大切な可愛いと我が子と、

家族の思い出を沢山作っていきたい

 

しかし、

  • いつから飛行機に乗れるのか?
  • 料金は何歳から必要なのか?

不安になる方も多いのではないでしょうか。

 

そんなママやパパに、

少しでも参考になるように今回は、

  1. 赤ちゃんが飛行機に搭乗できる年齢
  2. 赤ちゃんの航空券の料金や座席について
  3. 搭乗前の準備

この3つを中心に紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから?

赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃんが飛行機に乗れる年齢を、

ANAとJALについて紹介していきます。

 

 

大手の航空会社である、

  • ANA
  • JAL

大人の同伴者が一人いれば生後8日からと、

早い時期から飛行機に乗る事ができます。

 

ただ生まれたばかりの赤ちゃんは、

免疫力も低く、何が起こるか分かりません。

 

小児科の病院で、

最低でも赤ちゃんの1ヶ月健診を終えてから、

飛行機に乗る事をおすすめしています。

 

 

 

飛行機で赤ちゃんの航空券の料金はかかる?

飛行機で赤ちゃんの料金参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃんの航空券の料金は何歳から必要か?

ANAとJALについて紹介していきます。

 

赤ちゃんの航空券の料金は、

航空会社によって基準が違うので、

その都度、事前に確認する必要があります。

 

大手の航空会社である、

  • ANA
  • JAL

同伴者と同じ席(膝の上)に座る場合は、

2歳まで航空券の料金は必要ありません。

 

しかし2歳以下の場合でも、

チャイルドシートなどを使用し、

飛行機の席を1つでも使用する場合は、

航空料金が必要となります。

 

 

ANAの場合

ANA

詳しくはANAのHPに記載があります。

ANAのHPはこちらをクリック。

 

 

JALの場合

JAL

 

詳しくはJALのHPに記載してあります。

JALのHPはこちらをクリック。

 

1つの座席を使用しない赤ちゃんが、

飛行機に乗る場合でも搭乗券の発行は、

しなければならないので、

事前に航空会社に問い合わせましょう

 

Sponsored Link

 

 

飛行機で赤ちゃんの座席はどうすればいいの?

飛行機で赤ちゃんの座席参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

ANAとJALに搭乗する際の、

飛行機での赤ちゃんの座席について、

3つ紹介します。

①赤ちゃんの座席を指定する

赤ちゃんが快適に過ごせるように事前に、

座席の指定をしておく事ができます。

 

その場合は、

  • 移動しやすい
  • 座席を立ちやすい
  • 客室乗務員に助けてもらいやすい

以上の3つの理由から、

  1. 前方の席
  2. 通路側の席

この2か所の席がおすすめですよ。

 

 

②バシネットを無料で借りる

赤ちゃんが快適に過ごせるように事前に、

バシネットを無料で借りる事が出来ます。

 

バシネットとは、簡単に言うと、

赤ちゃん専用のベッドの事です。

 

ANAの場合

座席を使用しない赤ちゃんが、

ANAに搭乗する際のバシネットは、

体重10kg迄であれば、

無料で貸し出しをしてくれますよ。

 

JALの場合

座席を使用しない赤ちゃんが、

JALに搭乗する際のバシネットは、

国内線では貸し出しをしていません。

 

国際線であれば、

  1. 2歳以下
  2. 体重10.5kg迄

この2つの条件が満たしていれば、

無料で貸し出しが可能ですよ。

 

 

③チャイルドシートは必須

飛行機での赤ちゃんの座席には、

チャイルドシートが必須になります。

 

ANAの場合

座席を使用する赤ちゃんには、

チャイルドシートの装着が、

義務づけられています。

  • 国内線
  • 国際線

どちらともチャイルドシートの、

貸し出しを実施しておりません。

 

つまりご自身での持ち込みが必要です。

 

JALの場合

3歳未満で座席を予約した赤ちゃんに、

  • 国内線
  • 国際線

どちらでも無料でチャイルドシートの、

貸し出しをしてくれますよ。

 

チャイルドシートを利用希望の際は、

JALの方が手荷物が少なくて済み、

便利かも知れませんね。

 

 

 

飛行機でのおむつ交換はどうすればいいの?

飛行機でのおむつ交換参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

続いては、

飛行機でのおむつ交換について紹介します。

 

赤ちゃんの紙おむつは、航空会社によって、

用意されている場合もあります。

 

但し、注意点としては、

  1. 普段のサイズと違う
  2. 数量に限りがある

これらをあてにするのではなく

ご自身で必要最低限は用意して、

搭乗するようにしましょう。

 

また、飛行機の中にはおむつ交換台が、

設置されているトイレがあります。

 

ただし、通常の機内にある、

トイレの使用方法と同じで、

シートベルトの着用のサインが、

ついている場合は、その間は、

トイレを使用する事ができませんので、

ご注意下さいね。

 

飛行の状態や天候により、

座席を離れれない状態もあるので、

シールとベルトの着用サインが消えた時に、

こまめにおむつ替えをする事を、

おすすめします!

 

交換したおむつを捨てる専用のごみ箱が、

設置されている場合もありますが、

念の為に前もって航空会社に確認し、

もしもの時の為にビニール袋を持参し、

持ち帰れるようにしておきましょう。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんを飛行機に乗せる前の準備は?

赤ちゃんを飛行機に乗せる前の準備参照元:https://moomii.jp/

 

赤ちゃんを飛行機に乗せる際は、

準備が何よりも大切です!

 

 

最後に、赤ちゃんを飛行機に乗せる前の、

準備について4つ紹介します。

 

 

事前準備1:状態や年齢を伝える

1つめの赤ちゃんを飛行機に乗せる準備は、

搭乗する航空会社に赤ちゃんの状態や、

年齢を伝えるという事です。

 

可能ならば、ネットで予約するよりも、

電話で予約した方が細かく伝えれるので、

電話予約をおすすめしますよ。

 

 

事前準備2:赤ちゃん専用座席の確認

2つめの赤ちゃんを飛行機に乗せる準備は、

  • バシネット
  • チャイルドシート

必ず確認する事です。

 

また、

  1. 有料になるのか?
  2. ご自身で機内持ち込みなのか?

この2点についても忘れずに確認し、

必要であれば用意しておきましょう。

 

 

事前準備3:赤ちゃんのおもちゃを用意

3つめの赤ちゃんを飛行機に乗せる準備は、

赤ちゃんのおもちゃを用意する事です。

 

赤ちゃんが飛行機で退屈しないように、

普段から使っているおもちゃを用意して、

グズった時の対策をしておきましょう。

 

 

事前準備4:おむつ・粉ミルク・着替えの用意

4つめの赤ちゃんを飛行機に乗せる準備は、

  1. おむつ
  2. 粉ミルク
  3. 着替え

最低でもこの3つは用意する事です。

 

ただし、赤ちゃんには必須の持ち物ですが、

量があまりにもあると手荷物として、

機内に持ち込めない場合もあるので、

必要最小限の物を用意しましょう。

 

また、下記の記事で詳しく掲載しております。

(赤ちゃんの飛行機内の関連記事)

赤ちゃんの飛行機での注意点・事前の準備について

 

 

 

(赤ちゃんのお出かけ時の関連記事)

 

 

まとめ

赤ちゃんを飛行機に乗せる前の準備参照元:http://grapee.jp/

 

いかがでしたでしょうか?

 

実家への帰省や、旅行などで、

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る家族も、

沢山増えてきています。

 

赤ちゃんと飛行機に乗ると決まれば、

心配事がとても多くなりますが、

事前準備をしっかりしていれば、

上手く乗り切れる事ができます。

 

そして、ママやパパにもストレスが、

かからない楽しい旅にして下さいね。

 

今回は、

  1. 赤ちゃんが飛行機に搭乗できる年齢
  2. 赤ちゃんの航空券の料金や座席について
  3. 搭乗前の準備

この3つを中心に紹介しました。

 

Sponsored Link