産み分け参照元:https://kosodate-march.jp/

 

お腹に授かる赤ちゃんなら、男の子でも女の子でも赤ちゃんが元気に生まれてくれば勿論、どちらでも良いですよね。

 

でも、

  • できれば赤ちゃんは男の子がいいなぁ。
  • できれば赤ちゃんは女の子がいいなぁ。

少なからず希望があるかと思います。

Sponsored Link

赤ちゃんを男の子や女の子に産み分ける方法は、

  • 食べ物を変える
  • 産み分け方法の実践
  • ジンクス

色々とあります。

 

100%成功とは言えませんが、70〜80%と比較的高い確率で赤ちゃんを男の子と女の子を、産み分けられる可能性がある様です。

 

それでは今回は、赤ちゃんを男の子と女の子に産み分け!方法や食べ物やジンクスは?について紹介していきます。

 

 

赤ちゃんの男の子と女の子の性別はどうやって決まるの?

 

ヒト染色体について参照元:http://rg4.rg.med.kyoto-u.ac.jp/

 

赤ちゃんを男の子と女の子を産み分ける前に、どうやって赤ちゃんの性別はきまるの?

 

赤ちゃんの性別ができる仕組みご存知ですか?

 

少し難しいですが、赤ちゃんの男の子や女の子などの性別は遺伝子まで遡ります。

 

細胞の中の染色体という、遺伝に関係する物質があり、その中に赤ちゃんの性別を決める性染色体がポイントになります。

 

精子の染色体による違いの特徴参照元:http://asg-platform.org/

 

女性は赤ちゃんが女の子に決定する、X染色体の細胞しか持っておらず、卵子の性染色体は必然的にX染色体になります。

 

男性は

  • 女の子に決定するX染色体
  • 男の子に決定するY染色体

2パターンを持っており精子の性染色体も2つに分類されます。

 

X染色体を持った卵子にX精子が結合されると、女の子の要素しかないので、必然的に女の子が産まれます。

 

Y精子が結合されると、女の子が産まれます。

 

 

Y精子の特徴は?

Y精子とは、

  • 寿命が1日で短命
  • 動くスピードが早い
  • アルカリ性に強い
  • 熱に弱い
  • 軽い
  • X染色体の2倍の数

これらが特徴になります。

 

数が多いY精子ですが女性の膣の入り口は、酸性に傾いているので実はここで大半のY精子が死んでしまいます。

 

 

X精子の特徴は?

X精子とは、

  • 寿命が2から3日で長命
  • 動くスピードが緩慢
  • 酸性に強い
  • 重い
  • Y染色体よりも少ない数

これらの特徴があります。

 

実はこれらの違いが、男の子と女の子に産み分ける方法へと繋がっていきます。

 

 

 

赤ちゃんを男の子に産み分ける方法は?

赤ちゃんを男の子に産み分ける方法は?

 

まずお腹の赤ちゃんを、男の子に産み分けたい時はどれだけ多くのY精子が卵子に到達できるかどうかが大切です。

 

それでは、男の子に産み分ける方法について詳しく順番に紹介します。

 

 

男の子を産み分ける方法:女性が気持ち良い性行為

男の子を産み分ける方法は「女性が気持ち良い性行為」です。

 

女性がオーガズムに達すると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されるので、酸性の膣内が中和されます。

 

Y精子が死滅しにくくなるので、男の子が生まれやすくなります。

 

 

男の子を産み分ける方法:挿入時に深めに男性器を入れる

男の子を産み分ける方法は「挿入時に深めに男性器を入れる」です。

 

女性の膣内は酸性ですが、子宮はアルカリ性なので、出来るだけ膣内での距離を短くする事が大切です。

 

要するに深めに男性器を挿入する、体位の性行為がおすすめですよ。

 

 

男の子を産み分ける方法:3~4日禁欲する事

男の子を産み分ける方法は「3~4日禁欲する事」です。

 

Y精子はX精子より2倍ほど量が多いので、3~4日自慰行為を禁欲することで密度の濃い精液になります。

 

禁欲期間が長すぎると、逆に受精能力が下がってしまうので程々にしておいて下さいね。

 

 

男の子を産み分ける方法:排卵日の前日または当日の性行為

男の子を産み分ける方法は「排卵日の前日または当日の性行為」です。

 

排卵日当日は、膣内がアルカリ性に傾くのでY精子が生き残りやすくなります。

 

下記内容を日々実施する事で、

  1. 排卵検査薬
  2. 基礎体温のチェック

そもそもの妊娠の確率が上がります。

 

 

男の子を産み分ける方法:潤滑ゼリーを使う事

男の子を産み分ける方法は「潤滑ゼリーを使う事」です。

 

産婦人科などで購入できる膣内をアルカリ性に傾ける潤滑ゼリーを上手に利用するのも男の子を産み分ける一つの方法です。

 

 

男の子を産み分ける方法:リン酸カルシウムを使う事

男の子を産み分ける方法は「リン酸カルシウムを使う事」です。

 

もともとは先天性異常を、予防する為に服用していたのがリン酸カルシウム(リンカル)です。

 

最近では服用後に、男の子が生まれる確率が高いのという事で産み分けにも使われる様になっています。

 

2ヶ月間飲み続けなければ、効果が薄くなるので飲み忘れない様にして下さいね。

 

またその際の、リンカルによる男の子の産み分けは科学的根拠が証明されていません。

 

 

男の子を産み分ける方法:トランクスを着用する

男の子を産み分ける方法は「トランクスを着用する」です。

 

トランクスは通気性が良く、下半身を締め付けないのでY精子が死滅しにくいです。

 

ボクサーパンツを履いている方は、是非活用して下さいね。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんを女の子に産み分ける方法は?

 

赤ちゃんを女の子に産み分ける方法は?

 

女の子の赤ちゃんを希望する方は、X染色体を多く卵子に到達させするようにする事で、女の子の産み分けの成功確率が上がります。

 

続いては、女の子に産み分ける方法について詳しく順番に紹介します。

 

 

女の子に産み分ける方法:浅めに男性器を挿入し早めに膣内から抜く

女の子を産み分ける方法は「浅めに男性器を挿入し早めに膣内から抜く」です。

 

女性がオーガズムに達すると、アルカリ性に傾きやすいのでY精子を死滅させる為にも、射精した後は早めに男性器を抜き女性がオーガズムに達しない様にします。

 

膣内の酸性にY精子を触れさすことで、Y精子が死滅しやすいので浅めに挿入する対位の性行為がおすすめです。

 

 

女の子に産み分ける方法:精子量を少なくする

女の子を産み分ける方法は「精子量を少なくする」です。

 

X精子の2倍の数あるとされている、Y精子の数を減らす為に2~3日に1回は射精し、精液を薄くしておく事が効果的です。

 

 

女の子に産み分ける方法:排卵日2日前に性行為

女の子を産み分ける方法は「排卵日2日前に性行為」です。

 

排卵日の膣内はアルカリ性に傾くので、排卵日前日・当日よりも、2日より少し前のタイミングの方が良いとされています。

 

X精子は寿命も長いので、排卵当日まで生き残っている可能性が高くなります。

 

 

女の子に産み分ける方法:潤滑ゼリーを使う

女の子を産み分ける方法は「潤滑ゼリーを使う」です。

 

産婦人科などで購入できる、酸性に傾ける潤滑ゼリーを使用する方法です。

 

こちらのゼリーは日本製の物や、自然由来の物があるので信頼できるものを選びましょう。

 

 

女の子に産み分ける方法:ブリーフ等を着用

女の子を産み分ける方法は「ブリーフ等を着用」です。

 

ブリーフやボクサーパンツなど、通気性が悪い下着は、熱がこもりやすく熱に弱いY精子を死滅させやすくなります。

 

 

女の子に産み分ける方法:電子機器を使う

女の子を産み分ける方法は「電子機器を使う」です。

 

熱がこもりやすい機器である、

  • パソコン
  • 携帯電話

これらを使用したり、ポケットに入れる事で、Y精子が少なくなり女の子の赤ちゃんが産まれるという説もあります。

 

 

女の子に産み分ける方法:人工授精

女の子を産み分ける方法は「人工授精」です。

 

精液をパーコールという特殊な液につけて、遠心分離機をかけると重さの違う、

  • X精子が下へ
  • Y精子が上へ

それぞれ分離させる事が出来ます。

 

下に溜まったX精子を、人工授精することで女の子の赤ちゃんを生まれやすく出来ます。

 

確かに確率は高くなりますが、不妊治療専門の病院などで行うのでその分、費用も高くなります

 

 

 

赤ちゃんを男の子と女の子に産み分る食べ物は?

 

赤ちゃんを男の子と女の子に産み分る食べ物は? 参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

続いて紹介するのは、食べ物を変えることで酸性やアルカリ性にpH値を傾け、赤ちゃんを男の子と女の子に産み分ける方法があります。

 

 

男の子の赤ちゃんを希望する場合

男性は、

  • お肉などの動物性
  • 酸性が強い食べ物

これらをよく食べる事です。

 

女性は、

  • 野菜などの植物性
  • アルカリ性が強い食べ物

これらをよく食べる事です。

 

 

女の子の赤ちゃんを希望する場合

男性は、

  • 野菜などの植物性
  • アルカリ性が強い食べ物

これらをよく食べる事です。

 

女性は、

  • お肉などの動物性
  • 酸性が強い食べ物

これらをよく食べる事です。

 

 

どれぐらい前から食べればいいの?

それぞれの精子が作られる迄の、3ヶ月くらい前から食べることで産み分けしやすいと、昔から言われてきました。

 

ただし、科学的根拠はなく、偏った食習慣で身体を壊してしまうことの無いように、無理なく参考程度に試してみてもいいかもしれません。

 

食べ物

 

赤ちゃんを男の子と女の子の産み分ける成功率の高い方法

男性が性行為の30分前に、コーヒーなどカフェインを1杯摂取することです。

 

そうする事でY精子が活発になり、膣口で死滅する可能性が低くなるので男の子の赤ちゃんが、生まれやすいという事です。

 

女の子の赤ちゃんを、生まれやすくするにはカフェイン摂取を抑えることです。

 

3杯以上飲んでしまうと、精子の遺伝子に傷がつきやすかったり、女性のカフェイン摂取は着床率が下がるため、不妊の原因になるので、

飲み過ぎには注意が必要ですよ。

 

 

 

赤ちゃんを男の子と女の子に産み分けるには、他にどんな方法があるの?

産み分ける方法は参照元:http://www.choicebirth.com/

 

赤ちゃんを男の子と女の子に、産み分ける方法で海外の面白い占いや迷信を紹介していきます。

 

息抜き程度に参考にして下さいね。

 

 

海外の産み分けカレンダーで、男の子・女の子を産み分ける方法

中国式カレンダーの男の子・女の子に産み分ける方法

中国式による男の子・女の子に産み分ける方法参照元:http://www.strlog.com/

 

13世紀頃の中国科学省が調査し統計にまとめたカレンダーです。

 

数え年と旧暦の受胎月を、交差させて読み取ります。

 

このカレンダーによると、男の子と女の子の産み分け確率は、

  • 中国人99%
  • その他アジア人90%
  • アメリカ人85%

かなり高い割合になっていますね。

 

 

ブラジル式カレンダーの男の子・女の子に産み分ける方法

ブラジル式による男の子・女の子に産み分ける方法参照元:http://産み分け女の子男の子.xyz/

 

満年齢と受胎月の交差するところで読み取っていきます。

 

こちらの的中率は85%だそうです。

 

 

 

経産婦さん限定、上の子による男の子・女の子の産み分け確認

つむじの向きによる男の子・女の子の産み分け確認

ご自身の子供の兄・姉のつむじの向きが右回りだと次産まれてくる赤ちゃんは上の子と同性だそうです。

 

左回りだと異性という説があります。

 

また、

  • 右回りだと赤ちゃんは女の子
  • 左回りだと赤ちゃんは男の子

これらの説もあります。

 

 

太もものシワによる男の子・女の子の産み分け確認

ご自身の子供の兄・姉の太もものシワが、

  • 1本だと赤ちゃんは男の子
  • 2本だと赤ちゃんは女の子

 

いずれも迷信なので占い感覚で見てみましょう。

 

Sponsored Link

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(赤ちゃんの出産に関する記事)

 

(出産後に関する記事)

 

 

 

あとがき

赤ちゃん

 

いかがでしたでしょうか?

 

赤ちゃんを、男の子・女の子に、産み分ける方法や食べ物は参考になりましたでしょうか?

 

赤ちゃんの産み分け方法は、あくまでも男の子や女の子の産まれる確率を高めるものなので絶対というのは難しいですが、チャレンジするのも良いと思います。

 

ただ、子は宝と言います。

 

赤ちゃんを授かること自体、奇跡的な事ですから、もし赤ちゃんが自分が思っていた性別と違っていても、健やかに愛らしい赤ちゃんを、

大切に育んでいきましょう。

 

今回は、赤ちゃんを男の子と女の子に産み分ける方法や食べ物について紹介しました。

Sponsored Link