抱っこ紐の人気参照元:http://赤ちゃんのぐずり.net/

 

抱っこ紐をいざ購入するとなると、

やはり人気のデザインが良いですよね。

 

でも、どういったものが人気で、

どういう種類があるのか?気になりますよね。

 

また、新生児から使える抱っこ紐は、

あるのでしょうか?

 

そこで今回は、

  1. 抱っこ紐の3種類
  2. 新生児におすすめの抱っこ紐とは?
  3. 人気の抱っこ紐5選
  4. おすすめの抱っこ紐5選

を紹介します。

 

Sponsored Link

 

抱っこ紐にはどんな種類がある?

抱っこ紐には大きく分けて

  1. 横抱き
  2. 対面
  3. 前向き

3タイプあります。

 

まずは、抱っこ紐の種類について紹介します。

 

 

横抱きタイプ:抱っこ紐の種類1

抱っこ紐の人気参照元:https://hugooo.jp/

 

赤ちゃんを横向きに

抱っこできるタイプで、

新生児用のインサートがなくても、

使用できるタイプもあります。

 

寝かせたままの状態で

抱っこする事が出来るので、

首のすわっていない赤ちゃんにも、

負担が少ないと言われています。

 

 

対面タイプ:抱っこ紐の種類2

抱っこ紐の人気参照元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

 

縦抱きタイプで、

赤ちゃんと向かい合わせの状態で、

抱っこする事が出来ます。

 

ママやパパとの密着度が高く、

ママが抱っこした場合は、

お腹の中で聞いていた、

ママの心臓音が聞こえる為、

赤ちゃんがリラックスしやすいと言われています。

 

 

前向きタイプ:抱っこ紐の種類3

抱っこ紐の人気参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃんと抱っこする大人が、

同じ方向を見れるタイプです。

 

横抱きや対面と違って視界が広がり、

  • 前向きな性格
  • 好奇心が強い性格

なれると言われています。

 

こちらの抱き方は、

新生児に使用する際は、

インサートが必要です。

 

Sponsored Link

 

 

新生児にはどんな抱っこ紐がいい?

抱っこ紐の人気参照元:http://familyblog.shogakukan.co.jp/

 

では実際、新生児には、

どの様なタイプの抱っこ紐が

いいのでしょうか?

 

新生児は、

まだ首がすわっていないため、

首に負担のかからない、

横抱きがおすすめと言われています。

 

ただ横抱きは、

使える期間が短いデメリットがあります。

 

そこで最近では、

  • 横抱き
  • 縦抱き

などで使える、

スリングタイプの抱っこ紐が人気です。

 

スリングタイプで抱っこした場合は、

赤ちゃんの体勢が、

ママのお腹の中にいる時と同じになるので、

赤ちゃんが安心します。

 

肩こりがひどいママやパパには、

肩に負担が掛かり易い欠点があります。

 

Sponsored Link

 

 

抱っこ紐の人気は?

抱っこ紐の人気参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

抱っこ紐の種類は、

大きく分けて3種類でしたね。

 

続いては、人気の抱っこ紐を5つ紹介します。

 

 

エルゴベビー アダプトクールエアー:人気の抱っこ紐

人気の抱っこ紐は、

エルゴベビー アダプトクールエアー」です。

 

従来のエルゴでは、

新生児の時期に使用するときは、

別売りのインサートが必要でした。

 

しかし、このADAPTシリーズは、

インサートがなくても

新生児期から使えます

 

赤ちゃんの成長に合わせて、

調節ができます。

 

また、従来では出来なかった、

肩紐のクロス装着ができるため、

肩こりに悩むママやパパにも、

嬉しい設計になっています。

 

 

エルゴアダプト ニューモデル:人気の抱っこ紐

抱っこ紐で人気は、

エルゴアダプト ニューモデル」です。

 

赤ちゃんが座った時の姿勢に着目し、

人間工学に基づいて細かく計算して、

造られた抱っこ紐です。

 

こちらも先程紹介した、

クールエアーと同じアダプトシリーズなので、

インサート無しで、

新生児期から使用可能です。

 

 

napnap ベビーキャリア:人気の抱っこ紐

抱っこ紐で人気は、

napnap ベビーキャリア」です。

 

日本人の骨格にあわせて、

企画された抱っこ紐です。

 

海外の抱っこ紐は、

日本人の骨格にあっているのかな?

という不安を解消してくれます。

 

機能性にもすぐれていて、

ママやパパの肩腰の負担が少ないです。

 

また、小さく収納できたり

ファスナーでメッシュ部分の

開け閉めが出来るので、

赤ちゃんの体温調節も楽々できます。

 

こちらの新生児用パッドは、

別売りになっています。

 

 

ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル:人気の抱っこ紐

抱っこ紐で人気は、

ベビービョルン ベビーキャリア オリジナル」です。

 

0歳から1歳前半までの、

赤ちゃん専用の抱っこ紐です。

 

ヘッドサポートがあるので、

新生児期からインサート無しで使えます。

 

また、本体と肩紐部分がセパレートなので、

赤ちゃんが抱っこで寝てしまっても、

起こすことなく、

ベットに移動させられるそうです。

 

 

ベビービョルン Air+One:人気の抱っこ紐

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2017年最新★日本限定モデル】 ベビービョルン 抱っこ紐 ONE+Air 【…
価格:21600円(税込、送料無料) (2017/10/14時点)

抱っこ紐で人気は、

ベビービョルン Air+One」です。

 

3Dメッシュを使った、

通気性抜群の抱っこ紐です。

 

この一つがあれば、

  1. 新生児抱っこ
  2. 対面
  3. 前向き
  4. おんぶ

4種類の抱っこ方法が可能です。

 

また、新生児用のヘッドサポートは、

外側に折り返す事ができるので、

赤ちゃんの視界を妨げる事がありません。

 

 

 

抱っこ紐のおすすめは?

抱っこ紐の人気参照元:http://img20.shop-pro.jp/

 

抱っこ紐の人気はいかがでしたでしょうか?

 

人気の抱っこ紐なので、

ママ友と被ってしまう事も多いかと思います。

 

ここではそんなママに、

おすすめの抱っこ紐を5つ紹介します。

 

 

AKOAKOスリング:抱っこ紐のおすすめ

抱っこ紐でおすすめは、

AKOAKOスリング」です。

 

スリングタイプの抱っこ紐です。

 

ママやパパと密着して抱っこ出来るので、

赤ちゃんが安心出来る環境を、

作ってあげることができます

 

インサートは必要な内容ですが、

肩に負荷が掛からないように、

スリング用のインサートが販売されています。

 

 

キャリーミー!プラスBetta:抱っこ紐のおすすめ

抱っこ紐でおすすめは、

キャリーミー!プラスBetta」です。

 

こちらもスリングタイプの抱っこ紐です。

 

色やデザインが豊富で、

お洒落なデザインが揃っています。

 

このスリングでお出かけしたら、

毎回のお出かけが楽しくなりそうですね。

 

 

MiaMily HIPSTAR:抱っこ紐のおすすめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【正規品】 MiaMily (ミアミリー) HIPSTER PLUS ヒップスタ…
価格:28080円(税込、送料無料) (2017/10/14時点)

抱っこ紐でおすすめは、

MiaMily HIPSTAR」です。

 

腰紐部分に、ヒップベースがついた、

新しいタイプの抱っこ紐です。

 

赤ちゃんがヒップベースに、

座る形で抱っこが出来るので、

赤ちゃんも楽ちんですよね。

 

肩紐部分は、取り外しが出来るので、

抱っこ紐無しで、座り抱っこも可能です。

 

新生児用には、

別売りのインサートが必要です。

 

 

日本エイテックス サンクマニエルプレール:抱っこ紐のおすすめ

抱っこ紐のおすすめは、

日本エイテックス サンクマニエルプレール」です。

 

このひとつで、

横抱き縦抱きの両方ができる、

嬉しい企画の抱っこ紐です。

 

デザインもおしゃれで、

リピーターも多い抱っこ紐です。

 

 

Urban fun buddy buddy:抱っこ紐のおすすめ

抱っこ紐でおすすめは、

Urban fun buddy buddy」です。

 

こちらも、横抱き・縦抱き両方が出来る、

優れものタイプです。

 

背中のセーフティーボードは、

赤ちゃんの背中と腰をしっかり守ります

 

お腹のセーフティーベルトは、

赤ちゃんがずり落ちてしまう事を、

防止してくれます。

 

 

ジュポルトモンベベ:抱っこ紐のおすすめ

抱っこ紐でおすすめは、

ジュポルトモンベベ」です。

 

安全性にもすぐれているので、

パパもママも安心して使えて、

赤ちゃんが快適にすごせる工夫も

たくさんされています。

 

見た目もシンプルなので、

パパもママも使いやすい抱っこ紐ですよ。

 

0歳か使える抱っこ紐です。

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(ベビーグッズに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

抱っこ紐の人気参照元:https://img.millymilly.jp/

 

いかがでしたか?

 

赤ちゃんもママも心地よく

楽しくお出かけできるように、

皆さんに合った抱っこ紐が、

見つかるといいですね。

 

今回は、

  1. 3種類の抱っこ紐
  2. 新生児におすすめの抱っこ紐とは?
  3. 人気の抱っこ紐5選
  4. おすすめの抱っこ紐5選

を紹介しました。

 

Sponsored Link