小学生

 

学校から元気に帰ってきて、

外でパワフルに遊ぶ小学生達。

 

平日は早く寝る小学生もいるでしょうし、

はたまた塾や習い事で、

なかなか寝る時間を確保出来ない、

ご家庭もあるかと思います。

 

そこで今回は、

 

  1. 小学生に必要な睡眠時間は?
  2. 小学生の睡眠時間が短いとどんな影響があるの?
  3. 小学生を早く寝かせるコツは?

3つに分けて紹介いたします。

 

Sponsored Link

 

小学生に必要な睡眠時間は?

小学生

 

一体小学生に必要な睡眠時間は、

どれぐらいなのでしょうか?

 

小学生の必要な睡眠時間は、

  • 小学校低学年
  • 小学校高学年

で少し違います。

 

小学校低学年では、

「10時間~10時間半」が、

理想と言われています。

 

小学校高学年の必要な睡眠時間は、

 「9時間~9時間半」が、

理想と言われています。

 

その必要な睡眠時間から逆算して、

小学生を朝起こす事を考えると、

  • 低学年では夜9時~9時半
  • 高学年では夜10時~10時半

などの時間に、

小学生を寝かせる事が、

理想ということになります。

 

ママやパパも昔両親に、

夜9時には寝ましょう!

と言われた記憶はありませんか?

 

Sponsored Link

 

 

小学生の睡眠時間が短いとどんな影響があるの?

小学生参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

小学生の必要で理想の睡眠時間は、

お分かりいただけましたでしょうか?

 

それでは小学生が必要だといわれている、

睡眠時間を確保できなかった場合、

一体どういう影響があるのでしょうか?

 

小学生の睡眠時間が短いと、

様々な影響があると言われております。

 

 

睡眠時間が短い時の影響:学習面

睡眠時間が短い時の影響は、

学習面」にあらわれます。

 

小学生の睡眠時間が短いと、

小学生の脳に疲労が蓄積されます。

 

その為、

小学生が授業に集中できないなど、

  • 学習能力
  • 学力低下

が起こり、

勉強のやる気がおきなくなります。

 

 

睡眠時間が短い時の影響:自律神経の乱れ

睡眠時間が短い時の影響は、

自律神経の乱れ」です。

 

睡眠時間が短いと、

小学生は怒りっぽくなり、

  • イライラ
  • 衝動行動
  • 忍耐力の低下

などを招いてしまいます。

 

 

睡眠時間が短い時の影響:基礎代謝の低下

睡眠時間が短い時の影響は、

基礎代謝の低下」です。

 

睡眠時間が短いと、

小学生の食欲を抑制する

ホルモンの分泌が低下して、

肥満体質になり太りやすくなります

 

 

睡眠時間が短い時の影響:成長ホルモンの減少

睡眠時間が短い時の影響は、

成長ホルモンの減少」です。

 

小学生の成長ホルモンには、

  • 疲労回復
  • 免疫力を高める
  • 身長を伸ばす

などの効果がある事で知られています。

 

小学生の成長ホルモンは、

寝ている間にしか作られません。

 

昔は、

ゴールデンタイム(夜10時~2時)に、

小学生が寝ていると、

なお良しとされてきました。

 

しかし最近の研究では、

眠り始めから3時間位で深い眠りに入り、

小学生の成長ホルモンが、

最も多く生成されると言われています。

 

 

まとめ

厚生労働省健康局によると、

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • うつ病

などのリスクが高くなるといわれています。

 

小学生が慢性的な睡眠不足やになると、

これらの予備軍になってしまいますので、

睡眠時間はしっかり確保しましょう。

 

 

Sponsored Link

 

小学生を早く寝かせるコツは?

小学生参照元:https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/

 

小学生の睡眠時間が短いと、

様々な影響がありましたよね。

 

それでは小学生を早く寝かせるコツを、

紹介していきます。

 

 

小学生を早く寝かせるコツ1:まぶしい光をさける

小学生を早く寝かせるコツは、

まぶしい光を避ける」という事です。

 

小学生を寝かせる際、

明るい光(蛍光灯)などを見せず、

寝かせる30分位前から、

  • TV
  • ゲーム
  • スマホ

などの画面などは消して、

部屋も暗くしましょう。

 

 

小学生を早く寝かせるコツ2:リズムを整える

小学生を早く寝かせるコツは、

リズムを整える」という事です。

 

小学生の睡眠時間から逆算し、

布団に入る2時間前には、

小学生の夕飯を済ませましょう。

 

また、小学生の睡眠時間から逆算し、

布団に入る1時間前には、

入浴を済ませる様にしましょう。

 

 

小学生を早く寝かせるコツ3:朝日を浴びる

小学生を早く寝かせるコツは、

朝日を浴びる」という事です。

 

小学生が朝起きた際、

朝日を浴びる事で、

小学生の体内時間がリセットされます。

 

そして地球のリズムに、

小学生の体のリズムを合わせる事で、

徐々に早寝早起きに切り替わります。

 

朝起きてすぐに動くのは、

少し大変ではありますが、

外には出ずに、

  • べランド

などから朝日を浴びても十分なようです。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の記事も参考にされています。

(教育の関連記事)

 

 

 

あとがき

小学生参照元:http://i2.wp.com/select.mamastar.jp/

 

いかがでしたでしょうか?

 

小学生とはいえ、まだ子供です。

小学生の睡眠時間を確保するには、

ママやパパの協力が必要です。

 

たまには一緒に布団に入って、

幼児の頃の様に、

本を読んであげ、添い寝してあげても、

小学生は嬉しいと思いますよ。

 

今回は、

 

  1. 小学生に必要な睡眠時間は?
  2. 小学生の睡眠時間が短いとどんな影響があるの?
  3. 小学生を早く寝かせるコツは?

3つに分けて紹介いたしました。

Sponsored Link