お七夜のお祝い参照元:http://neta-life.com/

 

赤ちゃんが産まれたら、

まず赤ちゃんの名前を決めます。

 

生後14日以内に、

出産届を出す必要があります。

 

ほとんどの人は、

それまでに赤ちゃんの

名前を考えますよね。

 

そんな中、日本の伝統で、

お七夜と呼ばれる命名式に、

赤ちゃんの名前をつけてあげる風習があります。

 

そこで今回は、

お七夜のお祝いについて、

  1. 赤ちゃんのお七夜って?
  2. 赤ちゃんの命名式って?
  3. 赤ちゃんのお七夜・命名式の数え方は?
  4. 赤ちゃんの命名書とは?
  5. 赤ちゃんの命名書の書き方は?

5つに分けてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんのお七夜って?

赤ちゃんのお七夜参照元:http://e-jyouhou.com/

 

赤ちゃんのお七夜とは、

赤ちゃんと赤ちゃんにつけた名前を、

  • 家族
  • 親戚
  • 近所の方

に、報告をする日とされています。

 

昔は現代のように、

医療が発達していなかったため、

赤ちゃんの生存率がとても低かったのです。

 

生後1週間生きること、

何もなく過ごすことが、

おめでたいことでした。

 

そこでお七夜を生後7日目の夜に、

お七夜を行われています。

 

お祝い膳を作って、

お祝いする事が基本だとされています。

 

 

 

赤ちゃんの命名式って?

赤ちゃんの命名式参照元:http://e-shirokiya.com/

 

命名式とは一体どういうものでしょうか?

 

赤ちゃんの名前は、

パパやママからの

最高のプレゼントですよね。

 

いろいろな思いや

意味を込めて考えて、

名前をつけてあげます。

 

命名式とは、

お七夜の時に家族や親戚に、

赤ちゃんの名前を披露する儀式です。

 

赤ちゃんの名前を命名書に書いて、

家族の一員として迎えてあげる儀式です。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんのお七夜・命名式の数え方は?

赤ちゃんのお七夜参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

お七夜や命名式をしたいけど、

日にちの数え方が分からない

という方も多いと思います。

  • お七夜
  • 命名式

は、伝統的な日本の風習です。

 

産まれた日を、1日目と数えます。

 

例えば1月1日生まれの赤ちゃんなら、

  • お七夜
  • 命名式

は、1月7日の夜に行うということです。

 

ただしママや赤ちゃんの体調により、

最近では産まれた日を、

0日と数える人も多くなってきました。

 

もちろんのことですが、

ママも赤ちゃんも体調を考えて、

  • お七夜
  • 命名式

を行ってくださいね。

 

あまり体に負担をかけないように、

少人数でするのが良いと思います。

 

帝王切開や、

  • ママ
  • 赤ちゃん

が退院していない場合は、

命名書だけを飾っておくのもいいと思います。

 

 

 

赤ちゃんの命名書とは?

赤ちゃんの命名書参照元:https://baby-happiness.com

 

赤ちゃんの命名書とは、

色々な思い込めた赤ちゃんの名前を、

色紙や半紙に書くというものです。

 

最近では、

命名書用のかわいい色紙や、

  • 名前
  • 日付

以外は元々書かれていて、

  • 赤ちゃんの名前
  • 赤ちゃんの生年月日

のみを記入すればいいとうような、

便利なものもあるので、

一度チェックしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんの命名書の書き方は?

赤ちゃんの命名書の書き方は?参照元:http://www.mizuhikiya.com/

 

命名書って作るのが、

とても難しそうですよね。

 

しかしそんなことはありません。

 

それでは、

一般的な命名書の書き方を、

2つご紹介します。

 

まず正式な命名書は、

奉書紙に名前を書きます。

 

奉書紙参照元:http://www.washi.jp/

 

一般的な書き方

①奉書紙を横に半分折って、

縦に三つ折りにします。

 

真ん中のところに、

パパの名前と続柄を記入します。

 

②赤ちゃんの名前と、

赤ちゃんの生年月日を書きます。

 

左側には命名日と、

名付け親の名前を書きます。

 

三つ折りにした、

表側に「命名」と書いて完成です。

 

 

略式の場合

右側に親の名前と、

赤ちゃんの続柄を書きます。

 

真ん中に少し小さめに「命名」と書き、

その下に大きく、

赤ちゃんの名前を書きます。

 

左側に赤ちゃんの生年月日を書きます。

 

書くときは緊張してしまいますが、

あまり緊張せずにリラックスして、

書くことがポイントです。

 

 

 

この記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(お祝いの関連記事)

 

 

 

あとがき

あとがき参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

お七夜や命名式を行っている方は、

昔に比べて少なくなってきていますが、

一生に一回のことなので、

是非行ってみるのもいいと思います。

 

最近では命名書を、

  • ベビー用品店
  • インターネットの通販

で、とてもかわいいデザインのものが

売られています。

 

全て手書きで書くのは大変だと言う人は、

この命名書のテンプレートを使う事を、

おすすめします。

 

今回は、お七夜のお祝いについて、

  1. 赤ちゃんのお七夜って?
  2. 赤ちゃんの命名式って?
  3. 赤ちゃんのお七夜・命名式の数え方は?
  4. 赤ちゃんの命名書とは?
  5. 赤ちゃんの命名書の書き方は?

を5つに分けてご紹介しました。

Sponsored Link