バランスバイクの人気参照元:http://www.rangsjapan.co.jp/

 

現在の親である私達が小さい頃、

自転車の練習というと、

  • 四輪車
  • 三輪車

が主でしたよね。

 

しかし現在は、

バランスバイク(キックバイク)が

主流となってきています。

 

しかし使ったこともないし、

種類も豊富で何がどう違うのか?

選ぶのに迷ってしまいます。

 

そこで今回は、

バランスバイク(キックバイク)について、

  • バランスバイク(キックバイク)の使い方は?
  • バランスバイク(キックバイク)の選び方は?
  • バランスバイク(キックバイク)の人気は?
  • ストライダーなどおすすめのメーカーは?

4つに分けて紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物は?

バランスバイクの人気参照元:http://www.cycloch.net/

 

ここでは、

バランスバイク(キックバイク)の

使い方を紹介します。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物:動きやすい服装

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物は、

動きやすい服装」です。

 

バランスバイク(キックバイク)は、

運動することと同じです。

 

大きく足を動かして乗るので、

乗車時の足の動きや、

バランスバイク(キックバイク)に跨る際に、

洋服が邪魔して転倒しないように、

運動に適した洋服で乗車しましょう。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物:防具

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物は、

防具」です。

 

バランスバイク(キックバイク)は、

補助輪が付いていないため、

バランスを崩すと、

転倒する危険性があります。

 

安全に遊ぶために必ず、

  • ヘルメット
  • 膝あて
  • 肘あて(プロテクター)

を着用して下さい。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物:場所を選ぶ

バランスバイク(キックバイク)の使い方や準備物は、

場所を選ぶ事」です。

 

バランスバイク(キックバイク)は、

ランニングバイクという乗車おもちゃです。

 

  • 公道
  • 駐車場
  • 車両の往来する場所
  • 急な坂道
  • 階段やその付近、
  • 段差

などの転落する恐れのある場所などでは

使用しないで下さい。

 

バランスバイク(キックバイク)で遊ぶ際は、

平らで広い公園が最適です。

 

初心者や小さなお子様では、

転倒時の事を考慮して、

芝生などの柔らかい地面がお勧めです。

 

バランスバイク(キックバイク)の乗り方は、

大きな決まりはありません。

 

自転車にしっかり腰掛け、

地面を足で蹴って前に進むのみです。

 

始めはバランスをとる事が、

難しいかもしれませんが、

徐々に上手に乗れるようになっていきます。

 

 

 

慣れてきたら、緩い傾斜などを利用して、

少しずつ地面から、

足を離す練習をしてみましょう。

 

更にバランス感覚が養われて、

走るように上手な運転が出来てきます。

 

傾斜を利用する際に、

怪我をすることが多いので、

怪我をしないように、足を離す時間を、

少しずつ調整しながら行ってください。

 

子供が怖がっている場合は、

補助輪付きの自転車のように、

後ろでバランスバイク(キックバイク)を

支えてしまうと、

子供自体がバランス感覚を掴むのに、

時間がかかります。

 

自分でバランスをとってもらう為にも、

肩や腰付近を軽く、

支えてあげる程度にしましょう。

 

Sponsored Link

 

 

バランスバイク(キックバイク)の選び方は?

バランスバイクの人気参照元:http://sclbaby.jp/

 

バランスバイク(キックバイク)は、

店頭やネットで調べてみても、

種類が豊富でどれがいいか迷います。

 

  • 子供が好きなキャラクターで選ぶ
  • 一番売れている品物で選ぶ
  • お気に入りのブランドメーカーがある

など、選び方はご家庭で様々だと思います。

 

しかし実際に使用してみると、

  • 組み立てにくい
  • 使用しづらい
  • 意外と長持ちせずに壊れてしまった

などの失敗した例もあると思います。

 

そこで簡単な選び方を紹介します。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の選び方:サドルの最低位置

バランスバイク(キックバイク)の選び方は、

サドルの最低位置」です。

 

乗車の際に、

地面にしっかり足を、

つけなくてはいけません。

 

サドルが一番下の時の高さが、

約30cmであれば、

約85cmの身長の子供には、

ベストの高さです。

 

しかし身長が85cm以上ある子供は、

サドル高30cmだと低すぎますので、

少し高めの設定の商品がいいでしょう。

 

兄弟で乗るという場合には、

下の子に合わせてあげて下さいね。

 

一番は、実際に試乗して、

サドルの高さを確認するのが一番です。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の選び方:重量

バランスバイク(キックバイク)の選び方は、

重量」です。

 

2歳児などの幼い時期に使用する際は、

重すぎると動かしにくい場合があるので、

軽めのバランスバイクがお勧めです。

 

3歳児以上で、

ある程度の力や活発に乗りたい際は、

普通の自転車と同じように、

重さのある方が、

安定性や耐久性が増し

乗りやすい場合もあります。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の選び方:タイヤ

バランスバイク(キックバイク)の選び方は、

タイヤ」です。

 

タイヤは、

  • 樹脂製(EVA)
  • ゴム製

2種類があります。

 

樹脂製タイヤは、

多くのバランスバイク(キックバイク)に、

使用されています。

 

しかし、ゴム製タイヤより、

  • 振動の吸収力
  • グリップ力

が低いです。

 

路面状況によっては、

とても滑りやすくなるので、

スピードが出ている場合は、

注意して下さい。

 

タイヤがすり減り易くなっていますが

ゴム製のように、

タイヤのみの交換が出来ず、

ホイールを丸ごと交換する必要があります。

 

ゴム製タイヤは、

空気入りのタイヤで、

大人が使用している自転車と一緒です。

 

樹脂製タイヤと比較しても、

  • 振動の吸収性
  • グリップ力も強く
  • 滑りにくい

パンクのリスクもありますが、

タイヤのみの交換も可能です。

 

安全に長く乗りたい場合は、

ゴム製タイヤがお勧めです。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の選び方:ブレーキ

バランスバイク(キックバイク)の選び方は、

ブレーキ」です。

 

バランスバイク(キックバイク)を見ると、

ブレーキの有無がバラバラです。

 

バランスバイク(キックバイク)は、

公道を走ることがない事や、

足で止められる速度しか出ないため、

ブレーキの装備が必須ではありません。

 

ブレーキ付きのメリットとしては、

そのまま普通の自転車へ移行した際に、

ブレーキ操作が可能になることです。

 

ブレーキ付きを購入する際は、

タイヤの種類を注意して下さい。

 

上記のタイヤの種類でもあるように、

樹脂製タイヤはすり減りやすいです。

 

ブレーキ付きを検討する場合は、

ゴム製タイヤのバランスバイク(キックバイク)が最適です。

 

 

 

バランスバイク(キックバイク)の人気は?

バランスバイクの人気参照元:http://kintoregoods.net/

 

バランスバイク(キックバイク)の選び方や、

使い方はいかがでしたでしょうか?

 

続いては、

人気のバランスバイク(キックバイク)を紹介します。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の人気:ストライダー

人気のバランスバイク(キックバイク)は、

ストライダー」です。

 

バランスバイク(キックバイク)といえば、

やっぱりストライダーです。

 

価格は高めではありますが、

  • 安全性
  • 乗り心地の良さ

は定評があります。

 

カラーは、

  • レッド
  • グリーン

など、全7種類あり、

純正パーツも豊富で、

自分好みにカスタムできます。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の人気:RADIO FLYER

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラジオフライヤー#800 【GLIDE&GO バランスバイク】 自転車の…
価格:4800円(税込、送料別) (2017/9/10時点)

人気のバランスバイク(キックバイク)は、

RADIO FLYER#800」です。

 

価格はとてもリーズナブルで、

スタイリッシュなデザインが素敵です。

 

自転車のようにベルが付いていたり、

スチール製で約4kgと、

軽くできています。

 

調整可能なサドルや、

トレッド採用のタイヤなど、

機能面も充実しています。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の人気:SPARKY

人気のバランスバイク(キックバイク)は、

SPARKY」です。

 

SPARKEYは、

ブレーキ付きのバランスバイクです。

 

樹脂製のタイヤを使用しているので、

タイヤの交換や修理が、

自転車と同じようにする事が出来ます

 

工具なしでサドルの調整が可能で、

キックスタンドも標準装備されています。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の人気:enkeeo

人気のバランスバイク(キックバイク)は、

enkeeo」です。

 

品質を追求する人にお勧めできる商品です。

 

ベルとブレーキの

  • 有り
  • 無し

が選べます。

 

防錆炭素鋼で、

頑丈さに優れたハンドルバー、

輪郭加工のサドルシートは、

高さ調節が可能です。

 

組み立ても簡単にできます。

 

 

バランスバイク(キックバイク)の人気:kick Bike

人気のバランスバイク(キックバイク)は、

kick Bike」です。

 

ポップなカラーが全10色と、

多く揃っています。

 

価格が他のバランスバイクと比較しても、

低価格な設定となっています。

 

  • ブレーキ
  • キックスタンド

なども装備され、

フットレストタイプと、

機能面も充実しています。

 

Sponsored Link

 

 

ストライダーなどおすすめのメーカーは?

バランスバイクの人気参照元:https://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/

 

人気のバランスバイク(キックバイク)は、

いかがでしたでしょうか?

 

バランスバイク(キックバイク)のおすすめのメーカーを紹介します。

 

 

バランスバイク(キックバイク)のおすすめのメーカー:ストライダー

バランスバイク(キックバイク)の

おすすめのメーカーは、

STRIDER JAPAN」です。

 

ストライダーの事を、

バランスバイクだと思っている人も、

多いかと思いますが、

これはメーカー名です。

 

価格は、比較的高価ではありますが、

機能面やサポート面も充実しており、

安全性に優れたバランスバイクになっています。

 

 

バランスバイク(キックバイク)のおすすめのメーカー:ディーバー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料 46%OFF】【子供用自転車】 DEEPER ペダルなし自転車 DE…
価格:5800円(税込、送料無料) (2017/9/10時点)

バランスバイク(キックバイク)の

おすすめのメーカーは、

ディーバー」です。

 

こちらの商品は、

軽量車体となっています。

 

スタンドは基準装備されていませんが、

専用の置き型スタンドがあります。

 

組み立てが簡単で、

すぐに使用できます。

 

 

バランスバイク(キックバイク)のおすすめのメーカー:ラングス

バランスバイク(キックバイク)の

おすすめのメーカーは、

ラングス」です。

 

こちらの商品は、

ラングスジャパンが作っています。

 

イギリスの国旗デザインの、

おしゃれなバランスバイクです。

 

重量も約3kgと軽く、

小さな子供でも持ち運びが楽です。

 

 

バランスバイク(キックバイク)のおすすめのメーカー:HUMMER(ハマー)

バランスバイク(キックバイク)の

おすすめのメーカーは、

HUMMER(ハマー)」です。

 

自動車ブランドでも、

人気のHUMMERです。

 

そのブランドメーカーから販売される、

バランスバイク(キックバイク)です。

 

  • ハンドル
  • サドル

の高さが調整可能で、

安全性を考えて、

後ろブレーキを搭載しています。

 

専用のスタンド付きで、

デザインもカッコいいバランスバイクです。

 

 

バランスバイク(キックバイク)のおすすめのメーカー: ピープル

バランスバイク(キックバイク)の

おすすめのメーカーは、

ピープル」です。

 

よくCMや子供向け雑誌などで、

紹介されています。

 

ハンドルやサドルの高さは

調整可能で、

長く乗ることが出来ます。

 

また、

後からペダルを付けられるところが、

他とは違います。

 

ママキャッチハンドル」がついていて、

後ろから親がサポートできるように、

作られています。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(ママグッズの関連記事)

 

 

 

あとがき

バランスバイクの人気参照元:http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/

 

いかがでしたでしょうか?

 

子供へのプレゼントである、

バランスバイク(キックバイク)は、

  • 安心
  • 安全
  • 性能が良い物

を選びたいものです。

 

怪我がないように、

親子で楽しみながら、

バランスバイクが上手に乗れるように、

なるといいですね。

 

今回は、

バランスバイク(キックバイク)について、

  1. バランスバイク(キックバイク)の使い方は?
  2. バランスバイク(キックバイク)の選び方は?
  3. バランスバイク(キックバイク)の人気は?
  4. ストライダーなどおすすめのメーカーは?

4つに分けて紹介しました。

Sponsored Link