新生児参照元:https://hugooo.jp/

 

新生児の頃は生きることで、

一生懸命だった赤ちゃんも1歳になると、

今度は少しずつママやパパ、

周りの大人を見ながら生活を、

していくことになります。

 

1歳の子供が、

ママやパパの言っていることも、

少しずつわかるようになると、

  • しても良いこと
  • したら悪いこと

を伝えていくのも、

大事な親の役目ですよね。

 

今回は、1歳の子供の上手な叱り方で、

男の子と女の子の叱り方の違いについて

ご紹介します。

 

Sponsored Link

 

1歳の子供を上手に叱るポイントは?

1歳の子供参照元:http://ikujimama.net/

 

1歳の子供を叱るのは、

初めての子育ての経験だと、

とても難しいですよね。

 

ここでは、

1歳の子供を上手に叱るポイントを、

いくつかご紹介します。

 

 

1歳の子供を上手に叱るポイント1:「叱る内容を厳選する」

1歳の子供参照元:http://mama-iroha.com/

 

1歳の子供を上手に叱るポイントは、

叱る内容を端的に厳選する」ことです。

 

大人でもくどくどと、

同じことを何回も繰り返しされると、

うんざりして耳に入ってこない時も、

ありますよね。

 

1歳の子供は、

大人の言葉を理解する力も、

十分に備わっていません。

 

1歳の子供を叱る時に、

一番大事なことは、

  • 短い言葉
  • 分かりやすく
  • きっちりと伝える

ということです。

 

 

1歳の子供を上手に叱るポイント2:「危ない時はその場ですぐに叱る」

1歳の子供参照元:http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/

 

1歳の子供を上手に叱るポイントは、

危ない時はその場ですぐに叱る」事です。

 

1歳の子供には、

危機管理能力」が、

十分に備わっていない為、何が、

  • 危ないか
  • 危なくないか

の判断を、

自分ですることが難しい時期です。

 

1歳の子供に命の危険性がある時は必ず、

その場で叱ります

 

時間が空けばあくほど、

あの時はこうだったから危ないよ

と言っても、1歳の子供は、

その瞬間を一生懸命過ごしているので、

思い出せないことが多いので、

その場で叱りましょう。

 

また、命の危険性と同じく、

その場で1歳の子供を叱るタイミングは、

お友達を傷つける」時です。

 

1歳の子供がお友達を、

  • 叩いたり
  • 噛みついたり

と傷つける行為をした時も、

すぐその場で叱るようにしましょう。

 

 

1歳の子供を上手に叱るポイント3:「叱ると、怒るは違う」

1歳の子供を上手に叱るポイント参照元:https://d29zqcgu2psngo.cloudfront.net/

 

1歳の子供を上手に叱るポイントは、

叱ると怒るは違う」ということです。

 

怒る

怒るということは、

ママやパパの中にある「怒り」の感情を、

そのまま相手にぶつけること。

 

叱る

叱るということは、

相手により良くなって、

もらいたいという方法を、

教示すること。

 

大人でもただ上司や先輩に、

怒りをぶつけられただけで、

実際はどうなのか?と思うときが、

ありますよね。

 

1歳の子供を叱る時は、

ママやパパの感情をそのまま、

1歳の子供にぶつけてはいけません。

 

しっかりと何故危ないのか、

その後の道筋を教示して、

1歳の子供を叱ります

 

 

1歳の子供を上手に叱るポイント4:「目を見て真剣に叱る」

1歳の子供を上手に叱る参照元:http://dearlife.biz/

 

1歳の子供を上手に叱るポイントは、

1歳の子供の目を見て、

真剣に叱る」ということです。

 

ママやパパが1歳の子供を叱る時に、

  • 「本当に叱っていいのかな」
  • 「泣いたりしないかな」

と、少しでも戸惑いがあれば、

1歳の子供は勘づきます

 

  • 危険なことは危険なこと。
  • やってはいけないことはやってはいけないこと。

と区別し、

いつもの笑顔と声色とは一転して、

真剣な顔で声色も少しだけトーンを落とし、

1歳の子供の目をしっかりと見て

いけないということを伝えます。

 

なぁなぁにならないように、

気を付けましょう。

 

 

1歳の子供を上手に叱るポイント5:「根気強く、何回も伝える」

1歳の子供を上手に叱る参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

1歳の子供を上手に叱るポイントは、

根気強く、何回も伝える」ことです。

 

1歳の子供は、

1度叱られるとその時は、

あ、してはいけないことなんだ。

と理解が出来ても、

また興味がわいてきたら、

とっさに危険なことを衝動的に

繰り返してしまうことがあります。

 

ママやパパは、

さっきも同じ事をして叱ったのに!

と思いがちですが、

1歳の時期は一生懸命色々なことを、

学んで吸収していく時期です。

 

根気強く何回も、1歳の子供が、

危険なことをしなくなるまで伝える!

ということが大事です。

 

Sponsored Link

 

 

1歳の子供の上手な叱り方は?

1歳の子供を上手に叱る参照元:https://cdn.mamari.jp

 

それでは実際に、

1歳の子供の上手な叱り方について、

ご紹介します。

 

 

1歳の子供の上手な叱り方1:「伝えることを大事にしよう」

1歳の子供を上手に叱る参照元:https://papimami.jp/

 

1歳の子供の上手な叱り方は、

伝えることを大事にする」ことです。

 

1歳の子供に、

威圧的な態度で叱っても、

1歳の子供の頭には、「怖い」という

記憶しか残りません。

 

その為に大事なことは、

伝える」ということです。

 

ちゃんと1歳の子供の目を見て、

はっきりとした言葉で、

1歳の子供に伝えることで、

1歳の子供も理解してくれます。

 

1歳の子供を頭ごなしに怒らずに、

しっかり伝えましょう。

 

 

1歳の子供の上手な叱り方2:「叱った理由を伝える」

1歳の子供を上手に叱る参照元:http://childcare-child.com/

 

1歳の子供の上手な叱り方は、

ママやパパが、

叱った理由を1歳の子供に伝える」と、

いうことです。

 

○○ちゃんが◇◇をして、

△△だからやめようね。」

 

上記の様に、

  • 短く
  • 分かりやすく
  • 理由を添えて

1歳の子供に説明します。

 

例えば、

「○○ちゃんが、急に道を走り出すと、

車とぶつかって危ないよ。

だからやめようね。」

 

「○○ちゃんが、お友達を叩くと、

お友達は痛くて悲しいよ。

だから、やめようね。」

 

など叱り方は上記で十分です。

 

あまり長すぎても、短すぎても、

1歳の子供は何がダメなのか分からず、

止められません。

 

1歳の子供に行動と理由を、

しっかりと伝えて、物事の善悪を、

ママとパパが1歳の子供に、

根付かせていきましょう。

 

 

1歳の子供の上手な叱り方3:「子供の意思に耳を傾ける」

1歳の子供を上手に叱る参照元:http://l89.jp/

 

1歳の子供の上手な叱り方は、

子供の意思にも耳を傾ける」ことです。

 

1歳の子供の危険な行為を、

止めさせた後には、

1歳の子供の気持ちを聞いてみましょう。

 

1歳の子供が、

まだ自分できちんと話すことが、

出来なくても、

ママが一生懸命話しかけることで、

うん」や「ううん」を、

示すことが出来るようになります。

 

例えば、

「○○ちゃんは、

これで遊びたかったのかな?」

 

「○○くんは、

向こうでとんでいた蝶々さんが、

見たかったのかな?」

などと、

1歳の子供が、

どうしてその危険な事をしてたのか?を、

1歳の子供と一緒に考えてみて下さい。

 

叱られた後しっかりママが話を聞いて、

やりたい!したい!と思っていたことを、

1歳の子供が実現出来たら、

この場合はこうすればよかったんだ」と、

1歳の子供の経験の一つとして、

蓄積されていきます。

 

失敗したけど成功した!

という経験は大人になってからも、

絶大な力を発揮します。

 

 

1歳の子供の上手な叱り方3:「危険なことをしなくなったら褒めてあげる」

上手な叱り方参照元:https://baby.cpcdn.com/

 

1歳の子供の上手な叱り方は、

ママやパパが叱った後に、

危険なことをしなくなったら

褒めてあげる」ということです。

 

1歳の子供を1度叱っただけで、

危険な事をしなくなる場合と、

何回も同じことを繰り返して注意して、

危険な事をしなくなる場合があります。

 

どちらにしても、

ママやパパが叱って、

1歳の子供のその行動が、

やめられた際には、

大袈裟なほど「褒める」事をしましょう。

 

大人でも褒められると嬉しいのと、

同じように、

1歳の子供は「ちゃんと見てくれたんだ

と嬉しくなり、

もう二度と繰り返さないようになります

 

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は?

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方参照元:http://image.news.livedoor.com/

 

それでは、上手な叱り方に対して、

絶対にしてはいけない叱り方を、

ご紹介します。

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方1:「感情的に怒らない」

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方参照元:http://childcare-child.com/

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は、

感情的に怒る」ことです。

 

日々育児や家事を頑張っているママや、

お仕事を頑張っているパパは1歳の子供に、

イラッとすることがたくさんあると、

思います。

 

しかし、1歳の子供を叱る時に、

イラっとした感情を、

そのまま子供にぶつけるということは、

絶対にしてはいけない叱り方です。

 

1歳の子供に対して、

危ないと思った時に、

1歳の子供の行動を止めさせ、

一度、深呼吸をしましょう。

 

そうして一言一言、

ゆっくり端的に短く、

1歳の子供に伝えることが大事です。

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方2:「暴力」

1歳の子供参照元:http://www.pref.niigata.lg.jp/

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は、

暴力」です。

 

つい、カッとなって、手が出てしまう。

という気持ちは、

少なからず分かりますが、

そこはぐっと耐えましょう

 

暴力をふるうことで、

1歳の子供はその叱った行動を、

止めることはあり得ます。

 

しかしその行動は、

暴力が痛くて怖い」という恐怖心からで、

根本的に理解をして、

やめたわけではありません。

 

1歳の子供が、

叱られる理由をしっかり分かったうえで、

その行動をやめないと、

大人の見ていない所で、

同じ失敗を繰り返すかもしれません。

 

また暴力は虐待にもつながりますので、

1歳の子供のためにも、

大人の自分自身の為にも、

絶対にやめましょう。

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方3:「みんなの前で叱ること」

1歳の子供参照元:http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は、

みんなの前で叱ること」です。

 

大人も含めて、多くの人がいる前で、

叱られるのはとっても嫌なことですよね。

 

それと同じで、

1歳の子供にも「自尊心」があります。

 

1歳の子供心にもプライドがあり、

  • 恥ずかしい
  • いやだ
  • 見られたくない

という感情がしっかりと、

芽生えています。

 

1歳の子供の危ない行動を止めさせた後、

みんなから少し離れたところで、

叱るようにしましょう。

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方4:「一度言ったことは曲げない」

一度言ったことは曲げない参照元:https://morningtonblog.files.wordpress.com/

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は、

一度言ったことを曲げない」と、

いうことです。

 

1歳の子供は善悪を、

一生懸命学んでいる途中です。

 

1歳の子供は前に一度叱った内容でも、

繰り返してしまうことがあります。

 

前に一度叱ったこと内容を、

次は叱らなかったり

前は叱らなかった内容を、

次は叱ったりと、

ママやパパが言ったことを曲げてしまうと、

1歳の子供は混乱してしまいます。

 

ママやパパは、

1歳の子供に言ったことは責任を持ち、

しっかりと覚えておきましょう。

 

また、ママとパパの中でよく話合い、

1歳の子供に対する、

共通意識を持っていることも大事です。

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方5:「1歳の子供の人格否定」

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方参照元:https://d29zqcgu2psngo.cloudfront.net/

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は、

1歳の子供の人格否定」です。

 

  • 「本当にあなたはダメな子ね」
  • 「そんなことする子は私の子じゃない」
  • 「暴力的な子」

など、1歳の子供の性格や、

人格を否定するような叱り方

絶対にしてはいけません。

 

叱るのは1歳の子供がしてしまった、

行動に対して」です。

 

1歳の子供が二度と繰り返さないように、

叱るのであって、

性格を否定してしまうと、

1歳の子供の大切な、

自己肯定感」が失われます。

 

そして1歳の子供は、

自分は要らない人間なんだ」と、

思ってしまいます。

 

1歳の子供をママやパパが叱るのは、

わが子が大好きだからですよね。

 

次でもご紹介しますが、

1歳の子供が

自分はママやパパにとって大切な存在だ

と感じる「自己肯定感」を大切に、

育んでいきましょう。

 

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方6:「叱った後のケアをしない」

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方は、

叱った後のケアをしない」ことです。

 

1歳の子供を叱った後は、叱ったことが、

1歳の子供が嫌な思い出にならないよう、

十分に心のケアをすることです。

 

無理に言葉を紡がなくても、

ぎゅっと抱きしめて、

ママもパパも○○ちゃんが大好きだよ。

と伝えるだけで大丈夫です。

 

そうすることで、

1歳の子供が叱られたという事実と、

自分は大事にされている」という、

自己肯定感」も一緒に育っていきます。

 

これから1歳の子供が、

大きくなっていくうえで、

この「自己肯定感」が、

しっかりと根付いているかいないかで、

今後の人生の、

  • 豊かさ
  • 幸せ度

などが、

変わってくるといわれています。

 

1歳の子供を叱りっぱなしで、

その後放置するような事は、

絶対しないように気を付けましょう。

 

Sponsored Link

 

 

男の子と女の子の叱り方の違いは?

1歳の子供に絶対してはいけない叱り方参照元:http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/

 

今まで一概に1歳の子供と、

まとめて紹介してきましたが、

1歳の男の子と1歳の女の子では、

叱り方にどのような違いが、

あるのでしょうか?

 

それではまず、

1歳の男の子の叱り方から紹介します。

 

 

1歳の男の子の叱り方1:「最初の一回目が大事」

1歳の男の子参照元:http://livedoor.blogimg.jp/

 

1歳の男の子への叱り方は、

最初の一回目が大事」なのです。

 

1歳の子供を上手に叱る方法の中で、

繰り返さなくなるまで、

根気強く何回も伝えると、

ご紹介しました。

 

1歳の男の子の場合は、

その危険な行動をした、

一番最初の時に少し強めに叱る

を意識しましょう。

 

1歳の男の子は1歳の女の子よりも、

  • 「繰り返して物事を聞くこと」
  • 「何かをしながら他のことに耳を傾けること」

上記の2点が苦手という傾向があります。

 

もちろん1歳の男の子が同じことを、

してしまった場合は、

繰り返し叱ることは大事ですが、

最初の叱るタイミングで、

しっかりと1歳の男の子に伝える

事が大事です。

 

 

1歳の男の子の叱り方2:「プライドを傷つけない」

1歳の男の子参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

1歳の男の子への叱り方は、

プライドを傷つけない」ことを、

意識して叱りましょう。

 

大勢の前で叱ることや、

傷つく言葉で叱ることは、

1歳の男の子の、

プライドが傷ついてしまい

反発したり大泣きしたりして、

大切なことが伝わらない場合があります。

 

1歳の男の子には、

人前で恥をかかせずに、

言葉を選んで慎重に叱りましょう。

 

 

1歳の男の子の叱り方3:「男の子はより端的に叱る」

1歳の男の子参照元:http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/

 

1歳の男の子への叱り方では、

1歳の女の子より

1歳の男の子にはより言葉を短く叱る

ことを意識しましょう。

 

1歳の子供の言葉を理解する能力は、

女の子の方が早いといわれているため、

1歳の男の子には、

2語文程度の短い言葉で、

びしっと叱ることが大事になります。

 

具体的に短い言葉で、

となると難しいかもしれませんが、

してほしいことを伝える、

ということを意識しましょう。

 

 

1歳の男の子の叱り方4:「活発と乱暴を意識する」

活発と乱暴を意識する参照元:http://www.syufeel.com/

 

1歳の男の子への叱り方では、

活発と乱暴は違うということを意識

しましょう!

 

活発に何かに取り組むという事は、

1歳の男の子の中の脳の作りや

ホルモンが関係しています。

 

1歳の男の子が、

物を少し雑に扱ってしまったり、

ドアをバン!と締めてしまったり、

多少活発なことは、

大目に見てあげましょう。

 

しかしやはり、

  • 物を壊す
  • お友達を叩いて傷つける

など乱暴なことは叱るようにしましょう。

 

 

続いて、1歳の女の子への叱り方を、

ご紹介していきます。

 

 

1歳の女の子の叱り方1:「認める優しい叱り方」

1歳の女の子の叱り方参照元:http://maternity-march.jp/

 

1歳の女の子への叱り方は、

ママやパパは優しい口調で、

優しい叱り方」をするという事です。

 

1歳の女の子は1歳の男の子よりも、

言葉の発達が早いといわれているので、

強い雰囲気や言葉遣いは、

後々になってそのまま、

子供の口調となって現れてきます。

 

優しい口調で、

○○すると危ないから、

△△してほしいな

などお願い口調で、

優しく伝えるのが効果的です。

 

  • 批判せず
  • 人と比べず

1歳の子供を認めることで、

優しい女の子に育ちます。

 

 

1歳の女の子の叱り方2:「1歳の女の子は状況把握が早い」

1歳の女の子参照元:http://baby-chiiku.com/

 

1歳の女の子への叱り方では、

1歳の女の子は状況を理解する能力が早い

ということを意識しましょう。

 

1歳の女の子はママやパパの様子や、

お友達の様子を良くみて、

行動している姿がよく見られます。

 

そんな時に、

○○ちゃんは出来ているのに。

など、他と比較されてしまうと、

1歳の女の子の中の「自尊心」が、

深く傷ついてしまいます。

 

1歳の女の子を叱る時は、

1歳の女の子はこの状況を分かっている

ことを踏まえて、叱りましょう。

 

 

1歳の女の子の叱り方3:「1歳の女の子とママは違う事を意識しよう」

1歳の女の子参照元:https://imgcp.aacdn.jp/

 

女の子への叱り方では、

1歳の女の子とママは違う

ということを意識しましょう。

 

同性なので気持ちも同化しやすい、

1歳の女の子とママですが、

1歳の女の子の想いとママの想いは、

全く一緒とは異なります。

 

1歳の女の子の中にある想いを、

おしゃべりを通じて、

たくさん知っていきましょう。

 

 

 

この記事を読んで頂いた方へ

この記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

 

(子育てに関する関連記事)

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。

 

産まれてから自分のことに、

一生懸命だった赤ちゃんも、

1歳を過ぎれば子供になり、

どんどん大人への階段を、

上っていきます。

 

ママやパパが1歳の子供に対して、

共通意識を持ち、

  • 危険なことは危険!
  • してはいけないことはしてはいけない。

と大切なわが子の中に、

善悪の良し悪しの貯金を、

していってあげてくださいね。

 

今回は、1歳の子供の上手な叱り方で、

男の子と女の子の叱り方の違いについて、

ご紹介しました。

 

Sponsored Link