子供が歯ブラシを噛むと、

歯ブラシがすぐダメになったり

歯磨きが進まなくてイライラしますよね。

 

しかし子供の歯磨きはとても大事なので、

子供が歯ブラシを噛んでも、

歯ブラシを噛まないで!」と言いながら、

一生懸命歯磨きをされているママパパも、

多いと思います。

 

そこで今回は、子供が歯ブラシを噛む、

  • 理由と対処法
  • 歯ブラシの復活方法

これらを紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

1歳~5歳の子供が歯ブラシを噛む理由は?

子供が歯ブラシを噛む理由は参照元:http://www.mamaikuzi.com/

 

子供が歯ブラシを噛む理由を、

3つ紹介します。

 

せっかく買った歯ブラシも、

子供が噛んでしまい、

すぐにブラシの先が広がり

使えなくなってしまいますよね。

 

どうして子供は歯ブラシを、

噛んでしまうのでしょうか?

 

 

噛む理由1:ながら歯磨き

1つ目の子供が歯ブラシを噛む理由は、

歯磨きをしている時に、

  • テレビを見ながら
  • 音楽を聴きながら
  • 絵本を読みながら
  • スマホを見ながら

こういった「ながら」の

歯磨きをしていませんか?

 

歯磨きに集中せずに、「ながら歯磨き」を

しているとついつい口に入っている物を、

噛む」という癖に繋がるようです。

 

 

噛む理由2:歯ブラシが苦手

2つ目の子供が歯ブラシを噛む理由は、

1歳を過ぎてくると、

日常的に口に入れるものの大半が、

食べ物や飲み物ですよね。

 

口に入ったものを、

噛んで細かくして飲み込む。

というのが当たり前になっています。

 

しかし歯ブラシとなると、

噛まずに口を開けたり

「いーっ」と横に結んだりして、

歯磨きをしますよね。

 

歯ブラシが口の中に入ると、

子供は「異物」と認識してしまい、

歯ブラシが苦手になる場合があります。

 

 

下記関連記事でさらに詳しく紹介しています。

子供が歯磨きを嫌がる理由や対処法は?(1歳~3歳編)

 

 

噛む理由3:物を噛む癖がある

3つ目の子供が歯ブラシを噛む理由は、

何かを口に入れて噛む=欲求不満や緊張、

不安な状態にある」と言われています。

 

ママやパパが忙しくて、

日常的に甘えが足りていない場合の、

愛情不足や、お友達とのトラブルを、

抱えている場合もありますので、

一度観察してあげて下さいね。

 

Sponsored Link

 

 

子供が歯ブラシを噛む時の対処法は?

子供が歯ブラシを噛む時の対処法参照元:http://ixil.info/

子供が歯ブラシを噛んでしまった時、

どうしたら噛まないようになるのか?

対処法を5つ紹介します。

 

 

対処法1:歯磨き時に向かい合って笑う

1つ目の子供が歯ブラシを噛む対処法は、

これは噛み癖のあった我が家の娘でも、

一番効果的だった対処法です!

 

子供が自分で歯ブラシをもって、

歯磨きをする時に、

ママパパと向かい合って、

真似っこするよー!」と、

声かけしながら、ママやパパが鏡となって、

一緒に歯磨きをする方法です。

 

向き合って真似をする事で、

自分がどういう形で歯磨きをしているか

子供に伝わりやすく、

自然と歯ブラシを噛む事が少なくなります。

 

そうすると、甘えん坊な子供も、

ニコニコと歯磨きをするようになりますよ。

 

 

対処法2:ママやパパの歯磨きが痛い

2つ目の子供が歯ブラシを噛む対処法は、

歯磨きを嫌がる子供に、

虫歯にならないようにしっかり歯磨きを、

しようと思っているママやパパが原因

かもしれません。

 

抑えつけたり、無理やり歯磨きをして、

必要以上に力が入っていませんか?

 

子供はママやパパの磨き方が強くて、

痛いがために、抵抗の意味を込めて

歯ブラシを噛む事もあります。

 

ママもパパもリラックスして、

歯磨きをしてあげましょう。

 

 

対処法3:歯磨き時に手鏡を使う

3つ目の子供が歯ブラシを噛む対処法は、

仕上げ歯磨きをする際に、

子供に手鏡を渡してみて下さい。

 

子供にママやパパの膝の上で、

ごろんとしてもらい、

両手で鏡を持ってもらいます

  • 「今から歯磨きするよ」
  • 「歯ブラシを噛むと奥歯が見えない。」
  • 「黒くなっていない?虫歯ないかな?」

と子供に歯が良く見えるように、

声かけをしながら歯磨きをします。

 

そうすると子供も自分の歯を見たり、

噛んでいるという行動を、

自分で見て分かるので、

子供が歯ブラシを噛む回数が、

少なくなってきます。

 

注意してほしいことは、

歯ブラシを噛むということを、

伝えるときに怒らないことです。

 

優しく楽しく伝えてあげて下さいね。

 

 

対処法4:歯磨き中に褒める・言葉にする

4つ目の子供が歯ブラシを噛む対処法は、

自分よりも小さな弟や妹がいると、

やきもちを焼いて、

もっと自分に構ってほしい!」という、

思いが表れて歯ブラシを噛んでいる

可能性があります。

 

子供と歯磨きする時は何回も名前を呼んで、

  • 「〇〇ちゃんは、上手だね」
  • 「〇〇ちゃんとの歯磨きは楽しいな」

ママやパパは大事に思っている気持ちを、

言葉で伝えてあげて下さいね。

 

 

対処法5:歯磨きの絵本を使う

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノンタン はみがきはーみー [ キヨノサチコ ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/4/22時点)

5つ目の子供が歯ブラシを噛む対処法は、

お手本となる歯磨きの絵本を、

子供の歯磨き前に読んであげて下さい。

 

本読みをしている最中に、

  • 「大きなお口だね」
  • 「イーってするの上手だね」

絵本の中の登場人物を沢山褒めます

 

そして実際に子供の歯磨きをしている時に、

絵本と同じように褒めてみて下さい。

 

きっといつもよりも、

大きな口を開けてくれるはずです。

 

そうすると、

ママも短時間で歯磨きをしてあげれて、

子供もたくさん褒めてもらえて嬉しい

歯磨きタイムが過ごせますよ。

 

Sponsored Link

 

 

噛んでダメになった歯ブラシの復活方法は?

歯ブラシの復活方法参照元:http://www.ourtoolsforthought.org/

子供が噛んでダメになった歯ブラシを、

ブラシの先をきれいに整えれる裏技を、

紹介していきます。

 

 

歯ブラシの復活方法:お湯につけて戻す

歯ブラシの先端の復活方法の準備物は、

  1. 80℃お湯が入った器
  2. 冷水

この2つだけです。

 

まず歯ブラシの柄の部分を持ち、

歯ブラシの先をお湯につけ、

1分ほどぐるぐると回転させます。

 

すると歯ブラシのブラシの部分が、

段々とまっすぐになってくるので、

まっすぐになってきたなと感じたら、

冷水につけてブラシの形を整えます。

 

これは、ブラシはナイロンなので、

ナイロンの性質である形状記憶が、

熱によって元に戻る仕組みです。

 

ただし完全に元に戻るわけではないので、

応急処置として覚えておいて下さい。

 

 

(子供の関連記事)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

子供がきちんと歯磨きをしないと、

虫歯になってしまうと不安になったり、

ママパパも色々と悩んでしまいますよね。

 

今回紹介した理由や対処法を参考に、

是非、歯ブラシの時間が楽しくなるように、

ママやパパが工夫してあげて下さい。

 

ママやパパが変われば、

子供も少しずつ変わっていってくれますよ。

 

今回は、子供が歯ブラシを噛む、

  • 理由や対処法
  • 歯ブラシの復活方法

これらを紹介しました。

Sponsored Link