になっても繰り返してしまうとママも怒ってしまうこともあると思います。

 

しかし、叱られて子供が委縮してしまうとこれがストレスになってしまうこともあります。

 

子供のストレスがおねしょの原因になってしまうこともあるので、ママも焦らず付き合ってあげることが大切です。

 

 

小学生以降の子供のおねしょの対策:夜に起こさない

 

ママがトイレを促すために夜に起こしてしまうと子供が寝不足になってしまい、自律神経が乱れてしまうこともあります。

 

このようなことがストレスになりおねしょが更にひどくなることもあります。

 

また夜遅くまで起きていると飲食しがちなので、早寝早起きを心がけましょう。

 

抗利尿ホルモンは寝ている間に分泌されるのでぐっすり寝かせることも大切です

 

 

小学生以降の子供のおねしょの対策:通院する

小学生以降の子供のおねしょの対策として「通院する」です。

 

小学生になると、キャンプや林間学習など泊りがけの行事がある所もありますよね。

 

ですのでママは【早く治してあげたい!】と強く思い焦ってしまう事もありますが、その様な場合は通院をし生活指導を受けましょう。

 

 

 

小学生以降の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつは、

小学生以降の子供のおすすめのシーツやおむつ

こちらをクリックでジャンプします。

 

Sponsored Link

 

おすすめのシーツやおむつは?

おねしょ対策参照元:http://www.eonet.ne.jp/

 

ここでは年齢別にシーツやおむつを紹介します。

 

下記をクリックすると見たいページにジャンプできます。

 

3~5歳の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつは?

おねしょシーツ参照元:https://www.kagu-wakuwaku.com/

 

子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、3~5歳の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつについてご紹介したいと思います。

 

 

3~5歳の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつ:防水掛け布団カバー

3~5歳の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつとして「防水掛け布団カバー」です。

これは、掛け布団がおねしょで濡れるのを防ぐための防水カバーです。

 

カバーに防水加工がしてあるので、おねしょをしてしまっても布団などにしみてしまう心配がありません

 

3~5歳の子供のおねしょにおすすめの防水掛け布団カバー

こちらの防水掛布団カバーは、筆者がおすすめの防水カバーです。

 

リーズナブルで口コミもすごくいいのでこちらを選びました。

 

 

3~5歳の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつ:おねしょズボン

3~5歳の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつとして「おねしょズボン」です

 

おねしょズボンは裏側が防水加工された布地になっています。

 

見た目には普通のパジャマなので子供も気にすることなく着ることができます。

 

3~5歳の子供のおねしょにおすすめのおねしょズボン

 

こちらのおねしょズボンは、筆者も子供に使用していたおすすめのおねしょズボンです。

 

値段も安く、子供は寝ている間に動きますよね。

 

私はおねしょズボンを選ぶ時「寝ている間にズボンがズレてしまったらどうしよう」と考えていました。

 

しかしこちらのおねしょズボンは、足が動かせてまくれ上がりにくいパンツ型で、ズボンがズレにくいのでこちらを選びました。

 

 

小学生以降の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつは?

小学生の夜尿対策参照元:https://itmama.jp/

 

小学生以降の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

ここでは小学生以降の子供のおねしょにおすすめのシーツやおむつをご紹介したいと思います。

 

 

小学生以降のおねしょにおすすめのシーツやおむつ:おねしょパンツ

小学生以降のおねしょにおすすめのシーツやおむつとして「おねしょパンツ」です。

 

防水加工がされたパンツで、見た目は普通の下着と変わらないので、小学生でも周りにばれてしまったりする心配がありません。

 

小学生以降のおねしょにおすすめのおねしょパンツ

 

こちらのおねしょパンツは5層になっていて、尿を急速に吸収してくれます。

 

筆者がおすすめをした理由は、急速に吸収した尿が水蒸気となって外部に発散できるようになっている点です。

 

 

小学生以降のおねしょにおすすめのシーツやおむつ:防水シーツ

小学生以降のおねしょにおすすめのシーツやおむつとして「防水シーツ」です。

 

防水シーツは敷布団の上に敷く、防水加工されたものです。

 

シーツなので子供もあまり気にすることがないので安心してママも使うことができます

 

季節を気にせず使えることもメリットです。

 

小学生以降のおねしょにおすすめの防水シーツ

こちらの防水シーツは筆者がおすすめの防水シーツです。

 

筆者がおすすめする最大の理由は、このシーツは洗濯機で選択できるという点です。

 

もちろん筆者も使用していました。

 

 

 

 

 

 

あとがき

おねしょ参照元:http://www.hahacoco.jp

 

いかがでしたでしょうか。

  • 原因をしっかりと理解する
  • 子供と向き合う
  • 対策を練る

この3つはおねしょの三原則と言われる

  • 叱らない
  • 起こさない
  • 焦らない

に沿っていますね。

 

子供がおねしょを繰り返してしまうとママも焦ってしまうことはありますが、個人差がありますので上手に付き合ってあげてください

 

今回は「子供のおねしょ対策!3~5歳・小学生以降など年齢別での原因は?おすすめのシーツやおむつは?」についてご紹介させていただきました。

Sponsored Link