この記事は5で読めます。

 

お小遣い参照元:https://itmama.jp/

 

子供が小学生頃になると、

悩むのが「お小遣い」ではないでしょうか。

 

  • 周りの友達はもらっているのか?
  • いくらもらっているのか?

など様々なことを

疑問に思われるママも、

多くいらっしゃると思います。

 

家庭の方針や子供の性格によっても、

お小遣いはきちんと相談をして、

決めなければいけません。

 

今回は、子供の小遣いについて、

小学生や中学生など年齢別の平均など、

  • そもそもお小遣いとは?
  • 子供の小遣いの相場は?
  • 年齢別の小遣いの平均は?

3つに分けて紹介します。

 

Sponsored Link

 

そもそもお小遣いとは?

お小遣い参照元:https://papimami.jp/

 

そもそもお小遣いとは、

なんのためにあげるのでしょうか?

 

  • 周りの友達がお小遣いを貰っている
  • 子供がほしいと言い出した
  • 子供に欲しいものがある
  • 子供にお小遣い帳をつけさせたい
  • 子供にお金の大切さを学ばせたい

これらのように様々なことがきっかけで、

お小遣いをあげようと思われるママも、

いらっしゃると思います。

 

お小遣いは渡し方によっては、

「お金の大切さを学べる」

というメリットがありますよね。

 

ではお小遣いをあげるならば、

いくらくらいが相場なのでしょうか?

続いてご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

子供の小遣いの相場は?

お小遣い参照元:https://www.drwallet.jp/

 

子供の小遣いの相場は、

いくらくらいなのでしょうか?

 

お金の管理が、

きちんとできるのであれば、

子供にお小遣いをあげるという

判断基準でされる家庭も多いようです。

 

では子供の小遣いの相場は、

いくらくらいなのでしょうか?

 

毎月お小遣いをもらっている

一般的なお小遣いの相場は、

以下のようになります。

 

 

子供の小遣いの相場:小学生の場合

子供の小遣いの相場としてまずはじめに、

小学生の場合」です。

 

小学生は基本的に、

紙幣であげるようなお小遣いではなく、

100円単位であげるのが相場です。

 

ですから小学生の場合は、

1年生は「100円」からはじまり、

高学年では「500円」が相場です。

 

 

子供の小遣いの相場:中学生の場合

子供の小遣いの相場としてつづいて、

中学生の場合」です。

 

こちらは小学生で

駄菓子などを買うという目的から、

  • 「ゲーム」
  • 「アクセサリー」

といったすこし高価なものを、

買いたくなる年齢でもありますよね。

 

ですから、中学生の場合はおおよそ、

1000円~3000円」が

相場になっているようです。

 

 

子供の小遣いの相場:高校生の場合

子供の小遣いの相場としてつづいて、

高校生の場合」です。

 

高校生では、

アルバイトをする子供もいますので、

お小遣いをあげる家庭と、

あげない家庭があると言えるでしょう。

 

しかし、

お小遣いがある高校生の場合は、

一般的な相場は「5000円」です。

 

高校生にもなると、

家計のことも考えた上で、

お小遣いをあげる必要がありますね。

 

Sponsored Link

 

年齢別の小遣いの平均は?

お小遣い参照元:https://www.drwallet.jp/

 

年齢別の小遣いの平均は、

いくらくらいなのでしょうか?

 

周りの友達と比較して

お小遣いの額を決めるより、

一番は子供の性格と家計のことを

考えましょう

 

おおよそではありますが、

ここでは年齢別の小遣いの平均が

いくらぐらいなのか?紹介します。

 

 

年齢別の小遣いの平均:小学生低学年の場合

年齢別の小遣いの平均として

まずはじめに、

小学生低学年の場合」です。

 

小学生の低学年である

1年生~3年生」の

お小遣いの平均はおおよそ、

100円~300円」です。

 

この時期は、

駄菓子を買ったりするのに

お金を使いますよね。

 

ですので、

たくさんあげる必要はありません。

 

またまだお金の価値観が、

分からない子供もいるため、

お小遣いをあげていない家庭もあります。

 

この時期は無理をして、

お小遣いをあげる必要はないでしょう。

 

 

年齢別の小遣いの平均:小学生高学年の場合

年齢別の小遣いの平均としてつづいて、

小学生高学年の場合」です。

 

小学生の高学年である

「4年生~6年生」のお小遣いの平均は、

おおよそ「400円~800円」です。

 

なかには1000円くらいというママも、

おられるようですが、

多くても800円が平均的になっています。

 

高学年にもなれば、

学校以外でも友達ができますよね。

 

特に習い事をした帰りに、

お菓子を買う子供もいるでしょう。

 

そのような付き合いのことも考えつつ、

金額的にはあげすぎないのが良いですね。

 

 

年齢別の小遣いの平均:中学生の場合

年齢別の小遣いの平均としてつづいて、

中学生の場合」です。

 

中学生の小遣いの平均として、

おおよそ「1000円~3000円」です。

 

中学生にもなれば

  • 部活
  • 習い事
  • お昼ご飯

など様々なきっかけで、

お金を使う場面が増えますよね。

 

子供が小遣いをたくさん、

使いすぎてしまうようであれば、

あげすぎはよくありません。

 

この時期は反抗期もあるために、

きちんと性格をみて考慮しつつ、

子供と話し合うことをおすすめします。

 

 

 

この記事を読んで頂いた方へ

この記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(子育てに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

お小遣い参照元:https://www.drwallet.jp/

 

子供にお小遣いを渡すのはきちんと、

  • お金の管理ができる年齢
  • 計算ができる年齢

になってから、

あげるのが良いかもしれませんね。

 

また社会性を学ぶためや、

  • お金の価値
  • 習慣をつける練習

をすることを考えたり、

勉強をしてもらうために、

お小遣い制度を導入するのも、

良いかもしれません。

 

しかし家計のことも考えつつ、

お小遣い制度を取り入れるかどうかを、

判断すると良いでしょう。

 

今回は、子供の小遣いの相場について、

小学生や中学生など年齢別の平均など、

  • そもそもお小遣いとは?
  • 子供の小遣いの相場は?
  • 年齢別の小遣いの平均は?

3つに分けて紹介しました。

Sponsored Link