夏に赤ちゃんとのお出かけは、

かなり気を使いますよね。

 

一体、赤ちゃんとは、

  • いつからお出かけしてもいいのか?
  • 暑い日はお出かけしない方がいいのか?

なども大変迷ってしまいますよね。

 

また、一番の不安要素は、

赤ちゃんのミルクなどの持ち物ですよね。

 

今回は赤ちゃんと夏のお出かけで、

  1. お出かけが出来る時期の目安
  2. お出かけ前の事前準備
  3. お出かけ時の注意点

ミルクの持ち物など紹介します。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんのお出かけはいつから?

 

赤ちゃんのお出かけはいつから?

参照元:http://kurashi-la.com/

 

赤ちゃんとの生活も落ち着いてきて、

気分転換にお出かけをしたくなりますよね?

 

でも、赤ちゃんとはいつから、

お出掛けして良いのか不安ですよね?

赤ちゃんとのお出かけは、

一般的に生後1か月を過ぎてからと、

言われています。

 

 

生後1か月はお出掛けできないのはなぜ?

どうして生後1か月になるまで、

赤ちゃんはお出掛けできないのでしょうか?

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

ウィルスに対しての免疫がなく

まだまだ体が弱い為です。

 

また赤ちゃんは、

体温調節が自分で出来ない為、

  • 暑い夏
  • 寒い冬
  • 天候不良

季節によっては、

体温をコントロールできません。

 

また、ママ自身も産後の休息が、

必要なのも、もう一つの理由です。

 

産後のママの体は、

全治3カ月くらいの事故にあったのと、

ほぼ同じくらいのダメージを受けている、

といわれています。

 

よく、出産は病気じゃないから・・・

なんて言葉を聞きますが、

思っている以上に、

ママの身体は休息が必要なのです。

 

もし無理をしてしまうと、

  • 産後の鬱
  • ホルモンバランスの乱れ

こういった病気の原因に、

繋がってしまう事もあるので、

気を付けてくださいね。

 

 

 

赤ちゃんとの夏のお出かけの注意点は?

赤ちゃんと夏のお出かけの注意点

参照元:https://img.millymilly.jp/

それでは赤ちゃんとの、

夏のお出かけの注意点を紹介します。

 

いざお出かけをする時は、

何に注意したらいいのでしょうか?

 

これから来る夏に向けて、

赤ちゃんとのお出掛けの流れと、

夏のお出かけの注意点を紹介します。

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんとの夏のお出かけまでの流れ

1.自宅の窓を開けて、

部屋の換気をしながら外気浴する事。

 

2.庭やベランダで短時間の外気浴をする事。

赤ちゃんの皮膚はまだ薄く、

紫外線が真皮にまで届いてしまうので、

直射日光は浴びない様に注意して下さい。

 

3.近所をお散歩する事

 

4.いよいよ本格的なお出かけが可能です

 

ただし、本格的なお出かけは、

生後2か月を目安にしてくださいね。

 

また、赤ちゃんの首が、

完全に座っていない時のお出かけは、

必ず赤ちゃんに無理のない程度の、

お出かけ時間にすることが大切です。

 

 

赤ちゃんとの夏のお出かけの注意点

先ほども説明した通り、

赤ちゃんは体温調節が上手にできません。

 

ひとまず赤ちゃんと、

真夏のお出かけは避けたい所です。

 

でもママもリフレッシュが必要ですよね?

 

そんな時は比較的気温の低い、

朝方や夕方に赤ちゃんとお出かけする事を、

おすすめします。

 

また、真夏の日中のアスファルトは、

60℃近い温度になっています。

 

直接アスファルトの上を歩かなくても、

その照り返しで赤ちゃんが、

熱中症になってしまう事もあります。

 

アスファルトだけでなく、

車での移動の際は、

ベビーシートのベルトの、

金属部分の火傷に注意して下さい!

 

せっかくの赤ちゃんとの夏のお出かけです。

ママも赤ちゃんも無理なく、

夏のお出かけを楽しみましょう!

 

 

夏のお出かけの赤ちゃんの服装は?

夏の赤ちゃんの服装は、

  • 短肌着
  • 半袖カバーオール
  • 帽子

これらがおすすめですよ。

 

また赤ちゃんの夏の服の素材は。

あせもを防ぐ為、

  • 天竺
  • ガーゼ

汗を吸いやすい服装にして下さいね。

 

特に夏は紫外線が強いので、

赤ちゃん用の日焼け止めも、

忘れないで下さい。

 

 

 

赤ちゃんとの夏のお出かけの持ち物は?

赤ちゃんとの夏のお出かけでの持ち物は?

参照元:https://papimami.jp/

続いては、

赤ちゃんとの夏のお出かけの際に、

必要な持ち物を紹介します。

 

今回ご紹介するのは基本の持ち物です!

徐々に赤ちゃんとの夏のお出かけの回数を、

増やしていって赤ちゃんにあった持ち物を、

見つけてください。

 

準備物の一覧は、

  1. 母子手帳
  2. 健康保険証
  3. 乳児医療証
  4. おむつセット
  5. ガーゼ・スタイ
  6. 着替え1~2着
  7. 授乳ケープ・おくるみ・アフガンなど
  8. ミルクセット(哺乳瓶・ミルク・お湯)
  9. 虫刺され対策用のスプレー・シールなど
  10. 保冷剤

これらが基本セットです。

 

保冷剤は、

赤ちゃんの体温を下げる為ですが、

冷やしすぎには注意して下さいね。

 

また市販されている汗取りパッドも、

人気でおすすめですよ!

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんとの夏のお出かけの際にミルクはどうすればいいの?

赤ちゃんとの夏のお出かけの際にミルクはどうすればいいの?

 

赤ちゃんとの夏のお出かけの際に、

ミルクはどうすればいいかを紹介します。

 

赤ちゃんとの夏のお出かけとは、

楽しいですが、必ず悩まされるのが、

おむつとミルク事情です。

 

おむつは大体のトイレに、

おむつ替え台がついているので、

不安になる事は少ないですよ。

 

しかしミルクについては、

とても難しい問題です。

 

 

夏の赤ちゃんとのお出かけは、事前に計画を立てる事

赤ちゃんと夏のお出かけ前には、

必ず外出の計画を立てましょう。

 

どこに行くかを明確にしておけば、

その周辺の下調べができますよ。

 

最近の大きなデパートなどは、

授乳用の給湯器が設置してあります。

 

その建物を拠点にして、ミルクを与え、

赤ちゃんとの夏のお出かけを、

楽しむことができますよ。

 

もしお出かけする付近の周りに、

給湯器が設置してある建物がない場合は、

保温機能のある水筒にお湯を入れて、

持ち歩くようにして下さい。

 

また、粉ミルクは小さな袋に、

  • 1回分ずつ小分け
  • スティックタイプ

これらを持参するととても便利ですよ。

 

ただし、ミルクはたくさん栄養があり、

その分、雑菌が繁殖しやすい為、

お家で作り置きして、

持ち歩くことはしないで下さいね。

 

また、荷物に余裕があるようでしたら、

100円均一などで売っている、

深めのタッパーを持っていくと、

少ないお水でミルクを冷やせるので、

とても便利で重宝出来ますよ。

 

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんと夏にお出かけする際に、

一番大切なのは、事前準備です。

 

近年では、スマートフォンがあり、

どこでも色々と調べれるので、

赤ちゃんと夏にお出かけする際は、

ミルクなどの持ち物を準備した上で、

お出かけ先を決めると良いですよ!

 

今回は、赤ちゃんと夏のお出かけで、

  1. お出かけが出来る時期の目安
  2. お出かけ前の事前準備
  3. お出かけ時の注意点

ミルクの持ち物など紹介しました。

Sponsored Link