1歳参照元:https://cdn.mamari.jp/

 

子供は1歳を過ぎると、

今までなんとなく理解してくれていた、

ママやパパの言葉もしっかりと意味を捉え

話が出来るようになってきます。

 

赤ちゃんから、

子供へと成長するこの時期に、

どのようにして子供を褒めていますか?

 

今回は、

  • 子供(1~3歳)を褒めるとどのような効果がある?
  • 子供(1~3歳)を褒めるコツは?
  • 子供(1~3歳)の良い褒め方は?
  • 子供(1~3歳)の悪い褒め方は?
  • 子供(1~3歳)を伸ばす褒め方は?

5つに分けてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

子供(1~3歳)を褒めるとどのような効果がある?

褒める参照元:https://mama-peace.com/

 

最近では「子供を褒めて伸ばす」という、

言葉をよく耳にしますが、

1~3歳の子供を褒めると、

どのような効果があるのでしょうか?

 

 

子供(1~3歳)を褒める効果1:「自己肯定感が高くなる」

褒める参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

子供を褒める効果その1は、

自己肯定感が高くなる」ことです。

 

この「自己肯定感」とは、

  • 自分は大切な存在だ
  • 自分は価値のある存在だ

と感じる心の感覚です。

 

自己肯定感が高い人ほど、

自分のダメな所も含めて、

ありのままの自分を認める人に、

育っていくので、

  • 相手に感謝する心
  • 自分のミスを認める
  • 落ち込まない心を作る

が、育まれ自己肯定感が低い人よりも、

心理学的にも将来幸せになる

ということが分かっています。

 

この自己肯定感は、

大人になればなるほど、

高めることが難しくなるので、

幼少期から育んでいきたい、

大事な要素の一つです。

 

 

子供(1~3歳)を褒める効果2:「やれば出来るという自信がつく」

子供参照元:https://itmama.jp/

 

子供を褒める効果その2は、

やれば出来るという自信がつく

という事です。

 

大人になるにつれて、

出来て当たり前」と言われることが、

多くなりますよね。

 

1~3歳の頃の子供が、

出来たことを大好きなママやパパに、

褒めてもらうことで自分に自信がつきます

 

この自分に自信がつくことの、

繰り返しをすることで、

ミスを恐れずに挑戦する強い心を、

育むことが出来ます。

 

 

子供(1~3歳)を褒める効果3:「コミュニケーション能力が高くなる」

子供参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

子供を褒める効果その3は、

コミュニケーション能力が高くなる

という事です。

 

褒めることにより、自分に自信がもて、

他者の意見も素直に受け入れられる

そんな子供になっていきます。

 

そうすると自然と、

コミュニケーション能力が、

高い子供になっていきます。

 

このコミュニケーション能力は、

学校生活や社会人になっても、

とても大事な能力ですよね。

 

 

 

子供(1~3歳)を褒めるコツは?

子供参照元:http://googirl.jp/

 

子供を褒めるといっても、

どのように褒めれば子供に効果的なのか?

褒め方のコツをご紹介します。

 

 

子供(1~3歳)を褒めるコツ1:「年齢に合わせたリアクションで褒める」

褒めるコツ参照元:https://moomii.jp/

 

子供を褒めるコツは、

年齢に合わせたリアクションで、

褒める」という事です。

 

1~3歳の子供は、出来たことが嬉しい。

と感じる基礎をつくる時期です。

 

1歳の頃はまだまだ自分で、

言葉を話したり、

ママやパパの言葉でも、

よくわからない時があります。

 

ですので1歳の子供を褒める時は、

ママやパパは顔や体全身を使って、

オーバーなくらいの褒め方をします。

 

2歳、3歳になるにつれて、

どんどん大人の表情も読み取れるように、

なってくるので、

少し驚いたリアクションから、

にっこり笑って褒めるようにしましょう。

 

 

子供(1~3歳)を褒めるコツその2:「その瞬間のタイミングで褒める」

褒めるコツ参照元:http://www.obc1314.co.jp/

 

子供を褒めるコツは、

その瞬間のタイミングで褒める」です。

 

子供は一瞬一瞬を、

全力で駆け抜けています。

 

叱る時も同じですが、褒める時も、

出来たと感じたその瞬間に、

褒めることがとても大事です。

 

 

子供(1~3歳)を褒めるコツその3:「スキンシップを大事にしよう」

褒めるコツ参照元:参照元:https://img1.bizlady.jp/

 

子供を褒めるコツその3は、

スキンシップを大事にしよう」です。

 

褒めるときのママやパパの姿勢は、

どのような姿勢ですか?

 

子供が頑張ったことに対して、

立ったまま口頭で、

「出来たね。すごいね。」

と、言っていませんか?

 

子供を褒めるときには、

子供と目線を合わせて、

  • ハイタッチをする
  • 手を握る

子供に触れて、

スキンシップをとりながら褒めると、

子供にもダイレクトに、

ママやパパの感情が伝わり

嬉しさも倍増します。

 

Sponsored Link

 

 

子供(1~3歳)の良い褒め方は?

良い褒め方参照元:http://brava-mama.jp/

 

それでは続いて、

どのようにして褒めたらいいのか?

良い褒め方をご紹介します。

 

 

子供(1~3歳)の良い褒め方その1:「具体的に褒める」

良い褒め方参照元:https://s.eximg.jp/

 

子供の良い褒め方は、

具体的に褒める」ということです。

 

1~3歳の子供が今まで出来ない事を、

一生懸命取り組んで出来たことに対して、

すごいね」の一言で終わらせずに、

  • なにが
  • どうして
  • どうやって
  • 出来て
  • どうだったのか

を、具体的に褒めるようにします。

 

例えば、子供が外から帰ってきて、

手を洗うようになりました。

 

「偉いね。」と褒めるよりも、

「○○ちゃん。お家に着いて、

すぐに手洗いが出来たね。

綺麗になったね。アンパンマンも、

きれいな○○ちゃんの

手で触られると嬉しいよ。」

 

このように褒めてあげると、

うん。次もちゃんと手を洗う。

と、手を洗う習慣が身に付きます。

 

 

子供(1~3歳)の良い褒め方その2:「魔法の言葉の頑張ったねで褒める」

良い褒め方参照元:http://koarubiyori.jp/

 

子供の良い褒め方はその2は、

魔法の言葉の頑張ったねで褒める

という事です。

 

  • すごいね
  • 偉いね
  • いい子だね

と上記の3つが、

褒めるときによく出てくる、

キーワードかと思います。

 

しかし、この言葉よりも、

努力したプロセスを褒める

頑張ったね」という言葉で、

褒めるようにします。

 

一言「頑張ったね」だけではなく、

  • 何を
  • どのように

頑張ったのかを、

具体的に端的に子供に伝えます。

 

そうすることで子供は、

自分のことをちゃんと見てくれている

と実感し次へと繋がります。

 

 

子供(1~3歳)の良い褒め方その3:「何気ない日常を褒める」

良い褒め方参照元:http://koarubiyori.jp/

 

子供の良い褒め方その3は、

日常を褒める」です。

 

1~3歳の時期は「イヤイヤ期」と言われる、

なんでも嫌。と言う時期に差し掛かります。

 

この時期には、何気ない日常の中から、

小さなことを褒めるようにします。

 

そうすることで、いやいや!と、

反抗していた子供も、

少しずつやる気を出し、

どんどんと成長してくれます。

 

イヤイヤ期の対処法や特徴は下記に、

詳しく記載しております。

(イヤイヤ期の関連記事)

 

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方は?

悪い褒め方参照元:http://blogimg.goo.ne.jp/

 

一概に「褒める」と言っても、

良い褒め方があるならば逆に、

褒めることによって逆効果の、

悪い褒め方もあります。

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方その1:「中身を言わずにすごいと褒める」

悪い褒め方参照元:https://mugyuu.jp/

 

子供の悪い褒め方は、

内容を言わずに、すごいと褒める」事です。

 

いつも子供と向き合っている、

ママやパパでも、

忙しいときや時間がない時がありますよね。

 

そんな時に、

  • すごいね
  • 偉いね
  • 出来たね
  • よくやった

等の、単語で褒めて終わらせることは、

ありませんか?

 

これは、褒めるではなく、

おだてる」ということになり、

少し間違うと傲慢な子供になってしまいます。

 

また、子供の意識のどこかで、

「ママにすごいと言われたいがために、

物事をやる」というような、

ママのために頑張る子になってしまいます。

 

そしてついには、

褒められないと安心しない、

「自己肯定感」が低い子供になる、

可能性があります。

 

それでは、褒めて育てるの意味とは、

少し違ってきますよね。

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方その2:「他人と比較しながら褒める」

悪い褒め方参照元:https://iku-labo.jp/

 

子供の悪い褒め方は、

他人と比較しながら褒める」です。

 

○○ちゃんは、お隣の〇〇ちゃんよりも、

上手に出来たね。」など、

他人と比べて褒めてしまうと、

子供は自分もそのような目で、

周りから見られていると思います。

 

そして、そう思ってしまった子供は、

  • 劣等感を感じる
  • 自分を卑下するようになる
  • お友達を見下すようになる

など、マイナスな面がたくさん出てきます。

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方その3:「ご褒美をあげる褒め方」

悪い褒め方参照元:http://trickorheart.com/

 

子供の悪い褒め方は、

ご褒美をあげる褒め方」です。

 

1~3歳の子供を褒めるときに、

○○をしたら、ジュースをあげるよ!

などと物事をやらせ、終わったら褒めて、

さらにご褒美まであげる、

なんてことはないでしょうか?

 

これでは、

子供が自分の為に頑張った」ではなく、

「ご褒美の為に頑張った」

ということになります。

 

これを続けていると、

「ご褒美=報酬の為に頑張る子供」

になってしまいます。

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方その4:「結果論で褒める」

悪い褒め方参照元:http://ure.pia.co.jp/

 

子供の悪い褒め方は、

結果論で褒める」です。

 

大人になると「結果がすべて」と、

耳にすることもありますよね。

 

ですが1~3歳の子供にとっては、

結果がすべて」ではありません。

 

結果だけを褒められて育った子供は、

得意なことだけをして、

結果が出にくい苦手なことは、

チャレンジしなくなります

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方その5:「次は!と求めすぎない」

悪い褒め方参照元:http://eisai.s5.valueserver.jp/

 

子供の悪い褒め方は、

次は!と求めすぎない」です。

 

子供を褒めるときに、

ここが出来たね!すごいね!

でももっとこうしたらよかったかな。

と、次回もっとこうしたらいいと、

追加点を加えるのはやめましょう。

 

子供が自分で納得して出来た!と、

思っている事柄に対しては、

ママやパパも一緒に共感をして、

同じ心で喜び、褒めるように努めます

 

でも次は。と口に出すことで、

子供のやる気がそがれてしまい、

次回に繋がらなくなることが、

多く見られます。

 

 

子供(1~3歳)の悪い褒め方その6:「むやみやたらに褒める」

悪い褒め方参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

子供の悪い褒め方は、

やたらとむやみに褒める」です。

 

常日頃から、

  • 「○○ちゃんは、○○が出来てすごいわね」
  • 「○○君は、○○もするなんて偉いわね」

と声掛けをしていると、

そのママやパパの褒め方が、

子供にとっては、

プレッシャーとなってしまいます。

 

そして、

ママのいる前ではこうしなくては、

いけない。ママの顔が曇ってしまう

と、気を遣う子供になりがちです。

 

ここぞ!というときに、

褒めるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

 

子供(1~3歳)を伸ばす褒め方は?

伸ばす褒め方参照元:https://iku-labo.jp/

 

それでは、1~3歳の子供を伸ばす、

上手な褒め方をご紹介します。

 

 

子供(1~3歳)を伸ばす褒め方その1:「子供の気持ちに寄り添う」

伸ばす褒め方参照元:http://www.skincare-univ.com/

 

子供を伸ばす褒め方は、

子供の気持ちに寄り添う」ことです。

 

子供が一生懸命頑張って、

何か目標としていたことが出来た時、

一番嬉しいのは子供自身です。

 

その子供がママやパパに、

どや顔でとても嬉しそうに、

話しかけてきたり、

教えてくれたときには、

ママやパパも全力で喜びます。

 

このことを「共感する」と言います。

 

自分がチャレンジして出来た事は、

この出来事は自分にとっても、

ママやパパにとっても嬉しいこと。と、

子供は感じて、何事にも挑戦する心が、

育まれます。

 

一緒に同じ想いを共感しましょう。

 

 

子供(1~3歳)を伸ばす褒め方その2:「プロセスを褒める」

伸ばす褒め方参照元:http://www.preschool.tokyo/

 

子供を伸ばす褒め方は、

プロセスを褒める」ことです。

 

プロセスとは、「過程」のことです。

 

悪い褒め方のところに、

「結果」を褒めると書きましたが、

子供を伸ばすには、

努力した過程」を「具体的に褒める

ということが大事になります。

 

今は出来なくても、

努力したプロセスを褒めることで、

失敗を恐れずに、

挑戦する心を育むことが出来ます。

 

そうした積み重ねが、

将来の大きな成功につながる、

大切な土台になります。

 

 

子供(1~3歳)を伸ばす褒め方その3:「感謝の気持ちを伝えよう」

伸ばす褒め方参照元:http://sugubin.com/

 

子供を伸ばす褒め方は、

感謝の気持ちを伝えよう」です。

 

1~3歳の子供が、

ママやパパのことを思って、

チャレンジした物事であれば、

ママやパパが思った素直な気持ちのまま、

言葉にしてみましょう。

 

自分が頑張ったことで、

ママやパパが笑顔になるということは、

子供にとっても嬉しいことです。

 

 

子供(1~3歳)を伸ばす褒め方その4:「大変だった時こそ褒める」

子供(1~3歳)を伸ばす褒め方参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

 

子供を伸ばす褒め方は、

大変だった時こそ褒める」です。

 

これは、1~3歳に限らず、

これから成長していく我が子を、

見守るうえでとても大切なことです。

 

何か大きな壁にぶつかる時こそ、

しっかり子供の側で見守ります。

 

もし、その壁が大きすぎて、

もがいて失敗するときもあります。

 

そんな時こそ「頑張っているね」と、

声をかけてあげます。

 

ママやパパが見守ってくれていること、

粘り強く頑張ることの土台が築かれ

失敗を恐れずに何度も挑戦する

強い心が育まれていきます。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(1~3歳児の子育ての関連記事)

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

褒めるということは、

考えれば考えるほど奥が深く、

これからの子供の、

人生の土台の基礎を築くうえで、

欠かすことの出来ない、

大切なママやパパの想いです。

 

愛情を持って、

  • 端的
  • 具体的
  • その瞬間

に、子供を褒めてあげて下さいね。

 

今回は、

  • 子供(1~3歳)を褒めるとどのような効果がある?
  • 子供(1~3歳)を褒めるコツは?
  • 子供(1~3歳)の良い褒め方は?
  • 子供(1~3歳)の悪い褒め方は?
  • 子供(1~3歳)を伸ばす褒め方は?

など、5つに分けてご紹介しました。

Sponsored Link