幼稚園参照元:https://papimami.jp/

 

子供が幼稚園に行く年齢に近づいてくると、

どこの幼稚園にするかとても迷いますよね。

 

幼稚園選びに関して、

  • 「家から近くで通園しやすい場所が良い」
  • 「園の方針や活動内容を重視したい」

などご家庭によって様々です。

 

親としては子供が通う場所が、

入園前にどんな幼稚園なのかを、

知っておきたいと思います

 

そんな中、幼稚園によっては、

プレ幼稚園(保育園)と呼ばれる、

体験入園を行っている場所もあります。

 

そこで今回は、

プレ幼稚園(保育園)について、

  • プレ幼稚園(保育園)とは?
  • プレ幼稚園(保育園)の時期はいつから?
  • プレ幼稚園(保育園)の服装は?
  • プレ幼稚園(保育園)に行くとどんなメリットがあるの?

を4つにわけて紹介します。

 

Sponsored Link

 

プレ幼稚園(保育園)とは?

プレ幼稚園参照元:http://takenaka.ed.jp/

 

よく耳にする、

プレ幼稚園(保育園)を紹介します。

 

プレ幼稚園(保育園)とは、

幼稚園入園前の親子を対象とした、

体験入園期間のことです。

 

幼稚園は、

  • 2年保育
  • 3年保育

があり、通常は本入園の

1年前から始まるのが、

プレ幼稚園(保育園)」です。

 

また、幼稚園によっては、

プレ幼稚園の他にも、

  • 「プレ保育」
  • 「未就園児クラス」

などと呼ばれることもあります。

 

近年では本入園の2学年下から、

プレ幼稚園(保育)を、

早期導入している園もあるようです。

 

 

 

プレ幼稚園(保育園)の時期はいつから?

プレ幼稚園参照元:http://stat.ameba.jp/

 

プレ幼稚園(保育園)の時期は、

いつからなのかを紹介します。

 

 

2年保育

子供が、

4歳児になる年(その年に満4歳)の

春からプレ幼稚園に行く事ができます。

 

 

3年保育

3歳児になる年(その年に満3歳)の

春からプレ幼稚園に行く事ができます。

 

 

プレ幼稚園の応募は?

応募は幼稚園入園(10-11月)と、

同時期に募集を開始している、

幼稚園が多いようです。

 

他にも年末年始あたりから、

募集開始という幼稚園もあるので、

半年前から気になる幼稚園の

情報収集を始めましょう。

 

募集の早い所では夏休み前から、

  • 入園説明会
  • 見学会

などを開催している所もあります。

 

調べ方としては、

  • 幼稚園に問い合わせをする
  • ホームページを定期的に見る

など、こまめにチェックしておくと、

良いでしょう。

 

また場所によっては、

  • 途中入園
  • 2学期から追加入園

などを募集している所もあるようです。

 

Sponsored Link

 

 

プレ幼稚園(保育園)の服装は?

プレ幼稚園参照元:https://chiik.jp/

 

制服がある幼稚園は、

プレ幼稚園(保育園)がスタートする時期から、

制服が必要な所もあります。

 

その際は指定の制服の他にも、

  • 靴(上履き)
  • 帽子
  • 体操着

なども全て購入する必要があるので、

  • 説明会
  • 見学時

などに確認しておくと良いでしょう。

 

制服がない幼稚園では、

私服登園になりますので、

  • 動きやすい
  • 汚れてもいい

服装で通園しましょう。

 

上履きなどの指定がなく、

室内では裸足で活動する幼稚園も、

あるようです。

 

しかし、上履きが必要な場合は、

スリッパなどの脱げやすい履物は、

転びやすくて怪我に繋がることも、

あるので注意が必要です。

 

また、プレ幼稚園(保育)では、

親も一緒に登園するケースが多いので、

親も子供同様に動きやすくて、

踵のある上履きがおすすめです。

 

また入園後も、

上履きが必要な場面があるので、

  • 荷物になりにくい
  • コンパクトで使いやすい

履物が人気です。

 

 

 

プレ幼稚園(保育園)の費用はどのくらいかかるの?

プレ幼稚園(保育園)参照元:http://mom-nico.biz/

 

プレ幼稚園(保育園)とは、

どういったものかを、

ご理解頂けたと思います。

 

次はプレ幼稚園(保育園)の費用も、

気になりますよね。

 

プレ幼稚園(保育園)では、

  • 私立
  • 公立
  • 園の方針

でかかる費用は異なってきます。

 

 

プレ幼稚園(保育園)の申し込み費用:入園料や入室料

プレ幼稚園(保育園)の申し込み費用は、

入園料や入室料」です。

 

プレ幼稚園(保育園)の申し込み費用は、

10000円~30000円程度の所が多いようです。

 

他にも、無料~50,000円など、

園によって違います。

 

 

プレ幼稚園(保育園)の費用:保育料

プレ幼稚園(保育園)にかかる費用は、

保育料」です。

 

保育料(月謝)は、

無料~20000円程度のところが多いです。

 

プレ幼稚園(保育園)では、

週1~2回がほとんどですが、

  • 月に2~3回
  • 週に5回

など通園回数が異なります。

 

細かいは内訳や追加の保育料は?

内訳は下記の通りです。

  1. 実費:一日500円~2000円程度
  2. 昼食代:500円~2000円程度
  3. バス代:2000円~5000円程度(バス通園を行う児童は必要となる)
  4. 保険料:2000円程度

幼稚園によっては、

  • 冷暖房費
  • 清掃費
  • 絵本代

などが含まれてくる場合もあります。

 

また、制服が決められている場合は、

  • 制服
  • 体操着
  • スモック
  • 名札
  • 水着

など必要になってくる場合があります。

 

プレ幼稚園(保育園)の費用は、

1日500円~1,000円のところから、

月々50,000円以上もする高額な所など、

園の方針によって様々です。

 

高額な費用の場合はお住まいの、、

  • 地域
  • 自治体

によって補助金がもらえたり、

兄弟が通園している場合は

兄弟減額を行っている幼稚園もあるので、

ぜひ確認してみてください。

 

Sponsored Link

 

 

プレ幼稚園(保育園)に行くとどんなメリットがあるの?

プレ幼稚園(保育園)参照元:https://chiik.jp/

 

プレ幼稚園(保育園)に行くと、

どんなメリットがあるのでしょうか?

 

 

事前に幼稚園での生活を体験できる:プレ幼稚園(保育園)のメリット

プレ幼稚園(保育園)のメリットは、

事前に幼稚園での生活を体験できる

という事です。

 

見学や説明会では、

園の概要や方針などを知ることができます。

 

しかし、子供にあっている、

  • 環境
  • 雰囲気

などまで、感じ取ることは中々難しいです。

 

幼稚園に入園して楽しそうにしている、

子供の姿をみれば親も安心します。

 

しかし万が一、

自分の子供には合わないと感じた場合は、

通っている園を辞めて、

他のプレ幼稚園(保育園)に、

  • 途中入園
  • 追加入園

することができます。

 

また中には、

月に1回のプレ幼稚園(保育園)の所もあり、

複数のプレ幼稚園(保育)に、

通わせているご家庭もあります。

 

 

家庭では出来ないことを体験ができる:プレ幼稚園(保育園)のメリット

プレ幼稚園(保育園)のメリットは、

家庭では出来ないことを体験ができる

という事です。

 

プレ幼稚園(保育園)は、

家庭で出来ないことが、

体験できるところも魅力のひとつです。

 

季節ごとの行事を楽しむことができたり、

園によっては、

  • リトミック
  • 体操
  • 英会話
  • スイミング

などを取り入れている所もあります。

 

その中で親子共に仲の良い友達ができたり、

子供は集団生活の中で、

協調性を養っていくことができます。

 

 

入園が優先されることがある:プレ幼稚園(保育園)のメリット

プレ幼稚園(保育園)のメリットは、

入園が優先されることがある」という事です。

 

幼稚園では、プレ幼稚園(保育園)枠と、

兄弟枠で入園者数がほぼ埋まってしまう

ところもあります。

 

その為、自分の子供に行かせたいと、

希望する幼稚園がある場合は、

プレ幼稚園(保育園)から、

通わせている親も多いようです。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(1~3歳児の子育ての関連記事)

 

 

 

あとがき

プレ幼稚園(保育園)参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

いかがでしたでしょうか?

 

プレ幼稚園(保育園)は、

幼稚園全体が行っているわけではなく、

実施していない幼稚園もあるので、

事前に幼稚園に確認が必要です。

 

また、最近では、

プレ幼稚園(保育園)の人気が高く、

プレ幼稚園(保育園)から

倍率が高くて入園できなかった。

という所もあるようです。

 

人気のプレ幼稚園(保育)に、

入園できなかった場合も考えて、

別のプレ幼稚園を複数探したり、

本入園に備えて情報収集を行なったりしましょう。

 

  • 子供

にとって安心して楽しく通園できる、

プレ幼稚園(保育)がみつかるといいですね。

 

今回は、プレ幼稚園(保育園)について、

  • プレ幼稚園(保育園)とは?
  • プレ幼稚園(保育園)の時期はいつから?
  • プレ幼稚園(保育園)の服装は?
  • プレ幼稚園(保育園)に行くとどんなメリットがあるの?

を4つにわけて紹介しました。

Sponsored Link