新しい家族が増える!

とても幸せで、本当に嬉しい出来事ですよね。

 

また、生まれてくる赤ちゃんの性別が、

女の子?男の子?と考えるのも、

楽しみの一つですよね。

 

そこで今回は、

お腹の赤ちゃんの性別はいつ頃わかるのか、

時期やジンクスについて紹介していきます。

Sponsored Link

 

赤ちゃんの性別はどうやって決まるの?

赤ちゃんの性別はどうやって決まるの? 参照元:http://blog-imgs-93.fc2.com/

実は、赤ちゃんの性別は受精した時に

既に決まってます。

 

少し難しい話になりますが、

赤ちゃんの性別が決まるには、

2種類の染色体が関わっています。

 

それは、X染色体とY染色体の2つです。

染色体には2種類ある参照元:http://babyrina.jp/

しかしながら、

お母さんの体内にある卵子には、

実はX染色体しかありません。

 

そしてお父さんの体内の精子には、

XとYの両方の染色体があります。

 

その受精卵の卵子と、

精子の染色体の組み合わせが、

即ちXとYの染色体の組み合わせが、

性別を決める訳であります。

 

要するに、

  • XとXなら、赤ちゃんの性別は女の子
  • XとYなら、赤ちゃんの性別は男の子

 

このように精子のもつ染色体によって、

赤ちゃんの性別が決まります。

 

 

赤ちゃんの性別はいつ分かるの?

赤ちゃんの性別はいつわかる?参照元:https://d3qkf9lgf3mkts.cloudfront.net/

健診の度に大きくなる赤ちゃんを見て、

赤ちゃんの性別がいつ分かるのかな?

ついつい気になってしまいますよね。

 

赤ちゃんの性別が、

エコー(超音波検査)で分かる様になるのは、

いつからなのでしょうか?

 

ちなみにエコーとは、

お母さんの体の表面に超音波を発信する、

ブローブと呼ばれるものを付けて、

その反射した信号を画像に変換して、

心臓の動きを見れる検査の事です。

 

少し話が脱線してしまいましたが、

赤ちゃんの性別が大体わかるのは、

早ければ妊娠16週(5ヶ月)頃からです。

赤ちゃんの性別参照元:http://blog-imgs-31.fc2.com/

妊娠16週(5ヶ月)頃といえば、

辛かった悪阻(つわり)も少しずつ、

少なくなってくる時期ですよね。

 

そしてさらにはっきりと、

赤ちゃんの性別が判断できるのは、

妊娠24週(7ヶ月)になります。

Sponsored Link

 

赤ちゃんの性別はどうやって判断をされるの?

ちゃんの性別はいつ参照元:https://imgcp.aacdn.jp/

続いては、赤ちゃんの性別は、

どうやって判断をされるのでしょうか?

 

それは病院のエコーで胎児の股の部分を、

見て判断されています。

 

股の所に突起物の様なものがあれば、

赤ちゃんの性別は「男の子」になります。

 

股のところに葉っぱのような形が見えれば、

赤ちゃんの性別は「女の子」になります。

 

100%確定という事ではありませんが、

概ね当たっている事が多いようです。

 

しかしながら、赤ちゃんの体勢が、

見えづらい姿勢だったり、

恥ずかしがってなかなか、

見せてくれない。という時もあります。

 

そんな赤ちゃんだった場合は、

健診前にお腹に向かって

『ママにだけ教えて欲しいなぁ』と、

おまじないの様に問いかけ、

話しかけてみると、

教えてくれるかもしれませんよね。

 

 

赤ちゃんの性別を間違えて診断される事があるの?

赤ちゃんの性別を間違えて診断される事があるの?参照元:http://matomake.com

しかしいざ出産してみたら、

事前にお医者さんに聞いていた、

赤ちゃんの性別が逆だった

という話を聞いたりします。

 

それは、エコー診察の時に、

股の間に実は隠れていたり、

へその緒がそれっぽく見えてしまったりと、

赤ちゃんの性別を、

間違えてしまう事があります。

 

しかしながら一昔前と比べると、

現在のエコーの技術は発達しており、

赤ちゃんの性別を正しく見分ける事が、

出来る確率は高くなっています。

 

ただそれでも、赤ちゃんの性別を、

確実に判断できるわけではないので、

もしかしたら・・・という、

可能性を知っておいた方が良いですよ。

 

なぜ妊娠中に赤ちゃんの性別が分かった方がいいの?

なぜ妊娠中に赤ちゃんの性別が分かった方がいいの?参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

赤ちゃんの性別が出産前に分かると、

どんなメリットがあるのでしょうか?

 

主にこんなメリットがあります。

  • 肌着などの購入準備ができる
  • 名前を予め考える事ができる
  • お祝いの用意に性別を答えれる

 

例えば、

赤ちゃんの性別が男の子なら、

  • 洋服は水色や青など
  • 男の子っぽい名前

 

赤ちゃんの性別が女の子なら、

  • 洋服はピンクや赤など
  • 女の子っぽい名前

 

等と、事前に色々と準備が出来るので、

余裕をもって出産を迎えれますよね。

 

そして産後もバタバタする事もなく、

ゆっくりと過ごす事が出来ますね。

 

 

 

勿論、赤ちゃんが生まれてから、

揃えてもいいのですが、

出産後は何かと忙しく、

時間が無いと思っていた方が良いですよ。

 

しかしそれでも、

赤ちゃんが産まれてから性別が違う!

なんて事も稀にあります。

 

そんな心配がある方は、

肌着などはどちらの性別で産まれても、

着る事ができる色の服も揃えておくと、

いざという時に便利ですね。

 

 

赤ちゃんの性別を見分ける方法、決めるジンクスは?

赤ちゃんの性別を見分ける方法、決めるジンクスは?参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

赤ちゃんの性別の見分け方には、

昔ながらの方法やジンクスがあるので、

いくつか紹介していきます。

 

・顔つきが変わる

これはよく耳にするジンクスかもしれません。

 

赤ちゃんの顔つきがきつくなれば、

性別は男の子で、

赤ちゃんの顔つきが優しくなれば、

性別は女の子が生まれる。

と言われています。

 

続いては、

・お腹の出方

赤ちゃんの性別が、

男の子だと母体のお腹が前に突き出る

 

赤ちゃんの性別が、

女の子だと母体のお腹が横に広がる

 

これは私も経験した事があります。

 

私の場合は赤ちゃんは男の子でしたが、

妊娠中のお腹をみた家族から、

「新幹線の横顔みたいに突き出ている!」、

と言われた事がありました。

 

まさに赤ちゃんの性別を見分ける、

昔から言われている方法通りで、

出産後少しびっくりしました。

 

最後に、

・つわりのひどさ

赤ちゃんの性別が、男の子ならつわりが軽く

赤ちゃんの性別が、女の子ならつわりがひどい

 

勿論つわりには個人差がありますし、

つわりがひどかったけれど、

赤ちゃんの性別は男の子だったという

ママもいます。

 

いずれも科学的な根拠はありませんが、

お腹の中の赤ちゃんの性別が、

いつわかるのかなぁと考えるだけで、

とても幸せで、

待ち遠しい気持ちになりますよね。

Sponsored Link

 

出産するまで赤ちゃんの性別を聞かない人はなぜ?

出産するまで赤ちゃんの性別を聞かない人はなぜ?参照元:https://d3reun7bhr7fny.cloudfront.net/

出産まで赤ちゃんの性別を、

あえて聞かないというママも

少なくはありません。

 

希望する赤ちゃんの性別ではなかった時に、

落ち込まないようにという理由だったり、

生まれてきてからのお楽しみにしたいと、

いう方も中には沢山いらっしゃいます。

 

そういった様々な考えのお母さんがいるので、

お父さんとよく話合って、

楽しく妊婦生活を楽しめる方法を、

是非、選んで下さいね!

 

 

(関連記事)

 

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの性別が分かる時期や、

ジンクスや理由は知れましたでしょうか?

 

どんなお母さんでも一番強く願うことは、

まずは五体満足で元気に、

生まれてきてくれる事ですよね。

 

赤ちゃんの性別が分かると、

勿論楽しいことも増えます!

 

でも、赤ちゃんの性別はいつなの?と、

あまり重視しすぎずに、

あっという間に終わってしまう、

妊婦生活を楽しむ一つぐらいで考えた方が、

ちょうど良いかも知れませんよね。

 

今回は、

お腹の赤ちゃんの性別はいつ頃わかるのか、

時期やジンクスを紹介しました。

Sponsored Link