赤ちゃんは体温が高く、

大人よりも汗かきです。

 

夏になると「あせも」など、

肌のトラブルも多くなってきますよね。

 

また特に赤ちゃんの服装の中でも、

肌着には気を使ってあげて下さいね。

 

今回は、新生児から6ヶ月頃の、

赤ちゃんの夏の室内・外出時の服装や、

おすすめの肌着を紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

新生児~6ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は?

新生児~6ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は?

赤ちゃんは、

体温調節機能が未発達ですが、

2歳頃までに除々に発達していきます。

 

特に夏は気温が高いので、

服装に気をつけずに何枚も着せ過ぎると、

赤ちゃんは「あせも」「かぶれ」などを、

引き起こしてしまいます。

 

新生児~6ヶ月の赤ちゃんの夏の服装は?

 

また、赤ちゃんの体温が上がりすぎると、

体内に溜まってしまったを、

うまく体外に放出できなくなります。

 

その為、赤ちゃんがうつ熱状態になったり、

赤ちゃんの呼吸が止まってしまうなどの、

乳幼児突然死症候群のリスクが、

高くなってしまいます。

 

だからといって、

赤ちゃんの服装を薄着にさせすぎると、

エアコンなどで体が冷えてしまい、

夏風邪をひいてしまいます。

 

その為、は特に、

パパとママが赤ちゃんの服装に注意し、

代わりに体温調節をしてあげることが、

とても大切です。

 

では、夏にどういった服装をすればいいのか、

赤ちゃんの月齢にあった夏の服装を、

紹介します。

 

 

新生児期(1~2ヶ月)の赤ちゃんの夏の服装

新生児は動きが少ないので、

夏の服装は、

長肌着コンビ肌着がおすすめです。

 

長肌着

参照元:http://img.ponparemall.net/

 

赤ちゃんはベッドで過ごす時間が多く、

背中に「あせも」ができやすいので、

肌着を忘れずに着せてあげましょう。

 

 

室内編(新生児期の1~2ヶ月)

赤ちゃんと夏に室内で過ごす場合は、

短肌着コンビ肌着がおすすめです。

 

短肌着

参照元:http://www.akachan.jp/

 

赤ちゃんの背中に手を入れて、

汗をかいているようであれば、

赤ちゃんの短肌着を脱がせて、

服装で温度調節をしてあげてください。

 

 

外出編(新生児期の1~2ヶ月)

赤ちゃんと、

夏におでかけをする時の服装は、

短肌着の上に、

薄手のカバーオールを着せてあげましょう。

 

薄手のカバーオール

参照元:http://image.rakuten.co.jp/

 

また冷房がよく効いている場所だと

赤ちゃんの体が冷えてしまいます。

 

その為、おくるみタオルケットなども、

忘れずに持っていきましょう。

 

 

首すわり期(3~4カ月)の赤ちゃんの夏の服装

首が据てくると、

赤ちゃんの着替えが楽になってきます。

 

この頃になると手足を元気よく、

バタバタと動かすようになります。

 

首はすわっていますが、

まだしっかりとはしていません。

前開きのボディスーツの肌着が、

おすすめですよ。

 

前開きのボディスーツ

参照元:http://fsimg.harmonature.com/

 

室内編(首すわり期の3~4カ月)

室内での服装は、

ボディスーツ一枚で十分です。

 

ノースリーブの服装だと、

夏に赤ちゃんのわきの汗が、

十分に吸いとれないので、

袖のあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

袖のあるもの

参照元:http://fsimg.harmonature.com/

 

お昼寝の時には、

背中に汗取りパッドを入れてあげると、

あせも対策」になります。

 

 

外出編(首すわり期の3~4カ月)

夏におでかけをする時の服装は、

ボディスーツの上にショートオール

着せてあげましょう。
ショートオール

参照元:https://cdn.akasugu.fcart.jp/

 

その時、ボディシャツの素材は、

天竺がさらっとして、

気持ちいいのでおすすめです。

 

夏の冷房対策に、

薄手のカーディガンなどを忘れずに、

持ち歩いてくださいね。

 

Sponsored Link

 

寝返り期(5~6ヶ月)の赤ちゃんの夏の服装

この頃の赤ちゃんは寝返りをしたり、

おすわりができたりと、動きが活発です。

 

この頃には、

首がしっかりとすわっているので、

赤ちゃんの夏の服装は、

股の部分にボタンの付いている、

ロンパースがおすすめです。

 

ロンパース

参照元:http://image.rakuten.co.jp/

 

 

室内編(寝返り期の5~6ヶ月)

夏に赤ちゃんと室内で過ごすのであれば、

服装はロンパース一枚で十分です。

 

汗を吸収しやすい、

綿100%のものがおすすめです。

 

ロンパース

参照元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

赤ちゃんは動き回る分、

夏は特に汗をたくさんかくので、

汗をかいていれば、

こまめに着替えさせてあげましょう。

 

 

外出編(寝返り期の5~6ヶ月)

赤ちゃんと夏に外出する時の服装は、

ロンパースだけだと、

エアコンが効いた所に入ると、

少し肌寒く感じます。

 

ですので、

レッグウォーマーをしてみたり、

ショートパンツスパッツが、

おすすめですよ。

 

レッグウォーマー

参照元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

また、レッグウォーマーは、

赤ちゃんの冷え対策と同時に、

夏の日焼け対策にもなる優れものです。

 

赤ちゃんが寝てしまった時のために、

タオルケット等もあれば万全でしょう。

 

 

赤ちゃんの夏の服装でおすすめの肌着は?

赤ちゃんの服装のサイズ表

参照元:http://www.akachan.jp/

 

ここまで赤ちゃん(新生児~6ヶ月)の、

夏の室内・外出時の服装は、

いかがでしたでしょうか?

 

またその中でも特に、

「肌着」はとても重要なアイテムです。

 

続いては、

夏の服装で赤ちゃんに、

おすすめの肌着を紹介します。

 

是非参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

FIRST DRESSの夏の服装でおすすめの肌着(新生児~2か月)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【今ならポイント10倍!】FIRST DRESS ファーストドレス 長袖 襟、足…
価格:3132円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)

こちらの赤ちゃんの夏の服装で、

おすすめの肌着は、男女兼用の、

とても可愛いデザインです。

 

襟・足付の長袖ロンパースで、

足先を出せる事で、

体温調節がしやすくなりますね。

 

足を出したり、足をくるめたりと、

1年を通して使用する事が出来ます。

 

この肌着を着れる赤ちゃんは、

身長は48-56cm

体重は~5kg

までがおすすめです。

 

この時期は60サイズがちょうど良い、

赤ちゃんの夏の服装で、

おすすめの肌着です。

 

 

 

カーターズの夏の服装でおすすめの肌着(3~4カ月)

こちらの赤ちゃんの夏の服装で、

おすすめの肌着は、男女兼用の、

半袖ボディースーツ5枚組です。

 

ベビー用肌着総合部門第1位」を獲得し、

襟ぐり開き、股開きなので着替えや、

赤ちゃんのおむつの交換も楽々できます。

 

また衿にタグが付いていないタイプで、

首がチクチクせずに、

赤ちゃんが嫌がる事が無いのも、

おすすめ出来る理由です。

 

この肌着を着れる赤ちゃんは、

身長は58-65cm

体重は~7kg

までがおすすめです。

 

この時期は60~70サイズがちょうど良い、

赤ちゃんの夏の服装で、

おすすめの肌着です。

 

 

 

カーターズの夏の服装でおすすめの肌着(5~6カ月)

こちらの赤ちゃんの夏の服装で、

おすすめの肌着は、男女兼用の、

星柄半袖前開きロンパースです。

 

首元に付けているチュールが可愛く、

レッグウォーマーやボトムスを合わせると、

外出時にもおしゃれに着こなせますよ。

 

ベビー服も機能性だけじゃなく、

おしゃれに見せたい!そういったママに、

おすすめの商品ですね。

 

この肌着を着れる赤ちゃんは、

身長は65-68cm

体重は~8kg

までがおすすめです。

 

この時期は60~70サイズがちょうど良い、

赤ちゃんの夏の服装で、

おすすめの肌着です。

 

 

(関連記事)

 

 

赤ちゃんの夏の室内・外出時の服装や、

おすすめの肌着は参考に、

なりましたでしょうか?

 

夏の季節や新生児から6ヶ月頃は、

本当に難しく、とても気を遣いますよね。

 

私もそうでしたが、外出時には、

赤ちゃんの替えのおむつや肌着など、

最低3パターンは持っていく事を、

おすすめします。

 

荷物も大変多くなりますし、

パパやママに負担になってしまいますが、

いざという時に重宝できますよ。

 

マザーズバッグを使用したりと、

工夫しながら外出することをお勧めします。

 

今回は、新生児から6ヶ月頃の、

赤ちゃんの夏の室内や外出時の服装や、

おすすめの肌着を紹介しました。

Sponsored Link