赤ちゃんに少しでも異常があると、

すぐに心配になってしまいますよね。

 

1日に出る赤ちゃんのうんちの回数が多いと、

「こんなに多くて大丈夫?」と、

ママやパパも少し不安になりますよね。

 

そこで今回は、

赤ちゃんのうんちの回数が多い時の、

対処法とホームケアを紹介します。

 

Sponsored Link

 

月齢別の正常な赤ちゃんのうんちの回数や状態は?

正常な赤ちゃんのうんち参照元:http://bunbun38.com/

 

正常な赤ちゃんのうんちの回数や、

状態を月齢に分けて紹介します。

 

 

(赤ちゃんのうんちの関連記事)

うんちの色で体調を判断!緑や白などの色で健康状態を確認!

 

 

0~1ヵ月の赤ちゃん

生まれて間もない赤ちゃんは、

腸の機能がまだまだ未発達なので、

便をお腹の中にためておくことが、

難しいです。

 

ゆるいうんちを1日10回程度排便します。

 

色は、胎便と呼ばれる濃いタールで、

徐々に黄色っぽく柔らかくなりますよ。

 

1カ月を迎える頃には、

少しずつ腸が発達してくるので、

便の回数が少しずつ減り始めます

 

1日1回もしくは、2日に1回など、

まとまって排便できるようになります。

 

完全母乳で育児している赤ちゃんの便は、

少し緩めなので、

1日に数回でることもあります。

 

それに対して、

ミルクで育てている赤ちゃんの便は、

少し固めになり、

便秘気味になる傾向があります。

 

 

2~4カ月の赤ちゃん

2カ月を過ぎる頃には、

腸の機能が発達してきているので、

1日1~4回程度の排便があります。

 

うんちの色はほぼ茶色ですが、

中には、

  • 緑色
  • 黄色
  • 白色

上記の色の粒が混ざった

うんちが出る赤ちゃんもいます。

 

 

5~6ヶ月の赤ちゃん

5ヵ月を過ぎてくると、

離乳食が始まる赤ちゃんが多いですよね。

 

うんちは1日に1~4回程度排便します。

離乳食の消化の具合にもよりますが、

便秘になりやすい赤ちゃんが増えてきます。

 

うんちの状態は、

少しずつ大人と同じにおいになり、

茶色に変わってきます。

 

 

7~12カ月の赤ちゃん

離乳食が始まり月日が経過しているので、

うんちも1日1~2回と、

まとまって出るようになります。

 

うんちの状態は色や形ともに、

ほぼ大人と同じ状態になります。

 

また、食物繊維をたっぷり摂る等、

食べた物によっても、

うんちの出方は変わってきます

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんのうんちの回数が多い時の対処法は?

赤ちゃんのうんちの回数が多い参照元:https://sozai-good.com/

 

続いては、

赤ちゃんのうんちの回数が多い時の、

対処法を月齢別に紹介します。

 

 

0~4ヵ月の赤ちゃん

0歳~4ヵ月の赤ちゃんは、

1日に10回程度のうんちをするので、

気になってくるのが肌荒れですよね。

 

また、冷えが原因で、

うんちが多くなる可能性もあります。

 

 

対処法:室内の温度確認

冷えが原因でうんちの回数が多くなった、

場合の対処法は、お部屋の設定温度を、

確認してみて下さい。

 

お部屋の温度設定はいかがですか?

赤ちゃんは体温調節がとっても苦手です。

  • 夏場ならば25~28℃
  • 冬場ならば18~28℃

上記の設定にして、

お部屋の温度調整をしっかりしましょう。

 

また季節によっても服装に気を付けて、

  • 夏は腹巻
  • 冬はスリーパー

お腹が冷えすぎない様にして下さい。

 

 

5~6カ月の赤ちゃん

5~6ヵ月の頃の赤ちゃんは、

離乳食が始まったばかりで、

新しい食材を食べさせてみた時に、

一時的に、いつもとは違ううんちが、

出る場合が多くなります

 

 

対処法1:離乳食の量を見直す

離乳食が始まりうんちの回数が多くなった、

場合の1つ目の対処法は、

離乳食の量を確認して下さい。

 

離乳食を初めた頃の献立内容は、

  1. おもゆ
  2. おかゆ
  3. 野菜

比較的、腸に優しい物から始まりますが、

1つの食材でアレルギー反応が、

見られなかったからといって、

量を増やし過ぎてしまうと

うんちが多くなることもあります

 

1つ1つの食材の量を見直して、

一旦元の量に戻してみることも大事です。

 

 

対処法2:うんちの質を確認

離乳食が始まりうんちの回数が多くなった、

場合の2つ目の対処法は、

うんちの質を確認して下さい。

 

うんちが固くなりすぎたり、

緩くなりすぎたりしていませんか?

 

もし、固くなりすぎている場合は、

水分の量を多めに摂るようにしましょう。

 

水分は冷えたものではなく、

常温や温かいものがおすすめです。

 

もし、緩くなりすぎているのならば、

おかゆやリンゴを擦り下ろしたものなど、

消化に良い物を与えてあげて下さい。

 

 

7~12カ月の赤ちゃん

7~12カ月の赤ちゃんは、離乳食に慣れ、

運動の量も少しずつ増えてきた頃です。

 

 

対処法:離乳食の質を見直す

離乳食に慣れて運動が増え始めた時期に、

うんちの回数が多い場合の対処法は、

食べている物の質を見直して下さい

 

食べた離乳食によって、1日に出る、

うんちの量が多くなる場合があります。

 

例えば、食物繊維や糖質が多い、

  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • 里芋

芋類が多くないか?

 

また、乳酸菌が多く含む、

  • 牛乳
  • チーズ等の乳製品
  • みかん
  • オレンジ等の柑橘類

これらを中心に食べている場合は、

うんちが多くなってしまいます。

 

また、冷たい物の食べ過ぎ飲みすぎも、

うんちが多くなる原因となります。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんのホームケアは?

赤ちゃんのうんち

参照元:http://ikumenkazoku.com/

 

うんちの回数が一日に何度もあると、

気になってくるのが肌荒れですよね。

 

それでは最後に、お家で出来るホームケアを、

ご紹介しますね。

 

 

おむつ替え時は要注意!

うんちが出るとすぐに対処したいですよね。

 

大人でも、うんちがついていると、

お尻がかぶれて痛くなったりします

 

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも、

とても薄く敏感なので、特に注意して、

お尻を清潔に保つ必要があります。

 

うんちの回数が多いなと思ったら、

うんちをした後に、

軽くシャワーや座浴をすることを、

おすすめします。

 

そして、おしりを洗った後は、

しっかりと水気を拭き取り、乾かして、

つるんとした状態でおむつを付けましょう

 

また、お風呂場に行かなくても、

リッチェルの「おしりシャワー」を、

使用すると、手軽にお尻を洗えますよ。

 

 

リッチェルのおしりシャワー

ママさん達の間でとても有名な、

リッチェルのおしり洗浄用ボトルです。

 

赤ちゃんのお尻を綺麗に洗浄できる、

便利グッズですよね、

 

ストレートタイプとシャワータイプの、

切り替えをして使用する事が出来ます。

 

止水機能がついているので、

倒してもこぼれないので、安心ですよ。

 

 

(関連記事)

 

 

まとめ

赤ちゃん月齢別のうんちの回数が、

多くなった場合の対処法は、

参考になりましたでしょうか?

 

赤ちゃんを育てていると、

ママやパパはほんの些細なことでも、

気になりますよね。

 

赤ちゃんのうんちが多くても、

赤ちゃんの機嫌が良ければ、

それは病気ではない事が多いですよ。

 

しかし、少しでも気になる事があれば、

うんちのついたおむつを、

ビニール袋に入れて、

小児科へ持参して受診してくださいね。

 

今回は、

赤ちゃんのうんちの回数が多い時の、

対処法やホームケアを紹介しました。

Sponsored Link