赤ちゃん参照元:http://出産準備品.asia/

 

初めての育児で日々赤ちゃんと、

向き合っているママやパパは、

悩みが次々と出てくると思います。

 

その中で、

赤ちゃんのあやし方がわからずに、

いろいろと試してはみるけど、

赤ちゃんが喜んでいるのかわからない

 

そう思う方も多いと思います。

 

今回は、そんなママやパパに、

  • 赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は?
  • 赤ちゃん(2~3カ月)のあやしかたの動画は?
  • 赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点は?
  • 赤ちゃん(2~3カ月)が喜ぶ遊び方は?

の4つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は?

赤ちゃん参照元:http://blogimg.goo.ne.jp/

 

新生児から1カ月頃の赤ちゃんは、

楽しい時にも顔の表情を変えられません

 

また、予期せぬタイミングで、

にこっと笑って見える、

新生児微笑」と言われる、

生理的微笑をする事もありますよね。

 

しかし2カ月を過ぎると、

ママやパパがあやしてくれて、

楽しい時ににこっと微笑むことが出来る、

社会的微笑」と言われる、

あやし笑いがあります。

 

それでは具体的に、

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方について、

ご紹介します。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方1:「いないいないばぁ!」

あやし方参照元:https://mamasup.me/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は、

いないいないばぁ」です。

 

赤ちゃんのあやし方の王道と言えば、

いないないばぁですよね。

 

赤ちゃんは、

ママやパパの顔が無くなった。

と思ったら、急に顔が見えて、

びっくりするのと同時に、

とても嬉しくなります

 

また、赤ちゃんからすると、

」もとても新鮮なものです。

 

赤ちゃんのお顔に、

優しく息を吹きかけたり、

うちわで優しく仰いであげるのも、

とても楽しいあやし方です。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方2:「赤ちゃんの全身を動かしてみる」

あやし方参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は、

赤ちゃんの全身を動かしてみる」です。

 

赤ちゃんは、

じっと寝ている状態だった、

新生児の時期を終えると、

今度は少しずつ自分の周りや、

自分の体に興味を持つようになります

 

ママやパパがそばにいるときに、

ここはあんよだよ」と話しかけながら、

両足首をもってお腹の方に、

ゆっくりと動かしてみましょう

 

激しくすると、

股関節脱臼などの怪我に繋がる事があるので、

必ずゆっくり行うようにします。

 

同じように、両手を持ったり、

  1. お腹
  2. お尻

と順番に話しかけながら、

さすってあげるのもいいですね。

 

大好きなママやパパに触れてもらい、

また全身運動をすることで、

赤ちゃんの脳も刺激されたり、

運動能力の発達も促したり出来ます

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方3:「お歌を歌う」

あやし方参照元:https://i.ytimg.com/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は、

お歌を歌う」です。

 

赤ちゃんはママやパパの、

優しい声が大好きです。

 

ですので童話や童謡を赤ちゃんの側で、

歌ってあげましょう。

 

赤ちゃんにも個人差がありますが、

きっとお気に入りの曲が見つかると、

手足をばたばたさせて喜んでくれますよ

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方4:「横抱きゆらゆら抱っこ」

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は、

横抱きゆらゆら抱っこ」です。

 

普段床やベッドに寝ている状態の赤ちゃんは、

ママやパパが立ったまま、

抱っこしてくれるがとても好きです。

 

赤ちゃんの視界も変わりますし、

いつもよりママやパパを傍に感じて、

嬉しくなります。

 

まだ、首が座らない状態で、

縦抱きは難しいので、

横抱きの状態でゆっくり横に、

ゆらゆらと揺らしてみましょう。

 

いつもとは違った景色がひろがり、

赤ちゃんの体幹も鍛える事ができると、

言われています。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方5:「会話をしてみよう」

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は、

会話をしてみよう」です。

 

赤ちゃんは、2~3カ月になると、

  • 「あ~」
  • 「く~」

などの、「クーイング」と言われる、

声を出すようになります。

 

ママやパパはその赤ちゃんの、

発した言葉をそのままオウム返しを、

してみて下さい。

 

赤ちゃんは、

「ママやパパが反応してくれた!」

などと、とても嬉しくなります。

 

また、この会話を通じて、

コミュニケーションがとれるので、

今後の赤ちゃんの成長にも、

大いに役立ちます

 

5つ程、赤ちゃんのあやし方を紹介しましたが、

2~3カ月の赤ちゃんのあやし方に、

正解はありません。

 

一番大事なことは、

ママやパパが顔を見て、

優しい声で話しかけて、

笑いかけること。」です。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやしかたの動画は?

あやしかたの動画参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

続いては、

2~3カ月の赤ちゃんのあやし方の動画を、

紹介していきます。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやしかたの動画1:「いないいないばぁっ!」

 

 

こちらの赤ちゃんのあやし方の動画は、

いないいないばぁ」です。

 

動画の中の赤ちゃんは、

生後3カ月ですが、

一番オーソドックスですが、

一番効果的だといわれています。

 

赤ちゃんの笑顔は楽しそうですね。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやしかたの動画2:「赤ちゃんの笑うツボ3連発」

 

 

こちらの赤ちゃんのあやし方の動画は、

赤ちゃんの笑うツボ3連発」です。

 

実際に赤ちゃんの笑わせ方や、

コツ等を3つ紹介してくれているので、

どうしようと悩んでいたパパにも、

是非見てほしい動画です。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやしかたの動画3:「パパとゆらゆらスキンシップ」

 

 

こちらの赤ちゃんのあやし方の動画は、

パパとゆらゆらスキンシップ」です。

 

パパは赤ちゃんと一生懸命向き合い、

笑顔で赤ちゃんをゆらゆら、

スキンシップしましょう。

 

赤ちゃんもパパの笑顔と優しい声、

大きな手に触れてもらえて嬉しそうですね。

 

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点は?

あやす時の注意点参照元:https://i1.wp.com/

 

続いては、2~3カ月の赤ちゃんを

あやす際の注意点を紹介します。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点1:「揺さぶられ症候群」

揺さぶられ症候群参照元:http://blog-imgs-58.fc2.com/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点は、

揺さぶられ症候群」です。

 

「揺さぶられ症候群」とは、

赤ちゃんが激しく揺さぶられることにより、

脳内が傷ついてしまう状態です。

 

また、重大な障害が残る状態を指し、

  • 乳幼児揺さぶられっ子症候群
  • Shaken Baby Syndrome (SBS)

とも呼ばれます。

 

ママやパパは遊びの一環として、

赤ちゃんを楽しませるために、

揺らしてあやしていても、

赤ちゃんの身体は骨格をはじめ、

まだまだ未完成の状態

 

大人がゆっくりと感じていても、

もしかしたら赤ちゃんからすると、

激しくなっているかもしれません

 

激しく揺さぶられることにより、

赤ちゃんの脳や神経に、

深刻なダメージを与えてしまうので、

気を付けましょう。

 

落ち着いて赤ちゃんの顔を、

よく見ながらゆーっくりと、

笑顔で話しかけながら

ゆらゆら揺らしてあげましょう。

 

また、「高い高い」ですが、

赤ちゃんは喜んでいると思いがちですが、

最近では、

怖すぎて笑っている」可能性もあると、

言われているため十分な注意が必要です。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点2:「ママやパパはリラックスする」

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点参照元:https://akachanikuji.com/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点は、

ママやパパはリラックスする」です。

 

  • 赤ちゃんを絶対笑わせないと。
  • 赤ちゃんとさぁ。遊ぶぞ。

など色々と考えながら、

赤ちゃんと遊ぼうとすると、

  • ママやパパは気構えたり
  • 緊張して顔がこわばっていたり

することもあります。

 

まずはママやパパが、

リラックスすることが大事です。

 

赤ちゃんに緊張が伝わってしまうと、

あやしても中々笑ってくれない

なんてこともあります。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点3:「うつぶせのし過ぎに注意」

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点は、

うつぶせのし過ぎに注意する」です。

 

赤ちゃんが2~3カ月になると、

首が座ってくる赤ちゃんや、

首が座る練習のために、

あやす一環としてうつぶせにして遊ぶ。

ということをすると思います。

 

天井を見ていた赤ちゃんも、

うつ伏せにすることによって、

見ている景色が変わります

 

赤ちゃんは楽しいのですが、

長時間放置しておくと、

窒息したりする危険もあるので、

気を付けましょう。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)が喜ぶ遊び方は?

赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

それでは最後に、

赤ちゃんがとてもニコニコで、

喜ぶ遊び方をご紹介します。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)が喜ぶ遊び方1:「赤ちゃんとのふれあい遊び3連発」

 

 

赤ちゃんが喜ぶ遊び方は、

ふれあい遊び3連発」です。

 

  • お腹くるくる
  • あんよの運動
  • こちょこちょ

と、2~3カ月の赤ちゃんが喜ぶ、

遊び方を3つ紹介してくれています。

 

是非、真似して赤ちゃんと、

遊んでみて下さいね。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)が喜ぶ遊び方2:「手遊び歌で体を動かす」

 

 

赤ちゃんが喜ぶ遊び方は、

手遊び歌で体を動かす」です。

 

幸せなら手を叩こう」という、

手遊び歌をご存知でしょうか?

 

動画では英語で歌っていますが、

もちろん日本語でも大丈夫です。

 

赤ちゃんの顔を見て、

ママやパパの優しい歌声に合わせて

手や足を動かして赤ちゃんを優しく、

いっぱい刺激しましょう。

 

 

赤ちゃん(2~3カ月)が喜ぶ遊び方3:「スクワット」

 

 

赤ちゃんが喜ぶ遊び方は、

スクワット」です。

 

赤ちゃんは命を宿してから、

産まれるまではママのお腹で、

過ごしていましたよね。

 

スクワットのゆらゆら感は、

ママのお腹の中で揺られていた、

感覚と似ているそうです。

 

遊び方がいまいちわからない、

なんてパパは必見です。

 

このお父さんの大きな手で、

首をしっかりと支えてスクワットすると、

赤ちゃんは大喜びしますよ。

 

このスクワットで寝付く赤ちゃんも、

いるみたいですので、

是非、夜にも試してほしい遊び方です。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています

(ベビーグッズに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

2~3カ月の赤ちゃんには、

どう接して良いのかいまいち。と、

思っていらっしゃるママやパパ。

 

是非、

  • 優しい声
  • 素敵な笑顔

で、たくさん話しかけて、

スキンシップをしましょう。

 

今回はそんなママやパパに、

 

  • 赤ちゃん(2~3カ月)のあやし方は?
  • 赤ちゃん(2~3カ月)のあやしかたの動画は?
  • 赤ちゃん(2~3カ月)のあやす時の注意点は?
  • 赤ちゃん(2~3カ月)が喜ぶ遊び方は?

の4つに分けて紹介しました。

Sponsored Link