第一反抗期参照元:http://niccoricca.com/

 

子供の第一反抗期ともいわれる、

3歳の反抗期

 

何をするのも「イヤイヤ」と言って、

なかなか家事が進まない。

 

どう対処したらいいか分からなくて

お困りのママは多いと思います。

 

3歳になると、2歳の時とは違い、

理解できることが増えてきます。

 

しかし言いたいことを伝えるのは、

まだまだといった感じですよね。

 

そこで今回は、3歳の子供の反抗期の

  • 対処法や特徴
  • いつまで続くか?

紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

3歳児の反抗期とは?

3歳児の反抗期参照元:http://kagura-dol.com/

 

だんだんとお話も上手になり、

少し生意気なことを言うようになり、

3歳頃から始まる反抗期は、

イヤイヤ期とも呼ばれます。

 

ただ、この3歳の反抗期は、

子供が人として自立し始める証拠です。

 

3歳児は、今まではママに

してもらっていたことが少しずつ

自分でできるようになってきて、

自分でやりたい!」という、

気持ちが出てきています。

 

しかし「なかなか自分でできない。

でも手伝ってほしくない。」となり、

結局はできなくて「イーッ!」と、

癇癪を起こしてしまいます。

 

また、ママの言う事に耳を貸しません

基本的に全てにおいて拒否します。

 

周りの人たちの言葉が

理解できるようになってきて、

ママの言うことを聞かないといけない。

というのを自分の中でも分かっているので、

  • 気持ち
  • 行動

これらが付いていかなくて

否定し、反抗してしまうのです。

 

 

 

3歳児の反抗期の特徴とは?

>3歳児の反抗期参照元:https://mamasup.me/

 

3歳児の反抗期の特徴は大きく分けて、

4つあります。

 

 

「イヤイヤ」と言う:3歳児の反抗期の特徴1

3歳児の反抗期の特徴の一つは

イヤイヤを言う事です。

 

とにかく何に対しても

イヤ」と返答してきます。

 

今までは意味も分からず、

とりあえず「イヤ」と言っていた、

反抗的な態度ではなく

ある程度何を言われているか、

理解した上での「イヤ」です。

 

〇〇しなさい!」など言われる度に、

「イヤ」と反抗します。

 

 

「ギャンギャン」泣く:3歳児の反抗期の特徴2

3歳児の反抗期の特徴の一つは、

ギャン泣き」です。

 

3歳児は、

なかなか思っていることを、

言葉で伝えることができないので

注意されると泣きわめいて

自分の気持ちを伝えようとします。

 

よくスーパーなどで、

泣きわめいて床に寝転がって、

足をバタバタしている3歳ぐらいの子供を、

見かけませんか?

 

あれこそまさに、3歳児の反抗期真っ盛りです。

 

 

物を投げて怒る:3歳児の反抗期の特徴3

3歳児の反抗期の特徴の一つは、

物を投げて怒るという事です。

 

自分の気に入らない事があると、

  • おもちゃ
  • リモコン
  • とりあえず近くにある物

など、ポイポイ投げて怒ります。

 

ママからすると、

部屋は汚くなるし、物は壊れるなど、

イライラがかなり募ると思います。

 

しかし、これは3歳児なりに、

思いを伝えているつもりなのです。

 

 

暴力を振るう:3歳児の反抗期の特徴4

3歳児の反抗期の特徴の一つは、

暴力を振るうという事です。

 

3歳の子供ですから、

叩かれても少々では痛くないですが、

背中や肩をバシバシ泣きながら叩くことも、

ありますよね。

 

しかし、その行動には

  • 「なんで言っている事を、分かってくれないの?」
  • 「今こうして欲しいのに、何でしてくれないの?」

といった3歳児なりの、

反抗的な態度なのです。

 

Sponsored Link

 

 

3歳児の反抗期の対処法は?

>3歳児の反抗期の対処法参照元:https://s.eximg.jp/

 

なかなか理解をするのが難しい、

3歳児の反抗期ですが、

3歳児とうまく反抗期を乗り越えていける、

対処法がもちろんあります。

 

泣きながら訴えられると、

何を言っているか分からないし、

聞いても「イヤイヤ」言われてしまいます。

 

そうするとママもイライラしてしまい、

対処法も分からず、

逆にママが泣きそうになる事も、

ありますよね。

 

そんな時は、

3歳児の気持ちを受け止めてあげましょう。

 

  • 「〇〇したいの!」
  • 「〇〇するのはいや!」

子供に反抗された時は、

  • 「そうだね。〇〇したいよね。」
  • 「〇〇するのはいやだね。」

と、いったん全て受け入れて下さい。

 

そうすると3歳児は

「あ、わかってくれた!」

いう満足感と安心感が出てきます。

 

満足感を得た3歳児は、

気持ちが落ち着いてくるのでその時に、

  • 「えらいね。」
  • 「いい子だね。」

と褒めてあげてギュッと、

抱きしめてあげて下さい

 

3歳児はまだまだママに甘える時期です。

 

反抗期があっても、

ママにギュっと抱きしめられるだけで、

3歳児はもちろん、

ママの気持ちも落ち着いてきますよ。

 

家事や育児で、

限られた時間で生活しているママは、

常に時間に追われていますよね。

 

しかし、出来る限り3歳児と接する時は、

少し時間に余裕を持ってみて下さい。

 

もしも、どの対処法を試しても、

ダメだった場合は

3歳児の好きにさせる事が1番ですよ。

 

満足いくまで好きな事をさせるのも、

対処法の一つです!

 

Sponsored Link

 

 

3歳児の反抗期はいつまで続くの?

3歳児参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

3歳児の反抗期はいつまで続くの?と、

不安になってしまったママも、

多いと思います。

 

もちろん個人差はありますが、

3歳児は集団生活を始めると、

徐々に反抗期がなくなってきます。

 

環境や3歳児の性格も勿論ありますが、

3歳中頃から4歳ぐらいにかけて、

次第に反抗期がなくなっていく、

3歳児が多いようですよ。

 

 

(子供の反抗に対する関連記事)

 

 

まとめ

 

3歳児参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

いかがでしたでしょうか?

 

私も息子の3歳の反抗期には、

対処法も分からずただただ、

イライラして頭を抱える事が多かったです。

 

しかし、子供と話せるようになってから、

ママ、大好き~」なんて言われた時には、

本当に幸せを感じました。

 

育児って本当に大変だけど、

そんな事も忘れさせてくれるぐらいの

出来事が、反抗期を終えると、

沢山やってきます。

 

このつらい時期を乗り越え、

幸せな毎日が訪れる様に願っております。

 

今回は、3歳の子供の反抗期の

  • 対処法や特徴
  • いつまで続くか?

紹介しました。

Sponsored Link