初めての出産は、

なにかと不安な事が多いですよね。

 

不安な要素の一つに、

出産の費用が無い、足りない」と、

言われる方も少なくないです。

 

そういった方には助成制度を活用して、

自己負担額を減らし、

費用を抑えて出産できる方法があります。

 

今回は、出産費用がない状態でも、

安心して出産できる助成制度を、

紹介します。

 

Sponsored Link

出産から退院までの費用の平均と内訳は?

出産に費用が掛かるのは、

勿論知っているけど、

実際、何にどれ位の費用が、

掛かるか分からないので、

すごく不安という声もよく聞きます。

 

それでは具体的に出産費用が掛かる内容を、

大きく3つに分けて紹介していきます。

 

 

出産に掛かる健診(けんしん)費用

まず一つ目の出産に掛かる費用は、

初診から母子手帳を貰うまでの、

健診費用になります。

 

自己負担が発生する期間は約1週間程度で、

通院は平均3回が必要です。

 

初診に掛かる金額は、

約15,000円ほどになります。

 

また病院によっては、

血液検査を実施する場合があります。

その時は約20,000円を超える時があります。

 

病院によって健診料金はまちまちなので、

健診費用として約25,000円程、

財布に入っていれば大丈夫でしょう。

 

産婦人科にて赤ちゃんの心拍が確認され、

近くの役所や役場に妊娠届を提出すると、

母子手帳と妊婦健診補助券をもらえます。

 

この補助券は健診費用の一部を、

負担してくれるクーポンの様な物です。

 

この母子手帳と補助券交付後の健診時は、

無料になる事が多いです。

 

私の場合は、

特別な検査なども必要無かったので、

毎回無料でした!

 

もし健診費用が発生したとしても、

約5,000円程度だといわれております。

 

また、定期妊婦検診は、

通常14回程必要になってくるので、

必ず母子手帳と共に持参しておきましょう。

 

通院する病院によっても異なりますが、

初診から出産前までの健診費の平均は、

大体5万円と言われています。

 

 

出産に掛かる入院準備費用

参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

続いての出産に掛かる費用は、

入院準備費用です。

 

妊娠中は出産に向けて、

気付かない内にどんどんと、

お腹が大きくなるものです。

 

お腹が大きくなり動きづらくなる前に、

  • マタニティ下着
  • パジャマ
  • 腹帯
  • つわり対策グッズ
  • サプリ
  • 抱きまくらなど

を、購入しておく事をおすすめします。

 

購入するショップにより左右はしますが、

平均で5~8万円と言われています。

 

 

出産(分娩・入院・新生児管理保管)に掛かる費用

最後の出産に掛かる費用は、

分娩・入院・新生児管理保管です。

 

これは病院に問い合わせをしても、

「正確な金額はわかりませんが・・・」と、

はっきりとした金額を提示してくれる事は、

ほとんどありません。

 

なぜなら、分娩する産院や処置によって、

金額が大きく異なってくるからです。

 

 

・分娩費用

出産に掛かる分娩費用は、

手術や介助(かいじょ)にかかる費用です。

 

土曜日や夜間の時間帯は、

平日の通常料金よりやや金額が、

高めの設定になっています。

 

自然分娩での出産は、

健康保険が適用されず全額自己負担となり、

平均金額は15万円~25万円と言われています。

参照元:http://www.nikkei.com/

 

・入院費用

出産に掛かる入院費用には、

主に部屋代金と食事代金が掛かります。

 

利用する病院にもよりますが、

部屋の使用料金は、

1泊15,000円~35,000円程です。

 

大部屋ではなく、

個室や二人部屋を希望すると、

1泊20,000円~45,000円程になります。

 

また入院期間の平均は5~7日なので、

出産に掛かる入院費用の平均は、

7万円~15万円程になります。

 

 

・新生児管理保管費用

出産に掛かる費用で、

出産後に新生児管理保管費用と、

いうものがあります。

 

これは生まれたばかりの赤ちゃんを、

保育するための費用で、

赤ちゃんの入院費だと思って下さい。

 

平均で5万円ほどかかります。

 

内訳は大体ご理解頂けましたでしょうか?

妊娠初期から退院まで、

出産にかかる費用の平均は「56万円」だと、

言われています。

 

最も平均金額が高い東京都では、

58万円と言われており、

地域や病院によって異なってきます。

 

「我が家に、そんな費用は・・・・」

そういうご夫婦もこのご時世、

多いのではないでしょうか?

 

しかし、ご安心下さい!

出産後に申請できる、

公的な助成制度があります。

 

簡単にいうと、出産後に支払う費用を、

一部補てんしてくれたり、

補助してくれたりと、

自己負担額を抑える事ができます。

Sponsored Link

 

出産に関わる公的な助成制度とは?

参照元http://www.ikuhaku.com/

続いての出産費用に関わる内容は、

公的な助成制度についてです。

 

出産にかかる費用は、

健康保険に加入していれば、

費用の一部を補てんしてくれたり、

支給してくれたりと、

嬉しい特典があります。

 

まずは出産育児一時金という、

公的補助制度について説明致します。

 

 

公的補助制度の出産育児一時金とは?

出産後に全国健康保険協会(協会けんぽ)に、

申請してから、一児につき42万円の金額を、

約2週間~8週間以内に受け取る事ができます

 

双子の場合は、勿論その倍の、

42万円×2児=84万円を、

受け取る事が出来るありがたい制度です。

 

しかし、下記のケースの場合は、

支給条件が多少異なってきます。

  • 在胎週数が22週以内での出産
  • 産科医療補償制度のある病院
  • 自宅出産
  • 海外での出産

一児につき39万円と金額がやや減少します。

 

ただこの一時金はあくまでも、

出産後に受け取れる公的補助制度の為、

出産費用に関しては一時的に立替え、

支払う必要があります。

 

その為、両親や親戚に出産費用を、

立替えて貰って支払いをする人も、

少なくはありません。

 

しかし中には、

立替えるのも難しい」という方も、

いらっしゃるのが現実です。

 

立替えが難しいという方には、

国の新しい制度が導入され、

立替える必要ですら無くなります。

 

それは「出産一時金直接支払制度」と、

いう新しい制度のことです。

 

 

公的補助制度の出産一時金直接支払制度とは?

出産費用に関わる公的補助の、

出産一時金直接支払い制度とは、

平成21年10月から開始された内容です。

 

それは、協会けんぽから出産一時金が、

出産する病院に直接支払われるので、

出産費用を立替えなくて済みます

 

 

ただ、42万円を超えた出産費用に関しては、

その差額を支払わなくてはなりません。

 

例えば、

分娩・入院費用が45万円の場合は、

42万円の出産一時金を差し引いた、

3万円の自己負担額があります。

 

この支払い差額の自己負担が発生した場合は、

当然病院に出産費用を支払う必要があります。

 

しかし、出産準備や赤ちゃんの、

必要な物の購入で出費が多く、

差額でも苦しい」という方も、

いらっしゃいますよね。

 

そんな方の為に、この差額分の支払いを、

楽に出来る方法があります。

 

 

出産費用の差額の自己負担額を楽に出来る2つの方法は?


参照元:http://sekisuihouse02.cocolog-nifty.com/

出産費用というのは、

ほとんどの病院が退院の当日に、

その費用を支払わなくてはいけません

 

しかしながら個室を指定したり、

何か理由があって入院日数が伸びると、

この差額の自己負担額も大きくなります。

 

そんな時に自己負担額の支払いを、

楽に出来る2つの方法を紹介しますね。

 

 

クレジットカードを利用する

出産費用の自己負担額を、

楽に出来る1つ目の方法は、

出産費用のまとまった支払いを、

クレジットカード払いにします。

 

実際にクレジットカード払いを、

対応が出来る病院が増えてきております。

 

また一括払いではなく、

分割支払いの受付けをしてくれる、

病院がほとんどです。

 

ご不安な方は事前に、

出産される病院に直接、

問い合わせされる事をお勧めします。

 

 

生活福祉資金貸付制度

出産費用の自己負担額を、

楽に出来る2つ目の方法は、

生活福祉資金貸付制度です。

 

経済的な理由で、

出産費用の支払いができない方に、

助産施設として認可されている、

病院での出産費用を助けてくれます。

 

しかし助成を受けるには、

所得の制限がありますので、詳しくは、

最寄りの福祉事務所へ相談してみて下さい。

 

経済的な不安を無くし、

安心して出産に臨む為にも、

これらの助成制度を知り、

可能ならば活用するようにして下さい。

 

 

公的補助制度の申請方法や手続きについて紹介!

参照元:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

出産育児一時金と、

出産一時金直接支払制度の、

申請方法や手続きについて、

詳しく紹介していきます。

 

これはお父さんお母さんの、

現在の職業や状態によって、

異なりますので注意して下さいね。

 

 

出産育児一時金について

先ほど紹介した一児につき、

42万円が支給される申請方法です。

 

下記に簡単にまとめてみましたので、

是非ご参考にして下さい。

 

・ママが専業主婦で、パパが会社員や公務員の場合

こちらの公的補助の申請方法は、

ママが専業主婦もしくは、

会社をやめて半年以上経過している時です。

 

この場合は、

パパの加入している健康保険への、

申請手続きとなります。

 

まずは職場の健康保険窓口へ、

確認してみて下さい。

 

 

・ママが会社員や行員の場合

こちらの公的補助の申請方法は、

ママが会社員で、

産休中もしくは会社を退職してから、

半年以内の時です。

 

ママの勤務先の健康保険担当の、

窓口へ申請して下さい。

 

 

・ママが自営業の場合

こちらの公的補助の申請方法は、

ママが自営業の時です。

 

この場合は、

加入の保険が国民健康保険となりますので、

住民票がある市役所へ申請して下さい。

 

 

・ママが専業主婦で、パパが自営業の場合

こちらの公的補助の申請方法は、

ママが専業主婦もしくは、

会社をやめて半年以上経過し、

パパが自営業の時です。

 

この場合は、

加入の保険が国民健康保険なので、

住民票がある市役所へ申請しましょう。

 

 

上記以外でも、病院によっては、

病院の窓口に提出すれば、

手続きをして頂ける所もあります。

 

出産される病院に、

確認してみるのも良いかも知れません。

 

 

出産一時金直接支払制度について

続いても先ほど紹介しました、

出産費用の上限42万円まで、

直接病院へ支払いをしてくれる、

制度の申請方法についてです。

 

出産一時金直接支払制度については、

病院で手続きをすることが大半です。

 

またこの制度については、

病院から説明がある事が多いですが、

対応していない病院も中にはあるので、

健診より前に事前に確認しておきましょう。

 

Sponsored Link

自然分娩以外のケースで気を付ける事は?

参照元:http://blog-imgs-91.fc2.com/

 

これまではあくまでも、

自然分娩で生まれた場合について、

紹介してきました。

 

しかし出産には様々な思いがけない事も、

充分に起こりえると、

事前に理解しておいた方が良いですよ。

 

 

帝王切開

自然分娩以外の出産方法は、

帝王切開です。

 

下記ケースが帝王切開になる事例です。

  • 双子
  • 母体合併症
  • 感染症
  • 逆子や巨大児など
  • 予定日を大幅に超過
  • 早産
  • 胎児の状態が良くない

など、緊急を要する際が大半ですね。

 

また、帝王切開の出産費用は、

手術代を含めて平均「22万円」です。

 

勿論入院の期間も2倍程長くなるので、

入院費も通常の「2倍」発生します。

 

 

早産、切迫早産

続いての自然分娩以外の出産方法は、

早産または切迫早産についてです。

 

まず切迫早産とは、

赤ちゃんが妊娠22週~36週で、

出産しそうな状態の事を指します。

 

出産に向けて順調に進んでいると思いきや、

検診にいくと子宮口が開きすぎていて、

即入院!という事もありますよ。

 

「先週までは順調だったのに・・・」と、

そういったこともよく起こります。

 

費用は、治療費や入院費など、

「1日約1万円」が目安で発生します。

 

 

帝王切開、早産、切迫早産の場合、

勿論、「出産育児一時金」だけでは、

まかない切れません。

 

このような状態になった時は、

下記の2点をおすすめ致します。

 

 

高額医療費制度を申請

出産費用の自己負担額が、

高額になってしまった場合、

高額医療制度を活用する事で、

自己負担限度額を超えた額が、

払い戻されます

 

但しこの制度は世帯主の収入によって、

限度額が変わる条件になっています。

 

一般的には、5万円~8万円程度の、

自己負担額ぐらいになると言われています。

 

 

民間の医療保険を確認

続いての出産費用の自己負担額が、

高額になってしまった場合は、

妊娠前に医療保険に加入していれば、

日額で数千円~数万円の保険が、

支給されます。

 

一度、保険証券を確認し、

問い合わせをしてみて下さい。

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたでしょうか?

出産費用に不安がある場合、

安心して出産する為の公的助成制度など、

お分かり頂けましたでしょうか?

 

妊娠中はもちろんのこと、

出産、出産後など考える事が、

いっぱいですよね。

 

しかし、

こういった助成制度を知る事により、

気持ちも楽になり安心して、

出産を迎える事ができますね。

 

今回は、出産費用が無くても、

安心して出産できる助成制度を、

紹介しました。

Sponsored Link