ハロウィンのかぼちゃの作り方参照元:https://i2.wp.com/

 

もうすぐハロウィンですね。

 

ハロウィンと言えば、

かぼちゃですね。

 

子供と一度はハロウィンのかぼちゃを

一緒に作ってみようと思われる、

ママもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし手間もかかりそうだし、

時間もかかりそう。

 

何を用意すればいいのかもわからないし、

そして何より作れるかどうかが不安

 

そういったママも多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

ハロウィンのかぼちゃの作り方について、

  • ハロウィンのかぼちゃを作る際の注意点は?
  • ハロウィンのかぼちゃを作る時、道具は必要?
  • ハロウィンのかぼちゃの作り方は?
  • ハロウィンのかぼちゃは食べれるの?

を4つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

ハロウィンのかぼちゃを作る際の注意点は?

ハロウィンのかぼちゃの作り方参照元:http://kurashi7.net/

 

ハロウィンのかぼちゃを作る際の

注意点として、

どのようなことがあるのでしょうか?

 

ハロウィンのかぼちゃを作るのは、

難しそうにも見えますよね。

 

筆者もいつもハロウィンの時期になると、

かぼちゃが祖母の畑で

たくさん収穫されるので、

ハロウィンのかぼちゃを作っていました。

 

難しく感じますが、

ハロウィンのかぼちゃは、

シンプルなデザインのものであれば、

案外すぐにできちゃうのです。

 

ではハロウィンのかぼちゃを作る際の

注意点をご紹介したいと思います。

 

 

ハロウィンのかぼちゃを作る際の注意点:かぼちゃを切る時

ハロウィンのかぼちゃを作る際の

注意点は、「かぼちゃを切る時」です。

 

ハロウィンのかぼちゃの目や口などの

「かぼちゃを切る時」は、

ナイフなどの鋭利なものを使います。

 

こちらは必ずママが切りましょう。

 

意外にかぼちゃは柔らかいですので、

ママも気を付けましょう。

 

そして子供は「見たい!」などと

近くに寄ってきますが、

危ないので適度な距離を、

子供にもたせましょう。

 

 

ハロウィンのかぼちゃを作る際の注意点:火をつけるとき

ハロウィンのかぼちゃを作る際の注意点は、

火をつける時」です。

 

かぼちゃに火をつける時は、

ママがしてあげましょう。

 

最終の仕上げですので、

子供にはろうそくをかぼちゃの中に、

セットすることだけさせてあげましょう。

 

怪我のないようにできるところは

子供と一緒に行い、

危険性が少しでもある工程は、

ママが担当しましょう。

 

そしてオリジナルのハロウィンの

かぼちゃを作りましょう。

 

Sponsored Link

 

 

ハロウィンのかぼちゃを作る時、道具は必要?

ハロウィンのかぼちゃの作り方参照元:http://trenddailynews.com/

 

ではハロウィンのかぼちゃを作る時、

どんな道具が必要なのでしょうか?

 

 

必要な道具:クレヨン

初めてハロウィンのかぼちゃを作る時に、

まず下書きをされる場合は

クレヨン」が必要となります。

 

かぼちゃに直接書いてしまう場合は、

マジック」などでも良いでしょう。

 

 

必要な道具:ナイフ

つづいて必要な道具としては、

ナイフ」です。

 

かぼちゃの目や口などの、

パーツを切る際に必要になります。

 

 

必要な道具:スプーン

つづいて必要な道具として、

スプーン」です。

 

かぼちゃの中身をくりぬくときに使います。

 

  • 大きいもの
  • 小さいもの

を準備するとくりぬきやすいでしょう。

 

 

必要な道具:ろうそくとライター

最後に必要な道具として、

  • 「ろうそく」
  • 「ライター」

です。

 

かぼちゃの中にいれて、

ライトアップさせ、

ハロウィンを演出します。

 

Sponsored Link

 

 

ハロウィンのかぼちゃの作り方は?

ハロウィンのかぼちゃの作り方参照元:http://www.kita-g.jp/

 

ハロウィンのかぼちゃの作り方として

比較的簡単にできそうなものを、

動画と共にご紹介したいと思います。

 

ハロウィンの簡単なかぼちゃの作り方:準備物

  • 専用ノコギリ
  • 果物ナイフ
  • スプーン
  • 下書き用の紙と鉛筆
  • 型紙を貼り付けるハサミとテープ
  • かぼちゃに下書きを写すための画ビョウまたはフォーク
  • キャンドル
  • ライター

 

ハロウィンの簡単なかぼちゃの作り方:工程

  1. かぼちゃの底を専用のノコギリで円形に切る
  2. スプーンで中身をくりぬきます
  3. 紙(型紙)にかぼちゃの顔を書きます
  4. 紙(型紙)を円形にきります
  5. 紙(型紙)を貼りやすいように切り込みをいれます
  6. セロハンテープで紙(型紙)をかぼちゃに貼ります
  7. 画ビョウなどでかぼちゃに写します
  8. 紙(型紙)をはがします
  9. キャンドルをいれて火をつける

以上の9つの工程で完成です。

 

文字だけではわかりにくい方も

いらっしゃると思いますので、

下記に簡単に作り方を紹介している、

動画があるので参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

ハロウィンのかぼちゃは食べれるの?

ハロウィンのかぼちゃの作り方参照元:http://tokosie-jouhou.net/

 

ハロウィンが終わったあとに、

かぼちゃを捨ててしまうのも

勿体無いですよね。

 

ではハロウィンのかぼちゃは、

食べれるのでしょうか?

 

かぼちゃ自体は「なま物」です。

 

冷蔵庫に保存していても、

数日経つと「カビ」がはえてしまいます。

 

湿気はカビの一番の原因になりますので、

ハロウィンのかぼちゃができたあとは、

日陰に干す」と良いかもしれません。

 

しかし長時間干していると、

かぼちゃの色が抜けてしまいますので、

注意が必要です。

 

ですのでハロウィンのかぼちゃを

前日に作ったとしても、

三日か四日くらいしか持たないでしょう。

 

ハロウィンの前日などの

ギリギリに作成すると、

終わってからも食べれるかと思いますが、

前もって作るとハロウィンが終わる時には、

食べれないかもしれません。

 

生物ですので、

食べるのであれば極力ギリギリに

ハロウィンのかぼちゃを作成して、

ハロウィンが終わればすぐ

食べるようにしましょう。

 

また観賞用に作られたかぼちゃは、

食べるようには作られていないので、

ハロウィンが終わると処分しましょう。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(イベントの関連記事)

 

 

 

あとがき

ハロウィンのかぼちゃの作り方参照元:http://rhafa.info/

 

いかがでしたでしょうか?

 

1年に1度のハロウィンの日。

 

楽しく特別な日ですが、

食中毒や怪我などをしないように、

安全を意識して、

ハロウィンに挑みましょう。

 

家族で一緒に是非、

オリジナルのハロウィンのかぼちゃを

作成して楽しんでくださいね。

 

今回は、

ハロウィンのかぼちゃの作り方について、

  • ハロウィンのかぼちゃを作る際の注意点は?
  • ハロウィンのかぼちゃを作る時、道具は必要?
  • ハロウィンのかぼちゃの作り方は?
  • ハロウィンのかぼちゃは食べれるの?

4つに分けて紹介しました。

Sponsored Link