結婚生活参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

大好きな人とのご縁に恵まれ、

幸せな結婚生活を送っていると、

次に頭に思い浮かんでくるのは、

大好きな人との「子供」ですね。

 

しかしいざ子作りをスタートしても、

なかなか子供ができない。

 

もしかすると自分はもう、

子供ができないのではないか?と、

悩んでしまう方も多いと思います。

 

そこで今回は、

 

  • 不妊治療でかかる費用の平均は?
  • 不妊検査にかかる費用の平均は?
  • 不妊治療でかかる期間の平均は?
  • 不妊治療の助成金ってあるの?

4つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

不妊治療でかかる費用の平均は?

不妊治療参照元:http://ninkatu-angel.com/

 

不妊治療は相当な費用がかかる。と思う、

ママやパパも少なくないかと思います。

 

それでは実際に不妊治療に、

かかる費用の平均は、

いくらぐらいなのでしょうか?

 

「不妊治療」と言っても治療方法は様々で、

治療方法によっても金額は変わってきます

 

 

一般不妊治療の費用

  • タイミング法:2,000円~
  • 自然排卵:6,500円~
  • クロミッド+hCG療法:7,000円~
  • hMG周期+hCG療法:10,000円~
  • 人工授精:15,000円~

 

 

高度不妊治療の費用

  • 体外受精:30万円~
  • 顕微授精:35万円~
  • DOST法:60,000円~

 

 

一般不妊治療においては、

保険が適用されることの方が多いので、

比較的安価で治療が行えます。

 

しかし、高度不妊治療になると、

ほぼ保険適用外になり実費負担になります。

 

 

 

不妊検査にかかる費用の平均は?

不妊治療参照元:https://funin-info.net

 

不妊治療をする前には、

不妊かどうかを見る検査を行います。

 

それでは不妊検査にかかる、

費用の平均を紹介します。

 

  • カウンセリング:1,000円程度
  • 血液検査・ホルモン検査:5,000円~20,000円程度
  • 卵管検査:8,000円程度
  • 精子検査:3,000円程度

膣内に器具を入れての特別な検査になると、

  • 超音波検査:1,500円~3,000円程度
  • 頸管粘液検査:500円程度
  • 月経検査:4,500円程度
  • 卵管造営検査:6,000円程度

などの費用が掛かります。

 

以上のことから、

大体の平均は検査だけだと、

1万円前後のようです。

 

Sponsored Link

 

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額は?

不妊治療でかかった費用参照元:http://hermitage-acu.net/

 

それでは実際に、

不妊治療を行われた方々の金額を、

5人紹介致します。

 

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額1

Aさん(顕微授精):「総額300,000円」

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額は、

「総額30万円」です。

 

内訳

  • 採卵:12万円
  • 顕微授精基本費用:5万円
  • 顕微授精実施費用:3万円
  • 受精卵培養:5万円
  • 胚移植:5万円

総額30万円です。

 

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額2

Bさん(体外受精:ロング法):「総額490,000万円」

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額は、

「総額49万円」です。

 

内訳

  • 周期を合わせる為の検査等:5万円
  • 誘発注射やエコー等:13万円
  • 採卵:16万円
  • 受精卵移植:6万円
  • 受精卵の凍結&1年間保存費用:7万円
  • 内服薬や、ホルモンチェック等:2万円

総額49万円です。

 

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額3

Cさん(人工授精×3、体外受精×2):「総額1,216,000円」

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額は、

「総額121万6千円」です。

 

内訳

  • 検査:16万円
  • 人工授精:3万6千円
  • 採卵・培養、凍結:56万円
  • 胚移植:30万円
  • 栄養療法:13万5千円
  • 診察料:2万5千円

総額121万6千円です。

 

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額4

Dさん(顕微授精×2):「総額1,282,000円」

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額は、

「総額128万2千円」です。

 

内訳

  • 点鼻薬等:3万円
  • 排卵、培養:60万円
  • 胚移植:16万円
  • 凍結代:5万2千円
  • 顕微授精:40万円
  • 漢方治療:7万円

総額128万2千円です。

 

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額5

Eさん(体外受精):「総額965,720円」

 

不妊治療でかかった費用の実際の金額は、

「総額96万6千円」です。

 

内訳

  • 排卵誘発:17万2千円
  • 採卵:33万3千円
  • 凍結:7万6千円
  • 移植前:5万円
  • 移植:18万5千円
  • 移植後:15万円

総額96万6千円です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

不妊治療でかかった金額は、

30万円~130万円とかなり幅がありました。

 

ママやパパの体調なども、

もちろん関係してきますので、

一度検査にいかれる事をお勧めします。

 

 

 

不妊治療でかかる期間の平均は?

不妊治療でかかる期間の平均参照元:https://aoba-himawari.com

 

不妊治療をする期間は、

どれくらいかかるのでしょうか?

 

不妊治療でかかる期間の平均は、

約2年間」と言われています。

 

不妊治療を行っている病院での、

成果発表後に、不妊治療を行った夫婦は、

初診から約2年の間に、

妊娠が成功したと報告されています。

 

不妊治療は、

  • 女性の体
  • 男性の体

によっても原因が違います。

 

また、不妊の原因は人によって様々です。

 

年齢によっても妊娠の成功率は、

変わってくるので、

「何年」と一概に言うのは難しいですが、

約2年が平均だといわれています。

 

Sponsored Link

 

 

不妊治療の助成金ってあるの?

不妊治療の助成金参照元:http://kenko-np.com/

 

不妊治療ってとても高額だから、

とても不安という方も多いです。

 

しかし国から支給される助成金を、

受け取れる場合があります。

 

一般不妊治療は保険が適用されますが、

高度不妊治療になると保険適用外になり、

とても高額になるので、

金銭的な面でも不安が残ります。

 

しかし、その不妊治療ですが、

定められた規定をクリアすれば、

助成金」が支給されます。

 

この助成金の適用は、

お住いの自治体によって異なるので、

まずは自治体での事前確認を行いましょう。

 

市のホームページに詳しく、

記載されているところもあれば、

分かりにくいところもあるので、

出来れば直接、役所に行く事をお勧めします。

 

現在の不妊治療の助成金には、

何回までと回数に制限があります

 

また、

  • 夫婦合算の所得が「730万円以下」
  • 対象年齢は「43歳未満」

など所得に対する規定や、

年齢に対する規定もあります。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の記事も参考にされています。

(不妊・妊活に関する関連記事)

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

「不妊治療」聞くと、

身構えてしまうことも多々あるかと思います。

 

しかし、愛するパートナーとの、

お子さんの命を授かれるように

心から願っております。

 

今回は、

 

  • 不妊治療でかかる費用の平均は?
  • 不妊検査にかかる費用の平均は?
  • 不妊治療でかかる期間の平均は?
  • 不妊治療の助成金ってあるの?

4つに分けて紹介しました。

Sponsored Link