赤ちゃんの寝返り参照元:https://akachanikuji.com/

赤ちゃんの寝返りには個人差がありますが、

自分の赤ちゃんが、

他の赤ちゃんよりも寝返りが遅かったら、

少し心配になりますよね。

 

赤ちゃんの寝返りは、

うつぶせの姿勢で練習させるのがいい

と一般的に言われていますが、

寝返りの練習は一体いつからするのが、

良いのかと考えているママも多いはずです。

 

今回は、赤ちゃんの寝返りの練習について、

  • 赤ちゃんの寝返りの練習は必要?
  • 赤ちゃんの寝返りの練習はいつから?
  • 赤ちゃんの寝返りの練習方法は?
  • 赤ちゃんの寝返りの注意点は?

を4つに分けてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの寝返りの練習は必要?

赤ちゃんの寝返り参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

ここでは赤ちゃんの寝返りは必要なのか?を、

紹介していきます。

 

赤ちゃんの発達には個人差があり、

4か月で寝返りができる赤ちゃんもいれば、

逆に6ヶ月を過ぎても、

寝返りができない赤ちゃんもいます。

 

ママからすると、

なかなか寝返りができなかったら、

不安になりますよね。

 

赤ちゃんの寝返りを練習させた。

というのを聞くことも多いですよね。

 

しかし赤ちゃんが、

周りの景色に興味を持つと、

自然と寝返りをすることが多いです。

 

赤ちゃんの体が発達してくると、

周りの景色や物に興味を示して、

コロコロしていたら知らない間に

赤ちゃんの寝返りができていた。

というのもよく聞きます。

 

他の赤ちゃんが、

寝返りが出来ているからといって、

焦って自分の赤ちゃんに、

寝返りの練習をさせる必要はありません。

 

 

赤ちゃんの寝返りの練習はいつから?

赤ちゃんの寝返り参照元:https://mugyuu.jp

 

赤ちゃんの寝返りの練習は、

いつからなのでしょうか?

 

赤ちゃんが寝返りできるようになるのは、

3ヶ月から6か月ぐらいの間にできると、

言われています。

 

早い赤ちゃんは3か月から4か月の間に、

寝返りをマスターします。

 

寝返りができるようになるのには、

  • 筋肉

などの発達によって、

自分の体を動かせられるようになります。

 

また視力が発達し、周りの景色が見たい

という気持ちから興味がわいて、

寝返りができるようになります。

 

寝返りの時期の詳細は

下記を御覧ください。

・寝返りの時期はいつから?

 

赤ちゃんの寝返りの練習は、

寝返りが完全にできるようになるまで、

練習させるわけではなく、

あくまでも寝返りができるようになる、

きっかけを作ってあげるという事です。

 

時期に関しては、

赤ちゃんに個人差はありますが、

3か月から4か月ぐらいの間に

練習を行うのがいいと思います。

 

 

 

赤ちゃんの寝返りの練習方法は?

赤ちゃんの寝返り参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

赤ちゃんの練習がいつからかは、

いかがでしたでしょうか?

 

ここでは赤ちゃんの寝返りの練習方法を

紹介します。

 

赤ちゃんに寝返りの練習をさせたいけど

一体どういった練習方法があるのか、

気になりますよね。

 

今すぐできる、

簡単な寝返り方法をご紹介します。

 

 

まずは、

赤ちゃんを仰向けにして寝かせます。

 

そして赤ちゃんの

  • 背中
  • お尻

を軽く支えてあげて、

寝返りをする方向に軽く向けてあげます。

 

おもちゃや人形などを使って、

興味を持たせて、

体を横に向ける練習をしましょう。

 

簡単にできるので、

是非やってみてくださいね。

 

 

赤ちゃんの寝返りの注意点は?

赤ちゃんの寝返り参照元:http://bunbun38.com/

 

赤ちゃんが寝返りをすると嬉しい反面、

心配事も増えますよね

 

少し目を離してしまったうちに、

大変なことが起きる可能性もあります。

 

ここでは赤ちゃんの寝返りの

注意点を紹介します。

 

寝返りをし始めた赤ちゃんは、

寝返りをすることができても、

寝返りから仰向けの

状態になるのは不可能です。

 

うつぶせの状態が続くと、

窒息してしまいとても危険です。

 

赤ちゃんが寝ている時に、

無意識で寝返りしている場合もあります。

 

  • 布団が柔らかすぎる
  • 赤ちゃんの顔の近くにクッションがある

など大変危険です。

 

夜寝ている時はもちろんですが、

お昼寝の時も

気をつけてあげてくださいね。

 

また赤ちゃんは、

消化器官がまだまだ未発達です。

 

ミルクや母乳を飲んですぐに寝返りをすると、

吐き戻ししたものが

のどに詰まる可能性もありますので

注意が必要です。

 

最近では、

寝返り防止クッションを言うのがあるのを

ご存知でしょうか?

 

寝返り防止クッションと

言われているから安心。

 

と思う方も多いですが、

実は危険だということもあります。

 

寝返り防止クッションは、

2つのクッションの間に、

赤ちゃんの胴体を挟むようにして寝かせて

このクッションがストッパーになり、

赤ちゃんの寝返りを防止する。

 

というクッションなのですが、

実際このクッションの使い方を

間違えてしまい、窒息してしまった、

という事故が起こりました。

 

寝返り防止クッションを使用の際は、

十分に注意が必要です。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

赤ちゃんの寝返り参照元:https://pigeon.info/

 

いかがだったでしょうか?

 

寝返りをして、

とっても嬉しい反面、

心配も多くなります

 

しかし赤ちゃんの成長には、

とても嬉しいことです。

 

ゆっくり気長に赤ちゃんの成長を、

見届けてあげてくださいね。

 

今回は、赤ちゃんの寝返りの練習について、

 

  • 赤ちゃんの寝返りの練習は必要?
  • 赤ちゃんの寝返りの練習はいつから?
  • 赤ちゃんの寝返りの練習方法は?
  • 赤ちゃんの寝返りの注意点は?

4つに分けてご紹介しました。

Sponsored Link