赤ちゃん参照元:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/

 

赤ちゃんは産まれてからしばらくは、

寝て過ごしている事が大半です。

 

少しずつ行動範囲が広がってくると、

その場にじっととどまることが、

難しくなってきますよね。

 

そんな時に、赤ちゃんの、

お座りを補助してくれる、

バンボ」があるととても便利ですよ。

 

そこで今回は、

  • 赤ちゃんのバンボはいつから?
  • バンボが人気の理由
  • バンボのメリットやデメリット
  • バンボのアクセサリーは?
  • 人気のバンボ

紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんのバンボはいつからいつまで?

バンボ参照元:http://shogphoto.com/

 

赤ちゃんのお座りを補助してくれる

バンボは、具体的にいつからいつまで、

使用することが出来るのでしょうか?

 

赤ちゃんのバンボベビーソファーは、

対象年齢が、

首がすわる頃~14ヵ月

適応体重が~約10kg

と、公式サイトに明記されています。

 

ですので赤ちゃんの首がすわる、

3~4か月頃~1歳2ヶ月頃まで、

使用することが出来ます。

 

実際には赤ちゃんが成長して、

足が太くなり入りにくくなるケースが多く、

1歳すぎ頃まで使用している家庭が、

多いようですよ。

 

我が家では、

3か月のお食い初め式から離乳食中期に、

バンボが大活躍しました。

 

 

 

赤ちゃんのバンボは何故人気があるの?

バンボは何故人気参照元:http://cdn.mamano.me/

 

赤ちゃんのバンボを使用しているご家庭が、

とても多いと思いますが、

それでは、どうしてこんなにも、

バンボは人気があるのでしょうか?

 

 

バンボの人気の秘密1:安定感がある

バンボは何故人気参照元:https://baby.cpcdn.com/

 

バンボがママからの支持を集める

最大の人気の秘密は、「安定感」です。

 

柔らかくて赤ちゃんにも優しい素材で、

作られていてとても軽量です。

 

しかも揺らしても倒れない安定感が、

バンボの最大の人気の秘密です。

 

 

バンボの人気の秘密2:1人で待たせる事ができる

バンボは何故人気参照元:http://出産準備品.asia/

 

バンボがママからの支持を集める

最大の人気の秘密は、

1人で待たせる事ができる」事です。

  • ママがトイレに行きたい時
  • 夕飯の材料を切っている間
  • 洗濯物を干している間

上記の時にはバンボが大活躍します。

 

赤ちゃんを包み込み、

専用ベルトで固定することで、

赤ちゃんは安定してお座りができます。

 

ママの側でママのことを、

見守ることが出来ます。

 

そしてママからも、

赤ちゃんの様子が見えるので、

赤ちゃんを身の回りの危険なものから

見守ることが出来ますよ。

 

一時的に、

一人で待っていてほしい時に、

バンボがあると便利ですね。

 

 

バンボの人気の秘密3:離乳食を食べさせやすい

バンボの人気参照元:http://happy-ikuji.club/

 

バンボがママからの支持を集める

最大の人気の秘密は、

離乳食を食べさせやすい」事です。

 

一人座りが出来るようになるのは、

大体9か月頃と言われていますが、

離乳食を始めるのは、

大体5か月頃からですよね。

 

離乳食を食べさせる時に、

ママのお膝で食べていても、

ママからは食べさせづらく、

また赤ちゃんの顔を見づらい等、

デメリットがたくさんあります。

 

そんな時にバンボに座って、

赤ちゃんの正面から離乳食をあげることで、

赤ちゃんの顔を見ながら、

しっかり離乳食をあげることが出来ます。

 

離乳食のスプーンを口に入れて、

しっかりと閉じた状態でスプーンを、

抜くことにより、

赤ちゃんの口の筋肉の発達も、

促すことが出来ます

 

また、バンボには専用の机があるので、

離乳食の手づかみ期にも、

赤ちゃんが自分で手を伸ばして、

食べられる楽しさを味わいやすいのも、

人気の秘密です。

Sponsored Link

 

 

 

赤ちゃんのバンボの口コミから分かるメリット・デメリットは?

バンボの人気参照元:http://新生児おむつ.com/

 

多くのご家庭で、

使用されているバンボですが、

実際に使用しているママ達の

口コミを拝見して、

メリットとデメリットを紹介します!

 

 

バンボのメリット1:持ち運び・掃除がしやすい

参照元:http://妊活・出産・育児.xyz/

 

バンボのメリットの1つ目は、

持ち運びや掃除がしやすい」という事です。

 

バンボはウレタン素材で出来ているため、

とても軽く持ち運びがしやすい点が、

メリットの一つです。

 

実際に我が家でも外食の際に、

バンボ専用のバッグにバンボを入れて、

お座敷のあるお店で、

家族でご飯を食べていました。

 

また、離乳食後や遊んでいて、

バンボを汚してしまうことが、

多くあります。

 

しかしバンボは、

汚れを拭き取りやすい素材で、

丸洗いをしている方も多く、

いつでも清潔に保つことが出来るのも、

メリットの一つですね。

 

 

バンボのメリット2:一人遊びをしてくれるようになる

バンボ参照元:https://uds.gnst.jp/

 

バンボのメリットの2つ目は、

一人遊びをしてくれるようになる」事です。

 

今までママにべったりだった赤ちゃんも、

バンボに座りバンボの机等に、

おもちゃを置くことで、

自分でおもちゃを手に取り、

一人遊びをするようになります

 

  • 「ママは見てるよ」
  • 「上手に出来たね」

など、赤ちゃんに声かけをするだけでも、

赤ちゃんは「ママが見てくれている」と、

安心感が得られます。

 

この体験から少しずつ一人遊びを、

覚えてくれるようになる赤ちゃんは、

多いみたいですよ。

 

 

バンボのデメリット1:脱走する可能性がある

バンボ参照元:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

 

バンボのデメリットの1つ目は、

脱走する可能性がある」という事です。

 

赤ちゃんを座らせることが出来ますが、

中にはバンボを嫌う赤ちゃんもいます。

 

安全性が高く揺らしても倒れにくい。

という点もありますが、

赤ちゃんが自力で脱走することも、

実際には可能です。

 

ちょっと目を離したすきに、

赤ちゃんが脱走しようとして

暴れて倒れてしまう。

というケースもあるので、

バンボを過信しすぎるのはダメですね。

 

 

バンボのデメリット2:足が入らない場合がある

バンボ参照元:https://cdn.mamanoko.jp/

 

バンボのデメリットの2つ目は、

足が入らない場合がある」という事です。

 

バンボは安定している性質上、

他製品よりも太もも部分が太目に、

作られています。

 

そのため発育良好な、

むちっとした赤ちゃんの場合、

足が入らない。なんてことも起こります。

 

 

バンボのデメリット3:赤ちゃんに負担がかかる場合もある

バンボ参照元:https://farm4.staticflickr.com/

 

バンボのデメリットの3つ目は、

赤ちゃんに負担がかかる場合もある

という事です。

 

バンボの使い方としては、

やはり「ちょっとの期間だけ

ということがポイントになります。

 

赤ちゃんの体が、

十分に出来上がっていないので、

赤ちゃんはずっと同じ体勢でいると、

体のどこかかしらに、

負担がかかってしまいます

 

賛否両論ですが、

一人座りが出来ていない子は、

腰が据わっていない為、

バンボに座らせるのは可哀想だ。

腰に負担がかかりすぎている。

との考えもあります。

 

Sponsored Link

 

 

赤ちゃんのバンボのアクセサリーは?

バンボのアクセサリー参照元:http://image.rakuten.co.jp/

 

赤ちゃんのバンボには、

付属品となるアクセサリーが、

多数ありますのでご紹介します。

 

 

赤ちゃんのバンボのアクセサリー1:プレートレイ

バンボのアクセサリー参照元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/

 

赤ちゃんのバンボのアクセサリーに、

プレートレイ」があります。

 

これはバンボ専用の机ですね。

 

取り付け方もとても簡単で、

バンボの足と足の間のストッパーに、

トレイをかぶせてバンボの底面に

かぶせるだけで装着完了です。

 

このプレートレイがあることで、

  • おもちゃを置いたり
  • 絵本を置いたり

赤ちゃんの遊びをサポートし、

離乳食時にも大活躍します。

 

 

赤ちゃんのバンボのアクセサリー2:バンボ専用カバー

バンボのアクセサリー参照元:https://uptoyou-pro.s3.amazonaws.com/

 

赤ちゃんのバンボのアクセサリーには、

バンボ専用カバー」があります。

 

バンボはウレタン素材で出来ています。

 

その為、冬場の寒い時期だと、

赤ちゃんが座った瞬間に、

冷たいと感じることもあります。

 

そんな時にバンボ専用のカバーがあれば、

冷たさがなくなり赤ちゃんも快適に、

座ることが出来ます。

 

カバーの上から

プレートレイが装着できるのも、

嬉しい点です。

 

 

 

人気の赤ちゃんのバンボは?

赤ちゃんのバンボの人気は参照元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/

 

それでは、赤ちゃんのバンボで、

人気のあるものを3つご紹介します!

 

 

人気の赤ちゃんのバンボ1:バンボ Bumbo日本正規品

人気の赤ちゃんのバンボは、

バンボ Bumbo 日本正規品 」です。

 

赤ちゃんがバンボに座ってから、

ベルトがいるか要らないかを、

ママやパパが判断したタイミングで、

後からベルトを付けることが出来ます

 

またこちらは、

日本語のパッケージなので、

使用方法の説明書などがとても、

分かりやすいです。

 

 

人気の赤ちゃんのバンボ2:「バンボ ベビーソファ 正規品」

人気の赤ちゃんのバンボは、

バンボ ベビーソファ 正規品」です。

 

このバンボはこちらのお店の、

限定カラーがあり、

カラーバリエーションが豊富なことが、

人気の一つです。

 

バンボを持ち運べる専用の袋が、

ついていることも嬉しい点です。

 

人気の赤ちゃんのバンボ3:「 ベビーソファ トレイ ベルト付き」

人気の赤ちゃんのバンボは、

バンボ トレイ&ベルト付き」です。

 

こちらのバンボは、

別売りのトレイが付いていて

さらに後付けのベルトも、

最初からついた状態です。

 

ベルトを外すことは不可ですが、

しっかりと赤ちゃんを、

座らせることができるため、

赤ちゃんの姿勢を

真っ直ぐにすることが出来ます

 

 

 

こちらの記事を読んで頂いた方へ

こちらの記事を読まれた方は、

下記の関連記事も参考にされています。

 

(ベビーグッズの関連記事)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

バンボについて少し、

知っていただけたかと思います。

 

我が家ではとても重宝しましたが、

メリットやデメリットを見て、

ママとパパでよく相談してみて下さいね。

 

今回は、

  • 赤ちゃんのバンボはいつから?
  • バンボが人気の理由
  • バンボのメリットやデメリット
  • バンボのアクセサリーは?
  • 人気のバンボ

を紹介しました。

Sponsored Link