赤ちゃんの肌は卵肌で、

つるつるしているイメージがありますが、

実はとてもデリケートです。

 

ちょっとしたことで、

赤くなったり荒れてしまいます。

 

そこで今回は、赤ちゃんの気になる、

  • 湿疹の原因
  • 顔や全身のケアの方法

これらを紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの湿疹の原因は?

赤ちゃんの湿疹の原因は?

 

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄く、

肌を守る役目のバリア機能が弱い為、

様々な肌のトラブルが起こりやすい、

肌質をしています

 

では、赤ちゃんの肌トラブルには、

どのようなものがあるのでしょうか?

 

赤ちゃんの湿疹を2つ紹介します。

 

 

乳児湿疹

まず1つめは乳児湿疹です。

 

乳児湿疹とは、

新生児から乳幼児期にかけて、

顔や体の皮膚に表れる、

湿疹の総称のことです。

 

 

乳児アトピー

2つめは乳児アトピーです。

 

何らかのアレルゲンが原因で、

皮膚炎が起こるアトピー症状のことです。

 

湿疹が起こる原因は、

生後2~3カ月頃まで顔や頭の皮脂分泌が、

とても多く、

  • おでこ
  • 眉毛
  • 髪の生え際

湿疹ができやすくなります。

 

また、赤ちゃんはよだれが多くでたり、

ミルクを飲んでも吐き戻したりと、

どうしても口の周りにミルクやよだれが、

ついてしまうことが多いですよね。

 

ママのおっぱいやミルクには、

赤ちゃんに必要な栄養素が沢山あります。

 

その為、細菌も集まりやすく

繁殖して顔や頬の肌荒れに繋がります。

 

 

 

赤ちゃんの顔や全身に湿疹が出来る原因は?

赤ちゃんの顔や全身に湿疹が出来る原因は

 

赤ちゃんの顔や全身に湿疹が出来ると、

湿疹がすぐに治る赤ちゃんと、

湿疹が悪化してしまう赤ちゃんの、

2パターンに分かれます。

 

それでは、

何が原因で湿疹が出来てしまうのか?

4つ紹介していきます。

 

 

①アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、

等を中心に赤い湿疹が出来て、

かゆみを伴ってしまいます。

 

アトピー性の皮膚炎は、

何度も繰り返すことが特徴的です。

 

まだはっきりとは解明されていませんが、

生まれ持った体質が、

アレルゲンに触れることで、

引き起こす皮膚炎が原因と言われています。

 

アレルゲンとは、

  • 動物
  • ストレス
  • 食物アレルギー
  • ダニ
  • ハウスダスト

いくつもあり、

どれによってアレルギーが引き起こるかは、

もちろん異なってきます。

 

赤ちゃんは離乳食が始まっていなくても、

ママの食べた物が、

おっぱいの成分の基になるので、

それが原因で食物アレルギーを、

発症することがあります。

 

 

②新生児にきび

生後1週間~1ヶ月の間によく見られるのが、

新生児にきびです。

 

赤いぶつぶつが、

ほっぺやおでこ、そして全身に広がり、

真っ赤になる事があります。

 

この新生児にきびの原因は、

赤ちゃんは皮脂分泌がとても盛んなので

肌表面や毛穴に溜まることで、

引き起こされてしまいます。

 

また、外部の刺激等の炎症や、

赤ちゃんがひっかくことで、

ひどくなる事もあります。

 

 

③乳児脂漏性性湿疹

生後4カ月頃までに起こりやすいのが、

乳児脂漏性性湿疹です。

 

これは顔と頭に黄色いかさぶたや、

フケのようなものが見られます。

 

炎症を起こすと腫れあがったり、

患部が膿んだりすることがあります。

 

この原因は、新生児にきびと同じです。

 

 

④ママの食事が原因?

赤ちゃんの顔に湿疹が出来る理由は、

たくさん考えられますが、

その原因の一つにママの食事が考えられます

 

少量や適度に食べる分には構いませんが、

  • 脂分の多い揚げ物
  • 糖分の高いお菓子

これらをたくさん食べた後の母乳を、

赤ちゃんが飲むことになります。

 

パンや乳製品を沢山食べすぎても、

タンパク質が多くなり

湿疹となって現れることもあります。

 

ママも赤ちゃんの為に栄養バランスを考えて、

食事をするように気をつけましょう。

 

Sponsored Link

 

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分け方は?

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎は、

どちらも顔や全身に湿疹が出来ますが、

この2つは、

  • どのような違いがあるのか?
  • どうやって見分けるのか?

これらについて詳しく紹介していきます。

 

 

乳児湿疹とは?

赤ちゃんに湿疹が出来る原因の一つは乳児湿疹

参照元:http://kurashinoiro.c.blog.so-net.ne.jp/

 

乳児湿疹とは、

乳児の皮膚に起こる湿疹のことです。

 

赤ちゃんのデリケートな肌は、

環境や体質だけではなく、

  • おっぱい
  • ミルクのこぼし
  • 汚れ

これらが原因で、赤く乾燥し、

かゆみを伴った腫れに繋がります。

 

また、小さい水ぶくれが出来たり、

うろこ状のかさぶたが出来る事もあります。

 

生後2~3カ月は皮膚の脂肪分が多く、

にきびのように赤く腫れた湿疹が、

見られる事が多いですよ。

 

また、生後4~9カ月頃は、

乾燥が原因の湿疹ができ始めます。

 

かゆいので赤ちゃん自身がかきむしり、

雑菌が入り、化膿することもあります。

 

生後10カ月~1歳になってくると、

乳児湿疹は改善してきます。

 

まず乳児湿疹は治ることが大前提で、

  • 清潔に保つ
  • 保湿のケア

これらをしっかりとする事で、

長くても4週間程度で元の綺麗な状態に、

戻る可能性が非常に高でいすよ。

 

ただ、それでも長引く場合は、

すぐに小児科・皮膚科へかかりましょう。

 

 

アトピー性皮膚炎とは?

赤ちゃんに湿疹が出来る原因の一つはアトピー性皮膚炎

参照元:http://blogimg.goo.ne.jp/

 

アトピー性皮膚炎とは、

皮膚のアレルギー反応による、

炎症が原因で現れる湿疹のことで、

  • 耳のうしろ
  • ひじ
  • ひざの裏

これらの関節部分に強いかゆみを伴い、

時には皮膚が切れることがあります。

 

アトピー性皮膚炎は、

乳児湿疹と違い慢性的に起こり

良くなったり、悪くなったりを、

繰り返す特徴があります。

 

上記の二つは、

似通った点がたくさんあるため、

医師でも見分けることが難しいと、

言われています。

 

湿疹の期間が、

  • 乳幼児で2ヶ月以上
  • 乳幼児以外で6ヶ月以上

続くようでしたら、アトピー性皮膚炎と、

診断されるケースが多い様です。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの顔や全身の湿疹のケア方法は?

赤ちゃんに湿疹のケア方法

 

ママやパパからすると勿論、

赤ちゃんの顔や全身に出来てしまった湿疹を、

  • 少しでも早く治してあげたい!
  • きれいにしてあげたい!

と思いますよね。

 

それでは最後に、

自宅で出来る顔や全身のケアの方法を、

4つ紹介していきます。

 

 

①毎日お風呂に入れる

まず1つ目の自宅で出来るケア方法は、

毎日必ずお風呂に入れる事です。

 

赤ちゃんはとても汗っかきで、

汚れもつきやすい肌質ですよ。

 

毎日沐浴や入浴をする時に、

しっかり赤ちゃん用の石鹸を泡立てて、

優しく丁寧に洗いましょう。

 

すすぎは濡らしたガーゼで優しく拭き、

皮脂や汚れをしっかり落とします。

すすぎ残しに気を付けて下さいね!

 

また、かさぶた等がある場合は入浴前に、

ベビーオイルで患部をふやかしておくと、

かさぶたが取れやすくなります。

 

お風呂上がりには乾燥しやすいので、

  • ベビー用のローション
  • ベビー用の保湿クリーム

どちらかを塗ってあげましょう。

 

日中でも赤ちゃんが汗をかいたなと思ったら、

石鹸をつけずに、

さっとシャワーで流してあげましょう。

 

そしてシャワーの後には必ず、

保湿してあげてくださいね。

 

 

②洗濯用洗剤を見直す

2つ目の自宅で出来るケア方法は、

洗濯用洗剤を見直す事です。

 

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、

少しでも刺激を少なくし、

清潔に保つことがとても大切です。

 

赤ちゃん用の洗濯用洗剤や、

柔軟剤にも種類があるように、

今お使いの洗濯用洗剤が、

赤ちゃんの肌に合っていない事もあります。

 

 

③ママやパパの心配のしすぎ

3つ目の自宅で出来るケア方法は、

ママやパパが心配し過ぎない事です。

 

赤ちゃんの顔に湿疹が出来ると、

どうしても不安になりますよね。

 

その不安が赤ちゃんにも伝わり、

ストレスとなって、

症状が悪化する恐れもあります。

 

赤ちゃんは成長するにつれて、

皮膚も丈夫になっていくので、

あまり神経質になり過ぎずにいる事も、

大切なことです。

 

 

④症状を見てから受診する

4つ目は、症状を見てから、

医療機関で受診する事です。

 

  • 赤くはれあがっている
  • 膿が出てくる

小児科もしくは皮膚科を受診し、

処方された薬をつけ、

スキンケアを徹底しましょう。

 

 

(赤ちゃんの関連記事)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

お腹の中でママに、

大切に育てられた赤ちゃんは、

生きていくうえで、

大切な脂分を貯えて生まれてきます。

 

成長していくにつれて肌は強くなります。

 

しかし日頃から、

赤ちゃんの肌を保湿等のケアをして、

予防する事がとても大切ですよ。

 

今回は、赤ちゃんの気になる、

  • 湿疹の原因
  • 顔や全身のケアの方法

これらを紹介しました。

 

Sponsored Link