赤ちゃんの1ヶ月検診が終わって、

特に何も問題なければ、

ようやく家族一緒に、

お風呂に入る事ができます

 

しかし、家事や育児に追われ、

一体何時にお風呂に入れればいいんだろう。

 

そう思われる方や、

ベビーバスを卒業した後、

湯船の温度は何度にすれば、

いいんだろう。

 

と色々不安な点も多いですよね。

 

そこで今回は、

赤ちゃんの風呂の時間や、

入れ方や温度も紹介をします。

Sponsored Link

 

 赤ちゃんの風呂の時間帯は?

赤ちゃんの風呂の時間参照元:https://cdn.mamari.jp/

赤ちゃんの風呂に入れるのに、

最適な時間を紹介します。

 

朝はまだ赤ちゃんが活動し始めたばかりで、

夜遅すぎると赤ちゃんの睡眠時間が、

短くなってしまう。

 

かといってご飯の準備もあるし、

何時にお風呂に入れるのがいいの

 

なんて、

赤ちゃんの風呂の時間帯に、

悩んでいるママは多くいらっしゃいます。

 

赤ちゃんの生活リズムを、

早く身につける為にも、

毎日同じ時間帯にお風呂に入れる事が、

赤ちゃんにとっては最適です。

  • 夜ご飯の支度を終えてから
  • パパが帰宅してからなので遅めに
  • たそがれ泣きが始まったら

など、意見も様々ですが、

平均的には午後7時前後が多い様です。

 

ママや赤ちゃんの生活の中で、

ママのストレスが無い時間帯に、

赤ちゃんをお風呂に入れる事が最適です。

 

夏場など、汗をかく暑い季節は、

赤ちゃんを風呂に2回入れたり、

寒い時期は暖かい時間帯に入れたりと、

季節に合わせて工夫する事も大事ですね。

 

 

 

赤ちゃんの風呂の入れ方は?

赤ちゃんの風呂の入れ方参照元:https://baby.cpcdn.com/

赤ちゃんの風呂の入れ方について、

紹介します。

 

繊細な赤ちゃんは、

お風呂前に少しぐずってしまうと

お風呂の時間中でも、

ずっと泣いてしまうこともあります

 

汗っかきで新陳代謝の良い赤ちゃんは、

毎日お風呂に入れないといけないので、

お風呂嫌いにはなって欲しくないですよね。

 

特にパパの帰宅が遅く、

ママがお風呂に入れないといけない時は、

準備と段取りがとても大切です。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんの風呂の入れ方1:着替えの準備

赤ちゃんの風呂の入れ方の1番目は、

着替えの準備です。

 

お風呂に入れる前に、

  • ママの着替え
  • 赤ちゃんの着替え(2枚以上の場合は袖などは通して、重ねておく)
  • 赤ちゃんのオムツ
  • バスタオル(寝る用)
  • バスタオル(拭く用)
  • 赤ちゃんのスキンケア用品

などを準備しておきます。

 

冬場の浴室や脱衣所やリビングは、

お風呂上りは特に寒いので、

全体的に暖かくしておきましょう。

 

赤ちゃんの風呂の入れ方2:ママから洗う

赤ちゃんの風呂の入れ方の2番目は、

ママから洗っていきます。

 

赤ちゃんをバスチェアや、

バスマットに寝かせ、

先にママが手早く身体を洗います。

 

浴室が狭い場合は、脱衣所に

赤ちゃんをおむつだけはいている状態で、

バウンサーやベビーチェアに、

寝かせておきましょう。

 

必ず扉を少し開けて、いつでも

顔を見れるようにしてあげて下さい。

 

赤ちゃんの風呂の入れ方3:赤ちゃんを洗う

赤ちゃん風呂の入れ方の3番目は、

赤ちゃんを洗っていきましょう。

 

バスチェアに乗せていると、

ママの両手が空くので腕が疲れません。

 

しかし、膝の上で横抱きで赤ちゃんを洗うと、

親子のスキンシップになりますので、

定期的に洗い方を、

変えてみるのもいいでしょう。

 

赤ちゃんの洗い方や順番は、

沐浴時と変わらず顔、

頭から洗っていきます

 

シャワーに驚く赤ちゃんも多いので、

水圧はかなり弱めで当ててあげましょう。

 

シャワーヘッドにガーゼを巻いて、

水圧を弱くするのも良い方法です。

 

背中を洗う際、

うつ伏せが苦手な赤ちゃんは、

仰向けのまま、

ママの手を脇から下に回して

洗ってあげて下さいね。

 

赤ちゃんの風呂の入れ方4:湯船に入る

赤ちゃんの風呂の入れ方4番目は、

湯船に一緒に入りましょう。

 

ママも赤ちゃんも身体を洗う事ができれば、

湯船に入りましょう。

 

赤ちゃんは、

大きな湯船にも驚いてしまうので、

ゆっくりゆっくり

お風呂の流れに沿って、

左右に揺らしながら入れてあげましょう

 

裸で密着するので、

スキンシップにはとても最適な時間です。

 

しかしお風呂の時間は、

赤ちゃんにとって疲れやすいので、

洗う時間と浸かる時間で、

合計10分~15以内にしましょう。

 

お風呂の温度について

赤ちゃんのお風呂参照元:http://www.kewpie-baby.jp/

温度が熱すぎると、

赤ちゃんがびっくりするので、

夏は37~39度冬は39~40度前後に、

設定をしましょう。

 

また家族が赤ちゃんよりも、

先に入る場合は、

40度でお風呂を設定していても、

お風呂の温度が下がりますよね。

 

夏場はちょうどいいのですが、

冬場は少し温度が低くなりがちです。

 

その為、沐浴時と同じ様に、

温度計を使用するのがいいでしょう。

 

またお風呂の温度は、

赤ちゃんにとって熱すぎてしまうと、

軽火傷を引き起こしてしまい

赤くただれたり、湿疹がでたりします。

 

温度には細心の注意を払って、

赤ちゃんをお風呂にいれてあげましょう。

 

赤ちゃんの風呂の入れ方5:着替え

赤ちゃんの風呂の入れ方の5番目は、

着替えです。

 

赤ちゃんの風呂の入れ方1で、

準備しておいたバスタオルで、

赤ちゃんの身体を拭き、

保湿・スキンケアをします。

 

そして赤ちゃんにおむつをつけ、

肌着から順番に着せていきます。

 

しかし夏場でも冬場でも、

赤ちゃんの着替えをしているときは、

ママが裸な事が多くあります

 

それは赤ちゃんを冷やさないために、

赤ちゃんから着替させるからです。

 

ママが冷えて、風邪をひいてしまうと、

よりお風呂に入れるのが大変なります

 

バスローブやガウンなどを用意し、

サッと羽織れるものも用意しておくと、

良いでしょう。

 

赤ちゃんの風呂の入れ方6:水分補給

赤ちゃんの風呂の入れ方の最後は、

水分補給です。

 

赤ちゃんは、お風呂で汗をかいているので、

水分不足にならないように

たっぷりミルクをあげたり、

水分補給をしてください。

 

Sponsored Link

 

 

退院直後~1ヵ月の赤ちゃんの風呂の入れ方

赤ちゃんのベビーバス参照元:https://hapila.jp/

退院直後の赤ちゃんは、

抵抗力が弱いので、

色々な菌に感染する危険があります。

 

ですのでお風呂は、

個別のベビーバスで行います。

 

産院や病院で沐浴体験や、

プレパパ教室で、

赤ちゃんのお風呂の入れ方を、

学んだ方もいるとは思います。

 

お人形と生身の赤ちゃんとでは、

全く違いますが、

落ち着いて沐浴してあげましょう。

 

意外と赤ちゃんは羊水の中にいたので、

水には慣れています

 

下記にてベビーバスで赤ちゃんを、

お風呂に入れる人気の動画を、

紹介ていますので、

是非参考にしてみてくださいね。

 

 

ベビーバスは、

  • プラスチック製
  • エアー製

と、色々売られていますが、

1ヶ月のみしか使わないことが多いので、

レンタルする方もいらっしゃいます。

 

プラスチック製の人気のベビーバス

このベビーバスは、コンパクトで、

折りたたんで収納する事もできます。

 

エアーのベビーバスだと、

空気を一度抜かないといけないので、

収納するのが少し面倒です。

 

このベビーバスは、折りたたんだ時、

6cmの薄さになり、場所とりません。

 

エアー製の人気のベビーバス

このエアー製のベビーバスは、

赤ちゃんをママの腕のように、

柔らかく保護することができます。

 

掃除も大変しやすく、

使用しなくなると空気を抜いて、

簡単に保管する事ができます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ首も腰も据わっていない赤ちゃんを、

洗うのは体力がいったり緊張もしますが、

緊張が赤ちゃんに伝わると、

赤ちゃんがぐずる原因にもなります。

 

初めは段取りよく行かなくても、

赤ちゃんが成長するにつれて、

負担も軽くなっていきます。

 

お風呂は、親子のスキンシップにも、

最適ですので、

リラックスしてお風呂の時間を、

大切にして下さい。

Sponsored Link