赤ちゃん参照元:http://mangatop.info/

 

赤ちゃんがグズグズだけど、

少しでも家事をしたい。

 

また、外に出掛けるのに、

ベビーカーは少し邪魔になる。

 

そんな時に大活躍するのが、

赤ちゃんの抱っこ紐です。

 

そこで今回は、

赤ちゃんの抱っこ紐はいつから?で、

エルゴベビーなど人気の抱っこ紐を、

紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの抱っこ紐はいつから?

赤ちゃん参照元:http://iku-share.jp/

 

新生児の赤ちゃんは、

まだ首も座っておらず、

骨もそこまで丈夫ではないので、

身体はフニャフニャした状態です。

 

その状態で、赤ちゃんはいつから、

抱っこ紐を使用できるのでしょうか?

 

赤ちゃんの抱っこ紐は、

種類によって使える、

  • 年齢
  • 月齢

が様々なので、種類によっては、

新生児から使用可能な物もあります。

 

しかし首がすわっていない赤ちゃんは、

縦抱きをしてしまうと、

たとえママの抱っこでも、

首に負担がかかると言われています。

 

新生児から使える抱っこ紐は、

赤ちゃんが横になれるよう、

横抱きで抱っこすることが出来ます。

 

赤ちゃんの普段の寝ている姿勢に近い、

横抱きをしてあげることで、

赤ちゃんに負担をかけずに、

長時間抱っこ紐を使用できます。

 

また、抱っこ紐を使用することで、

赤ちゃんにとっても、

ママのお腹の中にいるのと、

同じように感じられるので、

より安心感が得られるそうです。

 

また、首が座る4カ月頃からは、

縦抱きをしても、

身体に負担が掛かりにくいとされています。

 

その為、首がすわってからは、

ほとんどの抱っこ紐が使用可能になります。

 

 

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類は?

赤ちゃん参照元:http://nippon-51ch.com/

 

それでは、

赤ちゃんの抱っこ紐の種類を、

紹介していきます。

 

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類1:「横抱きができる抱っこ紐」

赤ちゃん参照元:http://ashiko.blue/

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類で、

新生児~生後6か月まで、

使用可能な抱っこ紐は、

横抱きができる抱っこ紐」です。

 

新生児は首の骨が発達しておらず

自分で首を支えることが、

とても難しいのです。

 

新生児とのお出かけについては、

  • 一ヵ月検診の時
  • どうしても出かけなければいけない時

のみになられる方が多いとおもいます。

 

その時に抱っこ紐があると、

赤ちゃんに負担をかけずに、

お出かけが便利になります。

 

その時に使用する抱っこ紐が、

横抱きが出来る抱っこ紐です。

 

元から横抱き用に設計されている、

抱っこ紐や、普段は縦抱き用ですが、

別売りのインサートを装着し、

横抱きにする抱っこ紐などもあります。

 

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類2:「縦抱きができる抱っこ紐」

抱っこ紐参照元:https://stat.ameba.jp/

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類で、

生後4か月~生後1歳位まで、

使用可能な抱っこ紐は、

縦抱きのできる抱っこ紐」です。

 

抱っこ紐の中で、

一番大活躍するのが、

この「縦抱きができる抱っこ紐」です。

 

抱っこ紐を使用した縦抱きの中でも、

  • 対面抱っこ
  • 前向き抱っこ

の2種類があります。

 

 

対面抱っこ:赤ちゃんの抱っこ紐の種類1

抱っこ紐参照元:http://www.ergobaby.jp/

 

首が座る4か月頃からの、

基本の抱っこ紐の使い方は、

対面抱っこ」になります。

 

ママのお腹にちょうど赤ちゃんがくるように、

抱っこするのでママからも、

赤ちゃんからもどっちの顔も見れるため、

とてもコミュニケーションが図りやすい

抱っこの方法です。

 

また、こちらの対面抱っこですが、

専用の新生児シートを使用すれば、

新生児からでも使える抱っこ紐もあります。

 

 

前向き抱っこ:赤ちゃんの抱っこの種類2

抱っこ紐参照元:https://www.real-nappies.com.au/

 

こちらの抱っこは、

ママのお腹の位置で赤ちゃんを、

抱っこしますが、

赤ちゃんはママの方ではなく、

外を見る形での抱っこの仕方です。

 

ママからは顔を見ることが出来ませんが、

赤ちゃんからは寝ている状態では、

見ることのできない景色が広がっているので、

グズグズしている時も、

ぱっと顔を輝かせてくれることが、

とても多くあります。

 

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類3:「おんぶができる抱っこ紐」

抱っこ紐参照元:https://cdn.kaumo.jp/

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類で、

生後4か月~生後2歳位まで、

使用可能な抱っこ紐は、

おんぶができる抱っこ紐」です。

 

赤ちゃんがお腹の前にいると、

家事などが出来ない事もありますが、

赤ちゃんを「おんぶ」をすることで、

ママの両手もお腹の前も空くので、

ママがしたいことが出来るようになります。

 

また、赤ちゃんも視界が広がりつつ、

ママの背中の温かさを感じることの出来る、

抱っこの方法です。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんの抱っこ紐のメリット・デメリットは?

赤ちゃんの抱っこ紐参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

赤ちゃんの抱っこ紐の種類を、

ご紹介しましたが、

実際に使ったママやパパの感想を交えて、

抱っこ紐の種類のメリット・デメリットを、

紹介していきます。

 

 

抱っこ紐のメリット1:「ママと赤ちゃんが密着出来る」

赤ちゃんの抱っこ紐参照元:https://papimami.jp/

 

抱っこ紐の最大のメリットは、

ママと赤ちゃんが密着出来ることです。

 

命を授かってから赤ちゃんは、

ずっとママのお腹の中にいました。

 

出産後ママと離れただけでも、

不安でいっぱいな赤ちゃんですが、

抱っこ紐を使用することで、

離れていたママとの距離が、

ぐんと近くなります

 

そうすることで赤ちゃんは、

とても安心感が得られ、

自分は愛されている」という、

  • 基本的信頼感
  • 愛着形成

が、なされていきます。

 

 

抱っこ紐のメリット2:「赤ちゃんの視界が広がる」

赤ちゃんの抱っこ紐参照元:http://www.lucky-baby.co.jp/

 

抱っこ紐のメリットは、

赤ちゃんの視界が広がるということです。

 

普段寝て過ごしたり、首が座っても、

  1. 寝返り、
  2. ハイハイ

までは、もう少し時間がかかります。

 

そんな時に、ママやパパに、

抱っこしてもらうことで、

いつもとは違った景色を見たり、

感じたりすることが出来ます。

 

そうして五感が研ぎ澄まされ、

様々な刺激を受けることで、

将来的に好奇心旺盛な子供に育つ

と考えられています。

 

 

抱っこ紐のメリット3:「ママやパパの身体の負担が少ない」

赤ちゃんの抱っこ紐参照元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

抱っこ紐のメリットは、

ママやパパの身体への負担が少ない

ということです。

 

抱っこ紐の種類によって様々ですが、

抱っこ紐は赤ちゃんの体重を、

肩や腰色々な所に分散させて

抱っこすることが出来ます。

 

そうすることでママやパパの、

身体にかかる負担の偏りを軽減できます。

 

また、腰痛や肩こりに悩むママにも、

悩みに合わせた抱っこ紐を選ぶことで、

普段の悩みを和らげることが出来ます

 

次に、抱っこ紐のデメリットも紹介します。

 

 

 

抱っこ紐のデメリット1:「使い方を誤ると危ない」

抱っこ紐のデメリット参照元:https://rr.img.naver.jp/

 

 

抱っこ紐のデメリットは、

使い方を誤ると危ないということです。

 

とても便利な抱っこ紐ですが、

使用方法を正しく把握していないと、

大きな事故につながります

 

実際に抱っこ紐の事故は、

毎年多く報告されています。

 

一番多い事故は、

赤ちゃんを対面抱っこしたまま、

下に落ちたものを拾おうとして、

赤ちゃんが抱っこ紐から、

落ちてしまうというケースです。

 

他にも事故は沢山報告されているので、

使い方は正しく学んで、

ママとパパで共有していきましょう。

 

 

抱っこ紐のデメリット2:「赤ちゃんの身体に負担がかかる」

抱っこ紐のデメリット参照元:http://kosotsuba.com/

 

 

抱っこ紐のデメリットは、

赤ちゃんの身体に負担がかかることです。

 

この意見については賛否両論ですが、

赤ちゃんの月齢に合った、

抱っこの仕方をしていても、

寝ているだけの自然な状態ではないので、

少なからず赤ちゃんの身体に、

負担がかかってしまいます。

 

なにかと忙しいママには、

とても抱っこ紐は便利なので、

  • 抱っこ紐の使い方
  • 赤ちゃんの姿勢

などに細心の注意を払って、

抱っこ紐を使用するようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

 

エルゴベビーなど人気の抱っこ紐は?

人気の抱っこ紐参照元:https://genki-mama.com/

 

それでは、ママやパパに重宝できる、

抱っこ紐の人気ランキングをご紹介します。

 

 

人気の抱っこ紐・第5位:「エルゴベビー ADAPT」

人気の抱っこ紐の第5位は、

エルゴベビー アダプト」です。

 

2016年に発売された新モデルで、

新生児から使える抱っこ紐です。

 

このアダプトは付属品なしで、

新生児から使用可能で、

赤ちゃんのぐらつく首も、

しっかりサポートします。

 

また、ママやパパの背中を、

クロスするタイプの紐なので、

肩にかかる負担を軽減してくれます。

 

これ一本で新生児~4歳頃まで、

長く使えるのが嬉しいですね。

 

 

人気の抱っこ紐・第4位:「エルゴベビー キャリア オリジナル」

人気の抱っこ紐の第4位は、

エルゴベビー キャリア オリジナル」です。

 

こちらは、エルゴベビーの定番で、

昔から根強い人気を誇っています。

 

パッドが入った、

  • 腰ベルト
  • 肩ベルト

赤ちゃんの体重を分散させてくれ

ママやパパの身体を労わってくれます。

 

また、赤ちゃんの肌に優しい、

コットン100%で作られ、

デザインも豊富にあるので、

ママやパパのとっておきの、

一本が見つかるはずです。

 

 

人気の抱っこ紐・第3位:「ベビービョルン 抱っこ紐 ONE+Air」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★2017年最新カラー★ ベビービョルン 抱っこ紐 ONE+Air 【SGモデル…
価格:21600円(税込、送料無料) (2017/6/17時点)

人気の抱っこ紐の第3位は、

ベビービョルン 抱っこ紐

ONE+Air」です。

 

日本の気候は暑く湿気が多いので、

赤ちゃんは汗をかきやすく、

抱っこをしていると、

蒸れやすい状態にあります。

 

そんな日本の気候に合わせて作られたのが、

メッシュ素材で出来ている抱っこ紐です。

 

こちらも付属品なしで、

新生児からも使用が可能です。

 

抱っこ紐の中で、

赤ちゃんは自由に手足を動かせるため、

筋肉の発達を促し、

  • 運動能力
  • バランス感覚

の発達を阻害することなく、

安定した抱っこが出来ます。

 

 

人気の抱っこ紐・第2位:「アップリカ コラン ハグ」

人気の抱っこ紐の第2位は、

アップリカ コラン ハグ」です。

 

こちらの抱っこ紐は、

日本人のママの体型をよく考えて、

作られており、

  • 肩ベルト
  • 腰ベルト

ママにしっかりフィットして、

疲れにくさを追求した一本です。

 

また赤ちゃんが、

抱っこ紐をすることで、

懸念されている「股関節脱臼」ですが、

赤ちゃんの足が開きすぎないよう、

自然なM字を保ちます

 

新生児の横抱っこから、

おんぶまで長く使えるのも、

嬉しい点ですね。

 

 

人気の抱っこ紐・第1位:「エルゴベビー 360」

人気の抱っこ紐 第1位は、

エルゴベビー 360」です。

 

こちらの抱っこ紐は、

  • 対面抱っこ
  • 前向き抱っこ
  • 腰抱っこ
  • おんぶ

4通りの抱っこができ、

赤ちゃんの自然な座りの姿勢を、

サポートしてくれます。

 

360度全方位で、

快適に抱っこが出来る抱っこ紐で、

赤ちゃんの好奇心も、

ますます刺激出来ること間違いなしです。

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

(ベビーグッズに関する関連記事)

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

抱っこ紐は種類によって、

新生児から使えるものや、

4か月~使える抱っこ紐がありましたね。

 

メーカーによっても、

抱っこ紐の作りや、

目的としていることが違いますので、

ママとパパでよく相談して、

理想の一本を探してみて下さいね。

 

今回は、

赤ちゃんの抱っこ紐はいつから?で、

エルゴベビーなど人気の抱っこ紐を、

ご紹介しました。

Sponsored Link